腕時計上級者を目指す、ビギナーと中級者のブログ

タグ: サッカー

Rolex(ロレックス)がサッカーをサポートしない理由とは

こんにちはGoroです。今回から僕が過去に他のサイトで書いてきた記事をこのサイトで再び書いていきます。原文は2017年に書いた記事で、今思えば少し恥ずかしい内容も含まれています。今回紹介するのは「ロレックスがサッカーをサポートしない理由」を2021年目線で書き直し紹介します。

Rolex(ロレックス)がサポートするスポーツアスリートは?

このブログ内のロレックスに関する記事はこちらもあります。

2021年4月にRolexゴルフファミリーの一員である松山英樹選手がマスターズで優勝しました。他にはテニス、F1を始めとするモータースポーツ、ヨット、馬術競技をロレックスはサポートしています。

そこで、ひとつ疑問が、そう世界最大の競技人口を抱え、全世界で人気あるサッカーへのサポートが無い事です。

企業イメージを考えた場合、多くのサポーターを抱えているサッカーは商品(時計)への波及効果も期待でき、現にウブロタグホイヤーは積極的にサッカーをサポートしています。

なぜロレックスはこれまでサッカーをサポートしてこなかったのでしょう?

サッカーは労働者のスポーツ、労働者階級こそ彼らの顧客

この記事を書いた当時、僕が真っ先に思いついた理由はサッカー(フットボール)が労働者のスポーツと言う事でした。そして、ロレックスの考える顧客層と一致しないという考えは今考えると間違いですね。ロレックスの製品価格帯の多くは「手の届く高級時計」です。

高級時計のイメージがありますが、実は多くの製品は100万円以下の製品が大半になります。労働者階級の消費者であっても少し頑張れば、彼らだって購入できる製品構成で、そう考えた時、むしろサッカーを愛する労働者階級の人たちも彼ら(ロレックス)の重要な顧客なのです。

フットボールプレイヤーは評価基準が簡単では無い

2021年4月時点で最も妥当なのではと考える理由が、「サッカーは選手評価が難しい」点です。もちろん選手のポジションによってある程度評価の線引きをすることはできます。

例えばストライカーであれば、「ゴール」という目に見える数字で評価基準が現れてきます。しかし、それ以外のポジションではゴールすることが難しく、数値も付くことなく評価できません。MFやDFがどんなに素晴らしいパスを通しても、せいぜいアシストが付くくらいでしょう。

守備の要ゴールキーパーも評価基準が難解です。失点するしないも結局は周囲との連携で左右されます。周囲との連携は攻撃陣の得点にも反映されます。

チーム競技ゆえ、攻撃・守備選手双方共に評価基準の難しさは否めません。このことがロレックスがサポートできない理由なのではと、僕は考えます。

レコード=記録のストーリーが見えにくい

「ストーリーが見えにくい」このことが最も大きな理由で無いかと僕は考えます。同社HP「ロレックスの世界」に掲載されているアスリートは皆、レコード=記録がストーリーとして記されています。

サッカーは特にレコードの反映される要素が国籍や所属クラブに左右されることも、公平さに欠くとロレックスに判断されているかも知れません。

国籍による大会「FIFAワールドカップ」とクラブによる大会「UEFA チャンピオンズリーグ」の地位の変化も背景にはあるでしょう。1990年代以降、明らかにクラブレベルによる大会である「UEFAチャンピオンズリーグ」が名実共に世界一の大会へと成長していることも選手の評価を複雑にしています。

そしてレコード(記録)を破るストーリーが他の競技より見えにくい。サッカー選手の場合結局成功の証の多くが「人の評価」なのです。勝利数やメジャータイトルと言った数字が見えてこないことがその理由なのでしょう。

実はアメリカ市場で人気が無いから?

サッカーの世界は市場が巨大な割にアメリカでは人気が無いことが特徴です。この事もロレックス好きが多いアメリカ人に響かないと考えている可能性も考えられます。ただ巨大マーケットゆえいつロレックスが進出してもおかしくありませんね。

2021年4月20日頃より、ヨーロッパではビッグクラブが主導した新リーグ創設案、ESL(ヨーロッパ・スーパー・リーグ)が、サポーターからの猛抗議に逢い、参加を表明していた12クラブ中9クラブが離脱、計画が頓挫しています。それだけ社会への影響力が多い市場で、拡大要素もあり時計業界も参入を試みるブランドもまだまだあるでしょう。

ただ、もうひとつのロレックス人気国のイタリアは、サッカー好きです。やはりこれも無理があります。

まとめ

当時の記事を見る度にかなり拙い時計知識で書いていたと、痛感します。また当時の僕はロレックスの(20年以上前より)購入しづらくなった価格設定に相当憤慨して記事を書いていました。

アクセス数は少ない記事でしたが、当時のサイト編集責任者からこの記事を褒められた事で、今回取り上げました。2021年目線で書き直したこの記事、また数年後に機会あれば書き直してみたいです。

なぜ、ロレックスがサッカーをサポートしない本当の理由はロレックスのCEOであるジャン=フレデリック・デュフォーにインタビューでもしない限り、わかりません。しかし、こう言った想像、興味を消費者に与えるだけでもロレックスは凄いブランドだと、言えるでしょう。

腕時計で心を整える、長谷部誠選手に学ぶ、時計で人生を豊かにする術

こんにちはGoroです。プロ・フットボールプレイヤーに腕時計好きが多い事はよく聞きます。その中でも長谷部選手の腕時計好きはこれから「時計収集」を検討中の人にも参考にして欲しい「術」です。腕時計でどのように「人生を豊かに過ごすのか?」、彼の著書やその他の情報を交え紹介します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

HODINKEE Japan Edition Vol.1 [ ハースト婦人画報社 ]
価格:3300円(税込、送料無料) (2021/4/12時点)


腕時計で心を整える

「99.9%この夏で現役を終えるつもりだった」これはあるインタビューでの長谷部選手のコメントです。2021年時点で37歳、彼はなぜ、レベルの高いヨーロッパ3大リーグのひとつ、ブンデスリーガの中で最年長選手として在籍して出場を続けられているのでしょう。

僕は彼が好きな事である「腕時計」にも真剣に向き合い、時計から醸し出させる雰囲気があたかも「ガソリンの添加剤」の役割を果たしていた。僕はそう感じています。

長谷部誠選手は10年ほど前、自身のベストセラー著書「心を整える」の記事にも腕時計の趣味について、語っています。

一般的なトップアスリートはブランドとアンバサダー契約を交わし、その腕時計を付けている映像がこれまで多く見られます。

2019年契約更新時のInstagram

しかし、長谷部選手はあくまで自身のポケットマネーから好きな時計を購入して、彼自身の拘りでセレクトしているのが特徴です。彼は著書の中で「好きな物(腕時計)に心を委ねる」としています。

そう、腕時計で心を整えているのでしょう。上のInstagramでもデイトナですかね?こう言う重要な席で彼は必ずロレックスと同席します。

長谷部誠選手とは?

さて、長谷部選手のプロフィールと歩んできたキャリアを紹介します。2021年4月時点で、ブンデスリーガのアイントラハト・フランクフルト所属で1984年1月18日生まれ、現行のクラブとの契約期間は2022年6月までです(公式サイトより)。

サッカーも好きなGoro目線だと、ストロングポイントがわかりにくいプレイヤーです。もちろん浦和レッズ時代から知っていましたが、これほどまでヨーロッパで長くプレーし、日本代表の中心選手になるとは全く予想しませんでした。

理にかなった時計ロレックスは長谷部選手を体現している

ではなぜ名門浦和レッズは彼をスカウトしたのか?僕の所蔵していた雑誌にヒントがありました。(記事最上段の写真)

スポーツ雑誌Numberの記事(732号)によれば、レッズのスカウト宮崎正義氏は母校である藤枝東へ定期的に視察訪問、そこで長谷部選手のプレーに興味を持ったとしています。当時の藤枝東の監督へ興味を伝えたところ「彼は大学進学だよ。」と即答、獲得は難しい旨を伝えています。

彼が高校時代注目されていなかった理由は身体能力の弱さ、サッカー王国静岡県内の同年代選手で、トップ評価を受けていた選手では無いことからです。本人も大学推薦が決まった事で満足し、プロ行きは「もっと先の世界」と感じていたことは間違いありません。

ではフットボールプレイヤー目線で、長谷部選手のサッカースキルはどうなのか。同じNumberの記事で田中達也選手の長谷部選手評も「アイツは上手い選手では無いから」と答えています。

しかし前述した浦和のスカウト宮崎氏は、「スーパーなプレーは無いけど技術力の高さとミスの少なさ」が目を惹き、宮崎氏は長谷部選手へ正式にオファーを出します。

宮崎氏は彼のプレーが「理にかなったプレイヤー」と見ていたのでしょう。それは長谷部選手がロレックスを気に入った理由、理にかなった時計と重なります。

写真は彼がACLで優勝した時手にしたのがGMTマスター。ただし彼のモデルはTiffany(ティファニー)とのダブルネーム、23万円で知人から譲ってもらったそうです。

意外に楽観的で、ロマンチスト

「マコト、人生は一度しかないんだよ。男なら思いきって挑戦するべきじゃないのか?」(著書:心を整えるより)

長谷部選手の祖父はこう言ってただひとり、マコト選手のレッズ行きの背中を押してくれたそうです。

マコト選手は著書で、スカウトからの評価を聞いているうちに、浦和でプレーして成功している姿を思い描いた、と書いています。優等生タイプの彼からは想像がつかない、ロマンチストな一面です。

もちろん、祖父からの一言も大きかったと、書いています。

腕時計に興味を持ったのは浦和入団4年後、ロレックスを見てカッコイイと思って好きになったとしています。初めて購入したのは浦和レッズが優勝した時に先輩選手から勧められて、サブマリーナを持ったそうです。

腕時計好きは鈍感力がある?独自の世界観を持つ!

さて、長谷部誠選手は「浦和レッズ入団」、入団2年目以降はレギュラーの座を不動にします。クラブは黄金期の真っ只中で、その若手中心選手として、活躍していました。

https://www.rolex.com/ja/watches/submariner.html

しかし、彼が典型的な優等生タイプだとしたら、2008年にブンデスリーガへの移籍を決断していなかったと僕は思います。浦和はビッグクラブで年俸も高額、残る方が堅実です。

何となく一般的な「長谷部誠像」に違和感を感じていた僕にある人物のYouTubeが答えをくれました。

それは鈴木啓太氏のYouTube、彼は長谷部選手を「鈍感力がある」と評しています。決して繊細な選手では無かったそうです。氏曰く、鈍感力で周りから余計な声をシャットアウトできた、これが成功の要因と分析しています。

言い換えれば、独自の世界観を持っていたのでしょう。腕時計好きは僕を含めて独自の世界観を持っている人が多いです。長谷部選手も好きな時計の世界に入り込み、リラックスしてサッカーへ集中しているのでしょう。

そして長谷部選手の公式インスタグラムには若い頃と変わらないサブマリーナやデイトナが手首に輝いています。

僕はそんな彼の一途さにも好感を感じます。だって、彼ほどの年俸を貰っていれば、ロレックスより更に格上のパテックオーデマピゲに手を出したっておかしくありません。しかし彼はロレックスを「理にかなった時計」として10年以上に渡り愛用しています。

この辺は皆さんの評価同様に真面目ですね。そしてロレックス独自の世界観を確立しているのでしょう。

まとめ

長谷部誠選手が息の長いプレイヤーとして、第一線で活躍している理由は、彼の弛まない努力強いメンタルが大きな要因です。しかし、彼の活躍をサポートしている腕時計の存在も見逃せません。皆さんも腕時計をこのように活用し、人生を豊かに過ごしてください。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén