腕時計上級者を目指す、ビギナーと中級者のブログ

月: 2021年3月

腕時計はデイト派、ノンデイト派、?それぞれの長所と短所を考察する

こんにちは、Goroです。あるYouTubeで、「腕時計はノンデイトが良い」という意見の動画を見ました。さて腕時計ビギナーの皆さんもデイトとノンデイトで悩んでいる人も居るかも知れません。今日は「デイト、ノンデイト」どちらが良いかを考察します。

デイト機能、カレンダー機能はどんなものがあるか

具体的に時計のデイト、カレンダー機構にはどんな物があるのでしょう。まずデイト、カレンダー機能では「窓表示」と、針で示す「指針式」に分かれます。

https://www.patek.com/ja/コレクション/ノーチラス/5712-1A-001

歴史的には「指針式」のデイト機能が古く、「窓表示」は1945年に有名なロレックスの「デイト・ジャスト」(夜中の12時にカレンダーが瞬時に切り替わる機構)以降スタンダードになります。

デイトジャスト以前はカレンダー機能を腕時計に登載すること自体人々に関心は少なく、一部の高級機種で指針式として、わずかに採用されていたそうです。

https://www.tokemar.com/top/rolex/mens/datejust/rolex-28-279174g-10553662-clone/

ところがこのデイトジャストの大ヒットにより、3時の位置に小窓を設けてデイト表示をさせる時計が増えていきます。

つまりこのデイトジャスト以降、デイトの便利さに人々が気付き、それ以降このデイト機能が腕時計に多く登載されるようになった訳です。

ただ、そのことで指針式のカレンダー機能が無くなった訳ではありません。現在でも複雑時計(コンプリケーション)と呼ばれる、西暦、月、日、曜日と表示数が多いパーペチュアルカレンダー(永久カレンダー)モデルにはこの指針式が採用されています。また小窓と指針ふたつを併用するモデルも存在します。

ノンデイトは目的がハッキリしている時計

https://www.tokemar.com/top/rolex/explorer/214270-ex1/214270-a-10717902-clone/

さて、最近僕のSNSアカウント周辺ではデイト不要派が多数派です。これは時計を多く所有する人(愛好家)ほど、デイト機能は不要と考えています。この理由はさまざま。まず僕のSNSアカウントでは時計愛好家や10本以上の時計保有者が多く、それゆえデイト調整が面倒ということも理由だと考えられます。

更にその理由を探究すべく、僕が愛読しているZenmaiさんの記事中に「なるほど」と思う意見を発見しました。それによれば、「デイト表示が無い時計は目的がしっかりしている時計」と結論づけていました。

つまり「潜ること」、「計測する事」という用途がハッキリした時計こそデイト機能は不要であると分析していました。

Zenmaiさんの意見以外では「時計に美観を求める人」もデイトの小窓が文字盤の美しさを崩すと主張しています。確かにドレスウォッチと呼ばれる時計は、デイト機能、極端なものでは秒針すら無いものもあります。

ただドレスウォッチは歴史を振り返ると、貴族など時間に縛られない人たちがつけていて、平民のようなタイムスケジュールが存在しない特別な人たちでした。ちょっと今の時代でありえない事ですね。王族や皇族だって現代社会ではスケジュールがありますから。これはちょっと参考にはなりませんね。

デイト付き腕時計は実用的!

それに対してデイト付腕時計は実用性を追及した腕時計、といえるでしょう。例えば僕が愛用しているTissotも基本全ての時計にデイトが付いています。同じスウォッチグループのLonginesもTissotと同価格帯か少し上の値段設定で、ほぼ全てのモデルにデイト機能が付いています。

かつてスウォッチグループは優れた耐磁性能を持つ「マスタークロノメーター」を開発する際、現場サイドへ磁力遮断のケージ(ムーブメントを覆うケース)を入れないリクエストをオメガ副社長のジャン=クロード・モナションが要請したエピソードがあります。これはケージを入れる事でデイトが見えなくなるからです。リンク記事

それだけこの耐磁機能実用性を求めた機能であり、デイトが見えなくなっては実用性が損なわれ、折角の機能も半減する可能性があります。ここにスウォッチグループの時計哲学垣間見えるストーリーだと僕は感じました。その実用性追及の哲学はグループ内のブランド(ティソやロンジンな)にも共有されています。

ともすると、雲上ブランドでは時計への実用性より、ラグジュアリーさを顧客は求め、デイト付時計は少ないと感じるかも知れません。しかし、パテック・フィリップのノーチラスやオーデマ・ピゲのロイヤルオークはしっかりデイトの小窓が存在します。

https://www.patek.com/ja/コレクション/ノーチラス/5711-1A-010

これらブランドのラグスポモデルにデイト表示があっても、それが時計のデザインを損ねているという意見は、これまで聞いたことがありません。

名門ブランドのデザインチームはデイト小窓だって計算に入れて、巧に時計全体に馴染まさせるはずです。名門ブランドもこうやってデイトを採用する意義はデイトやカレンダー機能は時計にとって決して不要な物では無く、むしろ必要不可欠な機能であることを彼らは示している。そんな気が僕はします。

ライフスタイルや好みが反映される

デイト付が良いか、ノンデイトが良いか、白黒はっきりさせることは本当に難しい議論です。

デイトかノンデイトどちらを選ぶかは個人の嗜好によって選ぶのが正しい選択だと、僕は考えます。

僕がデイト付時計を購入しているのは単純に時計にカレンダーがあった方が便利、と考えているからです。僕のライフスタイルを考える上で日付のチェックはスマホでは無く時計。長い事そんな習慣がついています・。

また、デイトだけでは無くデイ(曜日)表示もある時計があれば嬉しいとも考えていました。そこで、前の記事で紹介した、T-ONEを購入したのです。購入すると、これまでの時計には無い便利さを感じました。

僕の時計哲学、「実生活を考えて時計は買うべき」はこれらの体験からきています。

まとめ

時計のデイト、ノンデイト、結局のところは個々人の嗜好や「フェチ」の世界と言わざるを得ません。あまり難しく考えないで、この時計を買ったら「どんな日常を送れるか?」をイメージしながら買うのが僕は良いと思います。ただどんなに周囲の人が「ノンデイトが良い」と言っても僕は絶対にデイト付時計を買うと思います。理由?「ただ好きだから」、それだけです。

腕時計を所有する意味を考える、所有欲とどう向き合うか!

こんにちはGoroです。腕時計好きにとって、時計を所有するのは、純粋に趣味であることが大きな理由です。しかしそれ以外の目的で腕時計を所有する人もいるはず。今日は実業家の堀江貴文さんが東洋経済オンラインの記事に書いていた、「所有と獲得の違い」にフォーカスして、腕時計の所有とどう向き合うか考えていきます。

獲得と所有は違う

https://www.instagram.com/p/CL_Qq7ord0h/?utm_source=ig_web_copy_link

実業家の堀江貴文さんは自身のYouTubeチャンネルでもこれまで「所有欲が無い」ことを繰り返し発言していました。僕も堀江さんのYouTubeにチャンネル登録していることもあって東洋経済オンラインでの記事は当初新鮮さを感じさせないものでした。

しかし記事中の「所有と獲得は違う」という一節は、時計と大いに関連するのではと感じたのです。

堀江さんが所有欲を持たない理由はこれまで、動画でも「欲しいものが無いから」と言っていました。記事では「失うリスクを恐れて、そのモノを手放さなくなる」、その結果「所有欲に縛られる働き方をするから」とより詳しく理由が書かれていました。

腕時計に置き換えると獲得と所有が同じタイミングで訪れ、その瞬間にリスクも発生します。

そして、この所有するリスクには「失うリスク」の他にさまざまな「費用リスク」が発生します。腕時計ではオーバーホールに伴う費用リスクが存在します。

それと所有することで発生するいちばん大きなリスクは堀江さんが言う通り「失うリスク」です。盗難や自ら手放すことでも失うリスクは発生します。同様に僕もかつて獲得したロレックスを数年後に手放す「失うリスク」を経験しました。

その後しばらくは時計を持つ気力も湧かず、荒れた日々を送りました。

堀江さんもライブドア事件で多くの物を失ったことは周知の事実です。しかし失うことで自由を得ることもあり、本当に大切なモノ欲しいモノがわかるとしています。

本当に必要なものは?

僕が雌伏の期間を経験して、分かったことは本当に必要なモノは「ロレックス」では無く「時計そのもの」でした。何より時計があることで自分らしさを失わなく穏やかな気持ちでいられる。そして失わないための努力も必要だとわかりました。失う事を経験した事で時計に対しての向き合い方も大きく変わりました。

当時の僕は理解できていませんでしたが、その頃僕はロレックスを所有することが大事だったのでしょう。「僕にはロレックスがある!」どこか、誤った想いで時計を所有していたと思います。

その裏付けとして時計を失った直後は「なぜオレがこの時計を失わないといけないんだ」と感じていました。本当に必要な時計そのものを見ていなかったかもしれません。

しかしロレックスを失った事で、もう一つ得たものもありました。新たなブランドを知り、受け入れることができるようになりました。初めてティソを店舗で手にした質感と値段のギャップは衝撃的でした。

それと同時に自分の無知さに気付き、時計の知識を高めなければいけないとそれ以降意識していきました。

時計を値段とブランド名で判断しない

ロレックスを失う事を運命として受け入れることができ、それと同時に僕は自分に本当に必要な時計選びをできるようになりました。

具体的に例をあげますと、今一番使っているT-ONEというこの時計は日付と曜日が入った時計を欲しいと思っていた矢先偶然に見つかり、即買いしました。時計は時間表示プラス日付と曜日機能が欲しい、そう思いティソのアウトレットに行ったところ42,000円ほどで販売していました。

それ以降ブランドと値段だけに囚われず時計を探すようになりました。そのため各ブランドのHPはいつも必読。僕のiPhoneのブックマークは時計ブランドだらけです。

雲上ブランドも質感に満足すれば購入したい

さて、ブランドで判断しないというとすぐに低価格ブランドばかり追い求めている印象を抱きませんか?必ずしもそうではありません。時計の質感を確かめて、結果値段も満足できれば良いというスタンスで時計を探しています。

だから質感が僕の感覚とマッチすれば当然高額な時計も購入の対象となってきます。それが前々回紹介したヴァシュロン・コンスタンタンとそのオーヴァーシーズです。

僕が初めて、(日本で)時計三大ブランド、パテック・フィリップ、オーデマ・ピゲ、ヴァシュロン・コンスタンタンは自分には縁が無いと思っていました。でもそれは単なる「食わず嫌い」、もしくは先入観です。

本当偶然にフラッと寄ってその良さに感激しました。その後数日経過してもあの感触が頭から離れず、冷静に考えれば車だって300万円の車を購入しますよね?

そう考えたら車を所有していない僕は購入しても良い、と思うようになりました。

時計の所有欲との向き合い方

時計を所有することは堀江さんが言う通り、所有した時からさまざまなリスクが発生します。ローンで購入した場合は月々の支払い、オーバーホールといったメンテナンス費用は認識しておかなければいけません。

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/2988232/

しかし僕は時計の所有欲とどのように向き合うがポイントだと考えます。腕時計ビギナーの皆さんに進言するとすれば「腕時計を他人に自慢する」ためだけで所有することだけは避けた方が良いでしょう。

もし所有するなら、「愛せる時計を持つ」事が重要だと僕は考えます。愛せる時計を見つけることは困難なミッションです。僕もその答えを日々探しています。それが最近見つけた、「自分がその時必要な時計」を持つことです。

この「必要な時計」が正解かどうかの確信は持ってはいません。でも方向性は間違ってないと思います。結論がわかる時、僕はどんな時計を持っているのか今から楽しみです。

まとめ

時計の所有欲との向き合い方は腕時計ビギナーにとって難しいものです。でも肩肘張らず自然体で時計に向き合うことがいちばん重要だと僕は考えます。もちろん間違ったって良いんです!試行錯誤、トライアンドエラーするのがいちばん。僕の記事を参考にして自分なりの時計ライフを見つけてください。

腕時計の「質感」は重要、押さえておきたい3つのポイントは?

前回の記事で腕時計は質感が大事と書きました。しかし質感とは何を基準に良し悪しを判断すべきか、腕時計ビギナーの人は特に見当が付かないかもしれません。質感の判断は経験による物が多く、主観的な色が強いです。そこで今回、最低限のポイントに着目し、質感を正しく見極めるポイントを3つほど紹介します。

基準となる時計を決める、ロレックスがおすすめ

初めての時計で質感の良し悪しを測る時、一番難しいところは基準をどこに置くかです。しかし基準が決まるとそれ以降の判断は驚くほど簡単になります。

「基準にする時計」選びのポイントは何でも良いと思いますが、価格が一定以上の腕時計、名の知れたブランドを選択することです。そうなるとやはりロレックスが最適な気がします。

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/47856/

ロレックスは質の高い良質な時計ブランドです。ブレスレット(金属ストラップ)の時計が多いところも「質感の基準」を測るのに最適です。また生産本数も多く、周りに所有している人が多く居ることで必然的に触れる機会も多くなります。

もちろんロレックス以外でも問題ありません。触れる機会があるブランドの時計を積極的に触るようにして自分の中の質感基準を養ってください。では以下で3つのポイントを具体的に示します。

①見た目の質感も重要

質感は何も「触感」だけとは限りません。見た目の質感も僕は重要だと思います。そのためブティックや販売店では時計を手首につけて、鏡に写し客観的に見るのもおすすめです。

さらに目線を変えて時計をさまざまな角度から見ると、時計は思いもしない表情を見せてくれることがあります。僕は文字盤の6時の方向から覗き込むようにして、インデックスの立体感や時針と分針、秒針の隙間を眺めます。良い時計ほど、ここからの眺めが美しく僕は好きです。

➁ブレスレット、ケース周り、重量感は必須

手首につけてそれだけで終わりではもったいない。できれば、そのまま店員さんの許可を得取り、可能な限り触れるようにしてください。触る箇所はブレスレット時計ケース周り、そして手のひらにも時計を載せてみてください。

ここでもし、手首の上で重く感じなかった時計がずっしりと感じた時、その時計は良質な時計だと、僕は思います。

③先入観を持たない!情報は最小限に

質感を確かめる時、重要な事は対象となる腕時計に先入観を持たない事を心がけることです。対象となる時計の情報はスペック程度に留めておいてください。そこへ値段の情報が入ると、判断基準が揺らぎます。

どうしても高い時計=良い時計、低価格の時計=質が低いと思い込むからです。時計の良し悪しを価格だけで判断するのでは無く、質感で時計の良さを見極めて欲しいです。

もちろんある程度、場数を踏めば価格情報が入っても判断はつきますが、最初の頃はできるだけ質感を確かめたあとにプライスタグを見るように心がけて下さい。

なぜ質感が腕時計では重要か?

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/3832033/

では質感がなぜ腕時計では重要なのでしょう。僕は腕時計が肌に直接触れる物だからと、認識しています。腕時計は手首で輝いてこそ、価値を実感できます。

付け心地が良く、見た目も良いことが腕時計を長く愛せる秘訣だと僕は考えています。

そして、質感がもたらすサプライスも僕はいつも楽しみにしています。前述で質感を確かめる前にプライスタグを見ないと書きましたが、質感を確かめた後に値段を知りびっくりしたことも多いです。

例えば僕のブログ内に画像として載せている「ティソ」の腕時計が該当します。初めてティソの店舗で手にした時の質感と価格のギャップは今でも忘れません。あれから僕の中の時計ブランドのヒエラルキーが崩れ、それ以降より多くの時計を見たり、聞いたり、触ったりすることが重要だと痛感しました。

時計の質感を楽しもう

質感を見る時のマナーとして、ブティックでは許可を頂き、できるだけトレー上で時計を手首に載せてください。また試着は決して時計の質感の良し悪しだけを見極めるためにするのでは無く、純粋に時計を楽しむ気持ちを忘れずに付けると、楽しみが増します。

質感の良い時計は値段だけでは測れません。自分の五感だけが頼りです。

ぜひ時計の質感を楽しみ良い時計を見つけてください。

腕時計ブランドのブティックとは?そこで得られる3つのメリットは?

これまでの僕の記事で、お目当てのモデルが固まってきましたか?もし時計購入の方向性が決まってきた人は実際にリテイラー(販売店)、その中の「ブティック」と呼ばれる販売店へ出かけてください。ブティックでは、そこだけで得られる、3つのメリットがあります。今日はブティックへ行くメリットを詳しく紹介します。

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/e-2249530/

腕時計ブランドのブティックとは?

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/135620/

ブティックフランス語で小規模な専門店を意味します。腕時計ブランドではブティックはあるブランドに特化した販売店を呼びます。各時計ブランドはブティックを筆頭とした店舗網へ腕時計を卸し、販売しています。そのため、ブティックは「専門性の高いスタッフが在籍」、「品揃えが豊富な」ブランドの旗艦店(フラッグシップ・ストア)の位置付けとして、運営されています。

腕時計の販売店は大きく「ブランド名を全面に出している」販売店と、「出していない販売店」の2つに分かれています。その中でブティックと名付けられた販売店は前者に属するのが、一般的です。

ただ、「ブランド名を出していない」販売店の中にも品揃えもブティックとほぼ同じ位良く、専門性が高いスタッフも在籍する、名門販売店もあります。

よく使われる名称としてAuthorized retailer(オーソライズド リテイラー)としてブランドが認定、こちらもブティック「同格の販売店」として営業展開しています。代表的な老舗名門店として、アジアにおける「ザ・アワーグラス」、スイスの「ブヘラ」が有名ですね。

ランク付けの詳細はブランドによって少し異なるため、各社公式HPを参照してください。

このように腕時計ブランドはブティックと「それと同格の販売店」を頂点とした販売網を通じ、時計を流通し消費者へ届けています。

ブティックで得られる3つのメリットは?

まず、ブティックで得られるメリットは時計の「①実機を見られる」確率が極めて高いことです。これによって公式画像と実機の違いを知ることができます。

https://www.vacheron-constantin.com/jp/ウォッチ-パトリモニー/オーウ-ァーシース-/オーウ-ァーシース-4500v-110a-b128.html

パンフレットやメディア向けの画像は公式画像は通常、各社新製品リリース時にアップされます。これらをメーカーは公式HP、メディアはイメージ画像として使用するのが一般的です。

しかしこれら画像はやはり実機とは違うことが多いと言われます。実際僕もブティックで同様の体験をしています。(上の写真はヴァシュロンコンスタンタン社がHPに使用している公式画像)

これはぜひ、ブティックで「違い」を確かめてほしいですね。

次に得られるメリットは「➁質感」です。これはさすがにテクノロジーが発達した現代でもネットから得ることは困難を極めます。そして僕は質感が時計の良し悪しを我々素人が唯一チェックできる手段だと、考えています。著名な時計編集者も皆口を揃えて質感の重要性を説きます。

なぜならムーブメントの良し悪しは時計職人で無い限り簡単に判断はつきません。僕らがわかることはせいぜい公式発表の数値や裏スケ(トランスパレント・バック)からテンプ、ローターを見るくらいでしょう。

質感は誰も持つ五感で、個人間で大きな差はありません。自身の感性を信じればいいのです。難しくはありません。

そして最後は「③情報」です。これは時計業界(メーカーからの生)の情報や人気モデルの最新トレンドを知ることができます。ネット社会の現代でもネットに無い「現場での情報」は販売の最前線に身を置くブティックの店員さんから聞くのがいちばんです。

実録ブティック体験記、メリットの具体例

さて2021年2月に僕はたまたま「あるブランドのブティック」に行く機会がありました。その体験記と3つのメリットを具体的に当てはめてみますので参考にしてください。

2月某日、僕は大阪梅田の阪急デパート6階にある、ヴァシュロンコンスタンタンブティックへ行きました。これは突発的に思いついたもので、来店予約ナシの訪問でした。

実は数か月前から同社の人気モデル「オーヴァーシーズ」が気になっていたのです。これまで実機は見たことが無く、スマホで店舗検索してみたところ、阪急の6Fにあると知りそのまま直行しました。

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/285172/

11時過ぎに入店、6階に到着して「V」の文字が見えるところへ行きます。店内は幸運にも誰も居なくショーケースを見にいきました。そこへ店員さんが声をかけてくれました。

ブティック店員さんとの会話は?

店員さん「何かお探しのモデルはありますか?」

僕「はい、オーヴァーシーズの実機を一度見てみたいと思って来ました。今無いですよね?」

僕はブティック(販売店でも)で必ず心がけていることは来店目的を相手に伝えること。お目当てのモデルも伝えるようにしています。オーヴァーシーズはネット上でも品薄が囁かれている人気モデルです。

店員さん「はい、実機であるのがこちらの37㎜ベゼルにダイヤを置いたモデルと18金のになります。ブルー(4500v)は現在予約も一時停止しております。」

https://www.vacheron-constantin.com/jp/ウォッチ-パトリモニー/オーウ-ァーシース-/オーウ-ァーシース-オートマティック-2305v-100a-b170.html

僕「(指さしながら)これですか?噂どおり深みのあるブルーですね。」

店員さん「はい。41㎜(4500v)のブルーはもう少し明るい青になります。」

この後僕は店員さんの勧めで少し奥のカウンター席へ案内され、商談モードに入ります。このパターンになれば100%試着モードです。予想外の展開で少しワクワクしていました

貴重な情報をいただき、豪華なパンフレットもいただく

来店のいちばんの目的は「①実機を見る事」でした。しかし予期せぬ(嬉しい)展開で試着になったため「②質感」まで確かめられました。

カウンターに座り、トレイ上に実機、「写真も良かったらどうぞ」と言われ、僕は完全に有頂天、37㎜モデルのブレスレット質感にやられました。程よく締まったホールド感と手触りは名門ブランドに相応しい質感でした。

試着しながら、会話もはずみ、オーヴァーシーズの最新「③情報」、具体的にはオーヴァーシーズの生産本数、ヴァシュロンコンスタンタン全体の生産本数も聞けました。その情報をここへアップしたいところですが、店員さんから「ネット上にアップするのはご遠慮いただきたいです」言われたため、ここには掲載しません。

ただ僕が想像していた数字よりかなり低く、オーヴァーシーズが入手しにくい理由も理解できました。帰宅後WEB検索しましたが、やはり精度の高い情報(生産本数)は載っていません。ブティックではこのような貴重な情報をいただく事が多々あります。

さらにもう一つのサプライズは「豪華なパンフレット」を頂いた事です。パンフレットの進呈は各ブランドで日常的に行われているものですが、豪華で、驚きました。

まとめ

今回ヴァシュロン・コンスタンタンのブティック訪問で、これまで経験の無かった「オーヴァーシーズ」実機の外観①と質感②、更に最新の情報③と3つの貴重なメリットを得られて、ご満悦で僕は帰宅しました。

ただ、地方在住の人で、なかなか希望するブランドのブティックが無い場合は通常の正規店や地域に根ざした販売店でも同じ体験ができると思います。諦めないで、販売店を検索してください。

しかし大都市にうんよく住んでいる人はぜひ、ブティックへ足を延ばしてください。ブティックは①〜③のメリットやブティック限定モデルを置いているブランドも数多くあります。

実機の外観は最近SNS上で多く、特にInstagramの中で素晴らしい写真を投稿しているアカウントがたくさんあります。そこでも情報を集めることはできるので、こまめにハッシュタグを検索してみると良いでしょう。

今回の記事内のInstagram画像もアカウント者へコメントして、許可を頂きました。イングランド北部の@northumbrianwatchesさま、シンガポールの@watches.in.singapoleさま、素晴らしい画像をこの記事に使わせていただき、ありがとうございます。

Overseas の深い青はなかなか公式画像だけでは、無理があります。太陽光の向きや光の微妙な反射具合でないとヴァシュロン・ブルーはわかりません。

Thank you for letting me use your stunning 4500v pics.

最後にもしブティックに行くなら、できるだけ時間に余裕のある日に行くのがおすすめです。普段着でリラックスし、ブティックを訪れてください。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén