腕時計上級者を目指す、ビギナーと中級者のブログ

タグ: クロノス日本版

ダイバーズから始める方が、ラグスポを10倍楽しめる!

腕時計に興味を持ち始めた人が、「ラグスポ」にも興味を持つことは現代社会では自然な流れです。しかし、ビギナーがいきなりラグスポを目指すより、まずダイバーズウォッチから始めた方が、今後の腕時計ライフを10倍楽しめると思います。その理由をGoroが解説します。

ラグスポとは?

https://www.patek.com/en/collection/nautilus

ラグスポは正確には「ラグジュアリー・スポーツ」の略で、ラグジュアリー装いを持つ、スポーティーな(スポーツウォッチでは決して無い)腕時計です。

ラグスポの起源は共に1970年代に名門老舗ブランド、オーデマ・ピゲとパテック・フィリップからそれぞれ発表された「ロイヤルオーク」と「ノーチラス」からと言われます。このアイコニックなマスターピースは偶然にも鬼才、ジェラルド・ジェンタのデザインでした。

明確な定義や工業規格はありませんが、「ステンレス製もしくはチタン製」のケースとブレスレットを持ち、ラグとケースが一体化していればより良く、外観がスポーティーであることが「ラグスポの基準」と言えます。

老舗名門2社から1970年代に発表された「ラグスポ」は当初「異端児扱い」されてきました。本格的に各社がラグスポへ参戦し始めたのは、21世紀に入ってからです。人気が加速度したのはジュエリー(一部兼業)ブランドのショパールブルガリ、そしてシャネルが参入してからになります。その後、専業ブランドと合わせ、ラグスポの群雄割拠時代へ突入します。

ラグスポより実用性が高いダイバースウォッチ!

https://www.rolex.com/ja/watches/submariner.html

生産される数以上に需要(人気)が高く、年を追うごとに腕時計ビギナーがラグスポを購入するハードルは上がっている印象があります。そのため僕はダイバーズウォッチこそ、ビギナーにとって現在「最も狙い目の時計」と考えます。

理由はダイバーズウォッチはラグスポより耐久性が高く、より実用的です。潜水作業を前提に設計しているため、傷がつきにくい素材を多く使用しています。例を挙げると海底で時計を多少擦っても耐えられる「セラミックベゼル」の使用はもはや業界標準です。

生産される数以上に需要(人気)が高く、年を追うごとに腕時計ビギナーがラグスポを購入するハードルは上がっている印象があります。そのため僕はダイバーズウォッチこそ、ビギナーにとって現在「最も狙い目の時計」と考えます。

操作への配慮も基本設計に加味しており、例えばウェットスーツの上からでも無理なく装着できる「エクステンション」やブレスレットの「セーフティ・ロック機能」がほとんどのモデルで標準化されています。

それと何と言っても水を気にしないで、普段使いできる事がダイバーズウォッチの最大の魅力です。日常で水を使わないシーンはまずあり得ません。時計を外さないで水を使える事は見た目にもスマートかつストレスフリーです。

服装もカジュアルからフォーマル迄、幅広く対応できミッドタウンでもダイバースウォッチリュックスーツ姿で通勤することへの抵抗感は間違いなく減っています。

ラグスポが人気となった背景は?

とは言え、1970年代は異端児扱いされていたラグスポが、なぜこれほどまで世界の時計界で一大トレンドとなったのか?気になるところです。ネット上での意見は様々ですが、専門誌「WEBクロノス」の記事が詳しく解説してくれています。

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/45055/

僕の考えでは服装の「ノーネクタイ化」が大きな理由です。もともと海外ではスーツを日常的に着用するのは「金融マン」に限定されていました。それ以外の職種で、ネクタイを締めるのは取締役幹部社員と言われる人達でした。

しかし、数少ないスーツ族も近年は「ノーネクタイ化」がかつてより進行しています。スーツ族が多い日本でも「クールビズ」がスタンダード化しています。

つまり世界中の多くの人達は冠婚葬祭を除き、スーツを日常的に着用しません。そのためカチッとしたドレスウォッチより、ラグスポのように適度なスポーティーさを持った時計の方が使い勝手が良いのです。特に高温多湿なアジア圏ではスポーティーウォッチの方が明らかに使い勝手が増します。

さらに高級時計の巨大市場である中国人の嗜好とマッチしたと前述の「WEBクロノス」は書いています。市場も熟成して彼らはスポーツウォッチに目を向け始めた。高温多湿な気候と適度な高級感のあるラグスポはうってつけの時計だったのです。

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/1842332/

個人的にラグスポ人気が高いと感じる国・地域はシンガポールドバイだと思います。これらの国々も年中高温です。その国々の愛好家たちは元々時計偏差値(遍歴)が高く、彼らは色々な時計を試した後にラグスポへ辿り着いたのでしょう。

洗練されたデザインゆえに難しいコーディネート

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/6765061/

次にダイバーズウォッチから始める理由として、ラグスポは決して手軽に使えるデザインではありません。

これだけ多くの(特にジュエリー)ブランドが参入すれば、ラグスポのデザインはより一層洗練されたモデルがこれからも増えてくるでしょう。ただ、その優れたデザインは腕時計ビギナーにとっては逆に障害になると思います。

最近殆どのブランドのラグスポは多角形のケース形状や装飾に拘り、カジュアルウェアとは相性は良くありません。ブランドによっては服(場合によっては人も)を限定する腕時計ゆえ、コーディネートが難しいのです。

またプレステージを好む国(中国、華僑が強いSIG、UAE)では歓迎されても、茶道の「わびさび」文化が未だに残り「華美な物を嫌う日本」ではダイバーズに留めた方が無難?というのが僕の考えです。

ダイバーズは今こそチャンス!国際規格があり安心

幸いなことにラグスポ人気で、ダイバーズウォッチはロレックスを除けば「熱が冷めた」状態が続いています。そのロレックスでも一時期よりは明らかに人気はクールダウンしたと言えるでしょう。

ダイバーズウォッチは国際工業規格で定義がハッキリしている点で好感を持てます。これは裏を返せばメーカーによる当たりはずれが少ない時計なのです。下の表を参考にしてください。

耐磁の 種類JIS保証水準          内容
非耐磁 時計1,600A/m1990年までの輸出検査で行われていた基準値。耐磁時計以外でも基本的に満たされるレベル。
第1種 耐磁時計4,800A/m磁気に5㎝まで近づけてもほとんどの場合性能を維持できるレベル。
第2種 耐磁時計16,000A/m磁気に1㎝まで近づけてもほとんどの場合性能を維持できるレベル。

日本時計協会、防水時計の欄より

そして防水機能以外では高い耐磁機能も兼ね備えています。これは潜水作業で、使う時計は耐磁機能も必要ということで定義されているのです。そのため、ダイバースを付けたままパソコン使っても精度には影響はでません。

ダイバーズウォッチの選び方は?

ダイバーズウォッチは前述したように基本スペックは国際規格があり、どのブランドを購入しても機能面での心配は要りません。ただラグスポと比較するとケースに厚みが増します。

過去記事を参考にしてください。

そのため選ぶポイントはケースの厚みを注目してください。僕はケースの厚みが時計の着け心地を大きく左右すると考えます。個人差はありますが、僕は130㎜を超えない時計をいつも選んでいます。かつてあるブランドの600m防水のダイバーズウォッチを試着した時、160㎜の厚みにはかなりの違和感を感じました

他にはブレスレットとのバランスも、選ぶ時にはチェックした方が良いですね。重量が重い腕時計もバランスが良いと重く感じません。良質な時計ブランドはこのあたりにも注意を払って時計を仕上げています。

できればこれは店頭で試着して、確かめたいですね。

まとめ

入手するハードルの高いラグスポは、もちろん良い腕時計ですが、むしろ時計遍歴を重ねてから手に入れた方がより良さが実感できます。まず、ダイバーズウォッチからスタートし、腕時計の経験や知識を向上させた後にラグスポを目指してください。


「ウォッチズ&ワンダーズ」は腕時計ビギナーも必見の3つの理由!

こんにちわGoroです。世界最大の時計見本市「ウォッチズ&ワンダーズ」が2021年4/7から4/13までスイスのジュネーブにてオンラインで開催され、その後4/14から4/18までは上海でも同じくオンラインで開催されます。さて、腕時計ビギナーは見る必要ない?いえいえ、見た方が良いと僕は思います。その理由を詳しく紹介します。

ウォッチズ&ワンダーズの歴史

ウォッチズ&ワンダーズ」(以下W&W)はSIHH(ジュネーヴサロン)と呼ばれた見本市が前身です。このSIHHが2020年、それまで世界最大の時計見本市と言われていた「バーゼルワールド」が事実上廃止となった同年に「W&W」と名称を改称、2021年も引き続き開催しています。

SIHHは1991年から毎年1月に開催されていた関係者招待制で、小規模な見本市でした。それが前述の2019年10月に急遽現在の名称へ変更する発表がなされました。その当時まだ、コロナ禍前、バーゼル中止の決定も報道されていません。これは想像ですが、時計メーカー上層部は事前に「バーゼルワールドは中止になる」と予想していたかも知れません。

いずれにせよバーゼル無き後の2021年4月時点ではこのW&Wが世界最大で、唯一の見本市です。参加ブランドはリシュモングループを中心とした38ブランドで最盛期バーゼルワールドと比較すると規模的にはまだ及びません。

この38ブランドにスウォッチグループや日本のセイコーなどがもし参入すれば、W&Wは文字通り時計の世界国際見本市と呼ぶにふさわしい、評価を今後得ることになるでしょう。

さて専門家(メディア・専門誌)はW&Wの未来をこのどう見ているのでしょう?時計専門誌クロノスジャパンは「懸念はある」と評しています。詳しくはリンク先を参照してください。

2022年以降にこのW&Wがどのような規模とフォーマットで開催されているかが注目です。

W&Wは知らないブランドを知る良い機会

さて、腕時計の新作発表会や見本市は「腕時計上級者だけが見るもの」と思っていませんか?結論から言いますと、腕時計ビギナーも僕は、積極的に見るべきだと思います。僕もその昔「バーゼルワールド」は「お金持ち」や「腕時計上級者」だけのモノと考えていた時期がありました。


ではこの見本市で、いちばん役立つ事はというと、普段日本で、あまり耳にしない小ブランドやそのモデルを見聞き出来る点にあります。例えばこのW&Wでも38ブランド中5ブランドは僕もあまり馴染みの無いブランドです。

どんなにネットが発展した現代社会とはいえ検索上位になるためには、ある程度名の知れたブランドしか、上位ヒットしません。少しでもネットやSEOに詳しい人はご存知でしょうが上位検索されなけば、ブランド名は広まる事なく、埋没します。つまり具体的なブランド名がわからなければ、我々時計好きも「情報を整理抽出」することはできないのです。

時計専門誌やメディア経由で小ブランドを知ることはできます。しかし断片的な情報よりW&Wのように各時計ブランドが一堂に会する中の情報の方が有名ブランドと比較でき、スポットライトを浴びる確率も高くなるのです。

時計界の傾向、流行りがわかる

「腕時計界のトレンドがわかる」この事がW&Wのもうひとつの魅力です。ただトレンドと言っても、わかるのは大まかな流れになります。この大まかな流れから自分の嗜好に合うブランドやモデルが見えてくることもあるでしょう。上のインスタに表記している「NEO-VINTAGE」もひとつのトレンドでしょう。

W&Wで紹介される様々な時計を見ることで、自分の中で新たな嗜好に気付けると思います。未知のブランドの知らないモデルを知り、新たな興味が絶対に湧くはずです。「腕時計界のトレンドがわかる」事は自身の時計の基準(立ち位置)を知ることでもあります。

時計界のトレンドに合わせる必要は全くありませんが、業界スタンダードを知ることは賢く購入するうえで重要な事です。例えば時計では一般的に流行を追う事は販売チャネルがおおくなり手に入れやすい反面、製造に時間が掛かる為、流行を追いすぎると手に入れられないモデルも出てきます。

W&Wを見る事で、時計ファンにとっては重要な「時計のスタンダード」を知ることが重要なのです。

SNSからよりニッチな情報を得られる

このW&Wの開催期間は通常よりSNS上での情報交換や投稿が盛んです。SNS上の投稿は不要な情報もありますが、有益な情報だってたくさんあります。スレッドを見ているだけでも腕時計ビギナーには役立つ情報が溢れかえっています。

情報共有の中に積極的に参加して欲しいですね。できれば外国人の意見も聞いて、世界のトレンドも掴めれば腕時計ライフがもっと充実します。

個人的な意見ですが、もっと日本人は世界の人たちと交流した方が良いと思います。英語がしゃべれなくても、今はGoogle翻訳などのツールが発達しており、以前に比べて外国語なんてすぐ意味を調べることができます。

翻訳ツールで交流していればそのうちに英語力も自然と身につきます。英語を間違ったって良いんです。英語圏の人たちはそんな細かい間違い気にしないで、交流してくれます。

マーライオン

僕が見る限り、現代のアジアの高級時計は中国以外ではシンガポールに集結している気がします。この理由はここを見れば一目瞭然。JETROのデーター。これも2019年のデーターなのでもっと差が開いている気がします。

まとめ

年に一度あるW&Wは有名ブランドの新作発表会、僕はこの煌びやかな雰囲気を味わうだけでも良いと思います。年に一度のお祭りは4/18まであります。もちろん終わった後に見ても面白いですよ。

腕時計は投資、転売では儲からない!3つの理由

「腕時計は儲かるよ」と「根拠の無い噂話」をして来る人、周囲に多いかも知れません。その話を聞いた後、ブックストアの時計雑誌を手にして「ロレックス価格急騰」、「入手困難レアモデルゲット!」という刺激的な記事を見て、「噂」を真に受ける。それだけは絶対に避けましょう。その理由を僕の経験に基づき紹介していきます。

腕時計を投資対象とする人たち!

現代では情報の多くはネットから。僕も前回の記事ではネットからの情報も重要と書いてきました。

そんな時代、僕もウェブライターとして腕時計に関する記事を4年間で200記事以上WEBへアップしてきました。(ライター名無記名も含む)

その中で腕時計投資に関わる記事を一度だけ書いたことがありました。「胡散臭いなあ」と思いつつ「まだまだ時計ライター駆け出し!」と思い直し、我慢して書いていたところ突然、サイトの打ち切りを告げられたのです。

次の記事を書き始めると担当者に告げ、了承を貰った次の日でした。

その担当者は時計の知識は全く無く、当初のテーマは「デイトナ」、それが突然「ヨットマスター」へ変更。それ以降僕はヨットマスターの記事をひたすら5つほど書き続けました。

https://www.tokemar.com/top/rolex/40-126621-10654009/

しかし3つほど書くと徐々にネタも付き、苦戦しながら何とか書き上げると、担当からは「ムーブメントどうこうより、資産価値が上昇すると書いてください」と一方的に言われました。確かに他のライターの記事も皆「資産価値が上昇する!」のオンパレード。

さて閉鎖を告げられた直後から、担当は「お約束の音信不通」。報酬が振り込まれないため、僕はやむ無く運営者(クラウドワークス)へ通報、なんとか書いた分の報酬だけは受け取れました。

儲からないとわかったら、精算もしないで無責任に退散する。僕の中で腕時計を投資対象とする人は「こんな奴」ばかりという想いが刷り込まれました。

もちろんこれは個人的な意見、全ての人がそうだとは思いたくありません。しかし2019年頃は、このようなクライアントが「時計」に限らず多くいました。

「実際に腕時計の価値が上がった話」という見出しの勘違い

2020年の今はどうなんだろう思い、腕時計投資でググると比較的に上の段に「32万円で買って50万円になった腕時計」という記事が、出てきました。興味ある人は読んでみてください。時計に詳しくない人が書く時計の記事はどうなのかと、想い読んでみるとちょっと首を傾けたくなる見出しを発見しました。

このライターが書いた記事内容は時計好きの旦那がIWCのインヂュニア(掲載している写真が本当であれば)とおぼしきアンティークの時計を32万円で購入したと書かれていました。その後、同じモデルの時計が雑誌上では約50万へ上がっていたと記事にしていたのです。

ここで問題なのが、見出し。価値が上がったと書かれていますが、何を根拠に上がったのか、全くわかりません。

儲からない理由①:中古販売価格を価値と誤解する

「雑誌で50万になっていた」と書いていますが、夫が見たという雑誌での価格50万円は何か、全く記述されていません。

雑誌社編集部が算出した、該当モデルの「買取価格」なのか?「中古販売価格」なのか。

前者は僕の経験上考えにくく、「中古販売価格」と思われます。しかし中古販売価格買取価格ではありません。つまりこの情報では32万円で買った時計が50万円になることはありません。

僕が書くとこの見出しは「32万円で購入した時計が雑誌では50万だった。18万得した!」と書きます。見出しの「価値が上がった」は嘘ではありませんが、事実でもありません

前述のライターが書いている記事のサイト運営者は金融業者です。この記事は依頼主のリクエストで、価値が上がると書かされたと僕は推測します。前述にある、僕の場合とほとんど同じだです。僕はヤフオクでの「落札価格の差」を引用するように指示されました。

そもそも販売価格の差は中古品やオークションでは日常的にあります。彼らはなぜか?販売価格の差をまるで価値が上がった、と書かせたがります。

儲からない理由②:仕入費用プラス諸費用があるから

https://www.tokemar.com/top/omega/seamaster/300-210.32.42.20.03.001-a-10711386-clone/

かつての経験から、腕時計を始めとする物販の商いでは最低でも買取金額の倍以上の価格で販売しなければ、商売として成立しないと僕は思っています。仕入金額の倍?そんなにボッタクて良いの?いいえ、そんなにボッてはいません。ちょっと考えれば、倍でなければいけない理由がわかります。

例えば50万円で仕入た時計を100万円で販売すると50万円が残ります。「50万円儲かった!」、これがメルカリやヤフオクだったそれもありでしょう。しかし商売では商品が売れて、陳列棚に空きが出れば、新しい商品を仕入ることが必要です。

そうです、同じ時計を棚に置くためには儲かった50万を全額仕入に使わなければいけません。また、仕入以外にも店舗を構えていれば家賃や人件費も掛かるため、その費用分も捻出するため、仕入は極力圧縮しなければいけないのです。

また高級腕時計は販売サイクルが長く、期内に売れないと仕入も経費計上できません。仕入額の倍で売れても、採算ラインギリギリでしょう。

そこで僕は買取金額=販売価格の半分である事を証明するため、ネット買取販売店一括依頼して買取金額相場を調べたことがあります。下のブランパン、「トリロジーGMT」というモデルを査定して貰いました。

ブランド名:BLANCPAIN(ブランパン)
商品名:トリロジーGMT
型番:GMT2250-1130-71
付属品:箱,保証書
商品の状態:美品
購入時期:10年以上前

ブランパンは、スウォッチ・グループ内でプレステージブランドにカテゴライズされています。ただ、一般的には決してポピュラーなブランドではありません。2000年の正規販売価格は100万円以上する超高級時計で付属品全てありの「完璧な状態」でも買取査定価格は20万円〜28万円という結果でした。

https://www.kame-kichi.com/webitem-11704.html

僕は3社に見積もりしてもらい、一番高い店舗で30万円、価格は上限額(Max)でした。やはり買取額は販売価格の半分以下です。2020年5月頃の中古販売価格は付属品全てありで60万円、その後2020年11月の中古販売価格は40万〜50万円位で推移しています。今査定に出せば20万円が買取相場でしょう。

皆さんも自身の中古時計が購入価格より上がった情報を見ても、一喜一憂しないで冷静に判断して欲しいです。買取相場なのか、中古販売価格なのかしっかり見極めましょう。

また記事に書いている内容もよく読み、見出しに惑わされないように、してください。その時執筆者も時計に精通しているライターなのか、プロフィール欄でチェックしてください。

儲からない理由③ロレックスの中古市場高騰、実感するまで時間が必要

https://www.tokemar.com/top/rolex/daytona/116519-d-b-10703265-clone/

ではなぜネット上で腕時計投資的な情報が蔓延するのでしょう。一番大きな要因はロレックスの中古市場の高騰が要因です。誰もが(時計に興味の無い人)欲しがるロレックスは中古市場が成熟されていることもあり、各モデルの相場もわかりやすく、価格も比較的緩やかに上昇していました。

ところが2018年頃より、新品の並行価格と正規価格の逆転現象に端を発し、中古価格も連動して高騰しました。2020年のCOVID19以降は投機マネーが時計市場から減少したこともあり、価格はいくぶん落ち着いています。しかし最近価格は再び上昇中です。

ロレックスは中古市場がグローバル化して、商品の回転も速く一般的な中古販売価格の8割や7割で買取するという話をよく聞きます。対照的に前述のプランパンのような専門的ブランドだと、結局は販売額の半分以下に落ち着きます。

商品の回転が速いロレックスの人気モデルにフォーカスし、売り買いを繰り返せば多少は儲かるかも知れません。

だた腕時計の売買は価格上昇する迄の期間が長く、金融商品のように短期間で実績をあげるのは難しいと思います。しかし稀に大幅にアップするモデルもあります。海の向こうで実際にあった実例を紹介しましょう。

Sotheby’s(サザビーズ)での実例

2019年にスイス ジュネーブで開催されたオークションハウス、Sotheby’sのImportant watchesで落札されたロレックス「コスモグラフ・デイトナ」REF 6329は1975年に最初の英国人オーナーが134£で購入した時計が、2019年に落札価格701,433£まで上昇しました。45年間で5234倍まで高騰したケースです。Sotheby’s 2019年Important watches

この時計を売ったオーナーは1975年に妻が結婚25周年記念として購入し、夫へプレゼントした製品でした。(リンク先の記事は落札後に更新されています。この内容はオークションが始まる前に書かれていました。)

この時計は当時、発売から8年が経過しても店舗に残っていたモデルだそうです。もし先に他の人が購入していれば、大金を他の人が45年後に手に入れていたでしょう。ワンオーナーのこの時計は、コンディションも良く、時計に奇跡的な変化が起こりました。通常このモデルの文字盤はホワイトと黒のいわゆるポールニューマンダイアルです。しかし黒色が経年劣化でブラウンへ、ホワイトの文字盤がクリームへ綺麗に緑青変色しました。また付属品が当時のまま、正規BOX、ギャランティー、ブックレット、レシートに至るまで全て残っていたためこれだけ高額(96,797,754円、1£=138円で計算)な額へ価値が上昇したのです。

時計で利益を上げるためにはこのように、根気と様々な偶然が必要なのです。

まとめ

腕時計の世界では数十年に一度の周期で、バブル期があります。しかし儲かることは稀です。もし時計の売買で利ザヤを稼げるなら、業界の人たちは皆クルーザーとフェラーリ、美女に囲まれた日々を過ごしているでしょう。

前回の記事で紹介した時計専門誌「クロノス日本版」編集長の広田雅将編集長が以下のリンクに書いた記事、ぜひ参考にしてください。業界に20年以上精通したこの人が言うことは間違いないでしょう。

時計バブルにご用心

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén