腕時計上級者を目指す、ビギナーと中級者のブログ

タグ: サブマリーナ

ダイバーズから始める方が、ラグスポを10倍楽しめる!

腕時計に興味を持ち始めた人が、「ラグスポ」にも興味を持つことは現代社会では自然な流れです。しかし、ビギナーがいきなりラグスポを目指すより、まずダイバーズウォッチから始めた方が、今後の腕時計ライフを10倍楽しめると思います。その理由をGoroが解説します。

ラグスポとは?

https://www.patek.com/en/collection/nautilus

ラグスポは正確には「ラグジュアリー・スポーツ」の略で、ラグジュアリー装いを持つ、スポーティーな(スポーツウォッチでは決して無い)腕時計です。

ラグスポの起源は共に1970年代に名門老舗ブランド、オーデマ・ピゲとパテック・フィリップからそれぞれ発表された「ロイヤルオーク」と「ノーチラス」からと言われます。このアイコニックなマスターピースは偶然にも鬼才、ジェラルド・ジェンタのデザインでした。

明確な定義や工業規格はありませんが、「ステンレス製もしくはチタン製」のケースとブレスレットを持ち、ラグとケースが一体化していればより良く、外観がスポーティーであることが「ラグスポの基準」と言えます。

老舗名門2社から1970年代に発表された「ラグスポ」は当初「異端児扱い」されてきました。本格的に各社がラグスポへ参戦し始めたのは、21世紀に入ってからです。人気が加速度したのはジュエリー(一部兼業)ブランドのショパールブルガリ、そしてシャネルが参入してからになります。その後、専業ブランドと合わせ、ラグスポの群雄割拠時代へ突入します。

ラグスポより実用性が高いダイバースウォッチ!

https://www.rolex.com/ja/watches/submariner.html

生産される数以上に需要(人気)が高く、年を追うごとに腕時計ビギナーがラグスポを購入するハードルは上がっている印象があります。そのため僕はダイバーズウォッチこそ、ビギナーにとって現在「最も狙い目の時計」と考えます。

理由はダイバーズウォッチはラグスポより耐久性が高く、より実用的です。潜水作業を前提に設計しているため、傷がつきにくい素材を多く使用しています。例を挙げると海底で時計を多少擦っても耐えられる「セラミックベゼル」の使用はもはや業界標準です。

生産される数以上に需要(人気)が高く、年を追うごとに腕時計ビギナーがラグスポを購入するハードルは上がっている印象があります。そのため僕はダイバーズウォッチこそ、ビギナーにとって現在「最も狙い目の時計」と考えます。

操作への配慮も基本設計に加味しており、例えばウェットスーツの上からでも無理なく装着できる「エクステンション」やブレスレットの「セーフティ・ロック機能」がほとんどのモデルで標準化されています。

それと何と言っても水を気にしないで、普段使いできる事がダイバーズウォッチの最大の魅力です。日常で水を使わないシーンはまずあり得ません。時計を外さないで水を使える事は見た目にもスマートかつストレスフリーです。

服装もカジュアルからフォーマル迄、幅広く対応できミッドタウンでもダイバースウォッチリュックスーツ姿で通勤することへの抵抗感は間違いなく減っています。

ラグスポが人気となった背景は?

とは言え、1970年代は異端児扱いされていたラグスポが、なぜこれほどまで世界の時計界で一大トレンドとなったのか?気になるところです。ネット上での意見は様々ですが、専門誌「WEBクロノス」の記事が詳しく解説してくれています。

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/45055/

僕の考えでは服装の「ノーネクタイ化」が大きな理由です。もともと海外ではスーツを日常的に着用するのは「金融マン」に限定されていました。それ以外の職種で、ネクタイを締めるのは取締役幹部社員と言われる人達でした。

しかし、数少ないスーツ族も近年は「ノーネクタイ化」がかつてより進行しています。スーツ族が多い日本でも「クールビズ」がスタンダード化しています。

つまり世界中の多くの人達は冠婚葬祭を除き、スーツを日常的に着用しません。そのためカチッとしたドレスウォッチより、ラグスポのように適度なスポーティーさを持った時計の方が使い勝手が良いのです。特に高温多湿なアジア圏ではスポーティーウォッチの方が明らかに使い勝手が増します。

さらに高級時計の巨大市場である中国人の嗜好とマッチしたと前述の「WEBクロノス」は書いています。市場も熟成して彼らはスポーツウォッチに目を向け始めた。高温多湿な気候と適度な高級感のあるラグスポはうってつけの時計だったのです。

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/1842332/

個人的にラグスポ人気が高いと感じる国・地域はシンガポールドバイだと思います。これらの国々も年中高温です。その国々の愛好家たちは元々時計偏差値(遍歴)が高く、彼らは色々な時計を試した後にラグスポへ辿り着いたのでしょう。

洗練されたデザインゆえに難しいコーディネート

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/6765061/

次にダイバーズウォッチから始める理由として、ラグスポは決して手軽に使えるデザインではありません。

これだけ多くの(特にジュエリー)ブランドが参入すれば、ラグスポのデザインはより一層洗練されたモデルがこれからも増えてくるでしょう。ただ、その優れたデザインは腕時計ビギナーにとっては逆に障害になると思います。

最近殆どのブランドのラグスポは多角形のケース形状や装飾に拘り、カジュアルウェアとは相性は良くありません。ブランドによっては服(場合によっては人も)を限定する腕時計ゆえ、コーディネートが難しいのです。

またプレステージを好む国(中国、華僑が強いSIG、UAE)では歓迎されても、茶道の「わびさび」文化が未だに残り「華美な物を嫌う日本」ではダイバーズに留めた方が無難?というのが僕の考えです。

ダイバーズは今こそチャンス!国際規格があり安心

幸いなことにラグスポ人気で、ダイバーズウォッチはロレックスを除けば「熱が冷めた」状態が続いています。そのロレックスでも一時期よりは明らかに人気はクールダウンしたと言えるでしょう。

ダイバーズウォッチは国際工業規格で定義がハッキリしている点で好感を持てます。これは裏を返せばメーカーによる当たりはずれが少ない時計なのです。下の表を参考にしてください。

耐磁の 種類JIS保証水準          内容
非耐磁 時計1,600A/m1990年までの輸出検査で行われていた基準値。耐磁時計以外でも基本的に満たされるレベル。
第1種 耐磁時計4,800A/m磁気に5㎝まで近づけてもほとんどの場合性能を維持できるレベル。
第2種 耐磁時計16,000A/m磁気に1㎝まで近づけてもほとんどの場合性能を維持できるレベル。

日本時計協会、防水時計の欄より

そして防水機能以外では高い耐磁機能も兼ね備えています。これは潜水作業で、使う時計は耐磁機能も必要ということで定義されているのです。そのため、ダイバースを付けたままパソコン使っても精度には影響はでません。

ダイバーズウォッチの選び方は?

ダイバーズウォッチは前述したように基本スペックは国際規格があり、どのブランドを購入しても機能面での心配は要りません。ただラグスポと比較するとケースに厚みが増します。

過去記事を参考にしてください。

そのため選ぶポイントはケースの厚みを注目してください。僕はケースの厚みが時計の着け心地を大きく左右すると考えます。個人差はありますが、僕は130㎜を超えない時計をいつも選んでいます。かつてあるブランドの600m防水のダイバーズウォッチを試着した時、160㎜の厚みにはかなりの違和感を感じました

他にはブレスレットとのバランスも、選ぶ時にはチェックした方が良いですね。重量が重い腕時計もバランスが良いと重く感じません。良質な時計ブランドはこのあたりにも注意を払って時計を仕上げています。

できればこれは店頭で試着して、確かめたいですね。

まとめ

入手するハードルの高いラグスポは、もちろん良い腕時計ですが、むしろ時計遍歴を重ねてから手に入れた方がより良さが実感できます。まず、ダイバーズウォッチからスタートし、腕時計の経験や知識を向上させた後にラグスポを目指してください。


腕時計で心を整える、長谷部誠選手に学ぶ、時計で人生を豊かにする術

こんにちはGoroです。プロ・フットボールプレイヤーに腕時計好きが多い事はよく聞きます。その中でも長谷部選手の腕時計好きはこれから「時計収集」を検討中の人にも参考にして欲しい「術」です。腕時計でどのように「人生を豊かに過ごすのか?」、彼の著書やその他の情報を交え紹介します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

HODINKEE Japan Edition Vol.1 [ ハースト婦人画報社 ]
価格:3300円(税込、送料無料) (2021/4/12時点)


腕時計で心を整える

「99.9%この夏で現役を終えるつもりだった」これはあるインタビューでの長谷部選手のコメントです。2021年時点で37歳、彼はなぜ、レベルの高いヨーロッパ3大リーグのひとつ、ブンデスリーガの中で最年長選手として在籍して出場を続けられているのでしょう。

僕は彼が好きな事である「腕時計」にも真剣に向き合い、時計から醸し出させる雰囲気があたかも「ガソリンの添加剤」の役割を果たしていた。僕はそう感じています。

長谷部誠選手は10年ほど前、自身のベストセラー著書「心を整える」の記事にも腕時計の趣味について、語っています。

一般的なトップアスリートはブランドとアンバサダー契約を交わし、その腕時計を付けている映像がこれまで多く見られます。

2019年契約更新時のInstagram

しかし、長谷部選手はあくまで自身のポケットマネーから好きな時計を購入して、彼自身の拘りでセレクトしているのが特徴です。彼は著書の中で「好きな物(腕時計)に心を委ねる」としています。

そう、腕時計で心を整えているのでしょう。上のInstagramでもデイトナですかね?こう言う重要な席で彼は必ずロレックスと同席します。

長谷部誠選手とは?

さて、長谷部選手のプロフィールと歩んできたキャリアを紹介します。2021年4月時点で、ブンデスリーガのアイントラハト・フランクフルト所属で1984年1月18日生まれ、現行のクラブとの契約期間は2022年6月までです(公式サイトより)。

サッカーも好きなGoro目線だと、ストロングポイントがわかりにくいプレイヤーです。もちろん浦和レッズ時代から知っていましたが、これほどまでヨーロッパで長くプレーし、日本代表の中心選手になるとは全く予想しませんでした。

理にかなった時計ロレックスは長谷部選手を体現している

ではなぜ名門浦和レッズは彼をスカウトしたのか?僕の所蔵していた雑誌にヒントがありました。(記事最上段の写真)

スポーツ雑誌Numberの記事(732号)によれば、レッズのスカウト宮崎正義氏は母校である藤枝東へ定期的に視察訪問、そこで長谷部選手のプレーに興味を持ったとしています。当時の藤枝東の監督へ興味を伝えたところ「彼は大学進学だよ。」と即答、獲得は難しい旨を伝えています。

彼が高校時代注目されていなかった理由は身体能力の弱さ、サッカー王国静岡県内の同年代選手で、トップ評価を受けていた選手では無いことからです。本人も大学推薦が決まった事で満足し、プロ行きは「もっと先の世界」と感じていたことは間違いありません。

ではフットボールプレイヤー目線で、長谷部選手のサッカースキルはどうなのか。同じNumberの記事で田中達也選手の長谷部選手評も「アイツは上手い選手では無いから」と答えています。

しかし前述した浦和のスカウト宮崎氏は、「スーパーなプレーは無いけど技術力の高さとミスの少なさ」が目を惹き、宮崎氏は長谷部選手へ正式にオファーを出します。

宮崎氏は彼のプレーが「理にかなったプレイヤー」と見ていたのでしょう。それは長谷部選手がロレックスを気に入った理由、理にかなった時計と重なります。

写真は彼がACLで優勝した時手にしたのがGMTマスター。ただし彼のモデルはTiffany(ティファニー)とのダブルネーム、23万円で知人から譲ってもらったそうです。

意外に楽観的で、ロマンチスト

「マコト、人生は一度しかないんだよ。男なら思いきって挑戦するべきじゃないのか?」(著書:心を整えるより)

長谷部選手の祖父はこう言ってただひとり、マコト選手のレッズ行きの背中を押してくれたそうです。

マコト選手は著書で、スカウトからの評価を聞いているうちに、浦和でプレーして成功している姿を思い描いた、と書いています。優等生タイプの彼からは想像がつかない、ロマンチストな一面です。

もちろん、祖父からの一言も大きかったと、書いています。

腕時計に興味を持ったのは浦和入団4年後、ロレックスを見てカッコイイと思って好きになったとしています。初めて購入したのは浦和レッズが優勝した時に先輩選手から勧められて、サブマリーナを持ったそうです。

腕時計好きは鈍感力がある?独自の世界観を持つ!

さて、長谷部誠選手は「浦和レッズ入団」、入団2年目以降はレギュラーの座を不動にします。クラブは黄金期の真っ只中で、その若手中心選手として、活躍していました。

https://www.rolex.com/ja/watches/submariner.html

しかし、彼が典型的な優等生タイプだとしたら、2008年にブンデスリーガへの移籍を決断していなかったと僕は思います。浦和はビッグクラブで年俸も高額、残る方が堅実です。

何となく一般的な「長谷部誠像」に違和感を感じていた僕にある人物のYouTubeが答えをくれました。

それは鈴木啓太氏のYouTube、彼は長谷部選手を「鈍感力がある」と評しています。決して繊細な選手では無かったそうです。氏曰く、鈍感力で周りから余計な声をシャットアウトできた、これが成功の要因と分析しています。

言い換えれば、独自の世界観を持っていたのでしょう。腕時計好きは僕を含めて独自の世界観を持っている人が多いです。長谷部選手も好きな時計の世界に入り込み、リラックスしてサッカーへ集中しているのでしょう。

そして長谷部選手の公式インスタグラムには若い頃と変わらないサブマリーナやデイトナが手首に輝いています。

僕はそんな彼の一途さにも好感を感じます。だって、彼ほどの年俸を貰っていれば、ロレックスより更に格上のパテックオーデマピゲに手を出したっておかしくありません。しかし彼はロレックスを「理にかなった時計」として10年以上に渡り愛用しています。

この辺は皆さんの評価同様に真面目ですね。そしてロレックス独自の世界観を確立しているのでしょう。

まとめ

長谷部誠選手が息の長いプレイヤーとして、第一線で活躍している理由は、彼の弛まない努力強いメンタルが大きな要因です。しかし、彼の活躍をサポートしている腕時計の存在も見逃せません。皆さんも腕時計をこのように活用し、人生を豊かに過ごしてください。

腕時計ビギナーが役立つ、ロレックス6個の魅力

腕時計初心者が最も欲しがるブランドといえば、ロレックスでしょう。しかし、ロレックス を欲しがる人はビギナーだけではありません。腕時計上級者、筋金入りのコレクターもロレックスを愛して止まない人は多くいるもの。今回はロレックスの魅力をわかりやすく紹介します。ぜひ購入時の指針にしてください。

①潜水艦のハッチと同じ、堅牢なリューズ

https://www.rolex.com/ja/about-rolex-watches/waterproofness.html

ロレックスの優れた点としてまず挙げられることは高い防水性です。

その防水性の高さはオイスターケースとネジ込み式のリューズにあると言われます。今では他のブランドも採用するネジ込み式のリューズはロレックスの特許でした。

簡単に説明すると潜水艦のハッチのような構造になっています。時間調整するためにムーブメントと外部をつなぐリューズは水が侵入しやすい事が技術者にとって悩みのタネでした。しかしロレックスがこの問題を図3のようなアイディアで特許を1926年に所得、防水性を確保しています。

このようにして高い防水機能の腕時計を発売した事でロレックスの認知度は一気に高まります。それは防水性だけに限った訳ではありません。優れたデザインを持った時計である事も、世界的なブランドにまで上り詰めた大きな要因です。

②アイコニックなデザイン

高い防水性を持ち、アイコニックな「美しいデザイン」の理由は時計を極限まで「ミニマライズ」したからでしょう。特殊時計によく見られた分厚い大型ケースでも無く、程良く手首にフィットします。夜光塗料をタップリと塗り、12時、3時、6時、9時の位置のアワーマーカーはバー、それ以外はドットという文字盤のデザインはパッと見ただけで時間の確認が容易になります。このように文字盤の視認性を良くする事に特化したことで、結果として美しいダイアルデザインに仕上がったと僕は考えます。

https://www.tokemar.com/top/rolex/submariner/114060/114060-a-10631463-clone-ja/

「洗練を突き詰めると簡潔になる」レオナルド・ダ・ヴィンチが遺した言葉で、スティーブ・ジョブズがApple製品にその考えを反映させた事でも有名です。この言葉は今やデザイナーにとってはバイブル的な物になっています。サブマリーナ は正にその言葉を体現したモデルです。

発売から約70年経ちますが、スーツにダイバーズウォッチ を合わせてもサブマリーナ は全く違和感無く似合う時計です。

③ロレックスへの手紙「耐久性の実例」

https://www.rolex.com/ja/world-of-rolex/every-rolex-tells-a-story/letters-to-rolex.html

では具体的にロレックスの耐久性はどれほどの物なのでしょう?ロレックス の公式HP「ロレックスへの手紙」を読むと同社に来た顧客からの「お礼状と具体例」が掲載されています。例を挙げるとヨーロッパアルプスの雪氷の中に2ヶ月閉ざされていても動き出すGMTマスターやオーブンで焼かれても風防を交換しただけで、動き出したといった逸話が紹介されています。

ここには掲載されていませんが、僕は1982年に東京で起きた、「ホテルニュージャパン火災」が同社の腕時計の耐久性能を端的に表した事件だと思っています。33名の死者、負傷者34名もにも上った悲惨な火災で、当時犠牲者が付けていたロレックスが遺族のもとに返り、止まっていた時計のねじを巻いたところ腕時計が動き出したという新聞記事を読み、びっくりした記憶があります。当時は記事に「ローレックス」と書かれていた記憶がはっきりと僕の脳裏に蘇ります。

中学生だった僕はあのひどい火災でも時計内部が影響を受けなかった事に大きな衝撃を受けました。

④常に誤操作防止を考慮した時計造り

頑丈な腕時計ロレックスは、「自動巻き」をポピュラーにしたブランドでもあります。手巻きの腕時計はリューズを引っ張り、ゼンマイを巻き上げていました。しかしロレックスのねじ込み式リューズの防水機能を遺憾無く発揮させるにはリューズ操作を極力減らす事が最善の方法です。

泳いでいる時に自動的にゼンマイが巻き上がれば、リューズ操作は不要になります。1931年にロレックスが発表した360度両方向巻きの自動巻ムーブメントが、きっかけで腕時計の自動巻が普及して行くのです。

⑤ロレックス=セーフティーな腕時計

https://www.tokemar.com/top/rolex/14000-ja-2/

さてロレックスを一言でまとめるとどんな時計か?個人的な感想を言えば、見出しのセーフティーさです。「safety」を辞書で引くと、安全、無事、無難と言う意味が出てきます。これらは全てロレックスに当てはまる意味ですね。

写真のref14000は僕が初めて購入したロレックス、エアキング。1999年時点で定価は310,000円、ロレックス のコレクションの中では下から数えた方が早いモデルです。

しかしこんなリーズナブルな価格帯の時計でもロレックスのセフティーさは変わりません。モデル最高峰の「デイトナ」もエアキングも耐久性は全く同じなのです。

高級腕時計は、「腫物へ触るよう」に大切に取り扱う!と言う常識がロレックスにはあてはまりません。このことが世界中で多くの人に愛されてきた、大きな理由だと思います。乱暴な言い方かも知れませんが、プロダクツを荒っぽく扱うアメリカ人(全てのアメリカ人では無い)から特に歓迎されるのは、多少ぶつけた位で簡単に壊れないからと僕は確信しています。

かつて私物のロレックスのバックル(ブレスレットの留め具)が外れ、硬いコンクリートに落下させたことがありました。しかしロレックスは何事も無かったかのように動き続け、5年後オーバーホールに出しても故障や破損は無く、当然部品交換もありませんでした。

他の時計だったら、絶対壊れていた!僕はそう確信しています。そのことを裏付けるように、「SEIKO5」をコンクリート床へ落下させたことがありました。見た目こそ大丈夫でしたが精度は狂い、オーバーホールへ。2020年にやっと「完全復活」しました。

⑥有名すぎることが弱点?

https://www.tokemar.com/top/rolex/milgauss/116400-m-a-10463370-clone-ja/

完全無欠に思えるロレックス唯一の弱点は「有名過ぎる」事です。手首に付けているだけで存在感があり、誰もがそれをロレックスだと認識できます。

有名過ぎる腕時計を付けているだけで、妬まれるなんて事も日本では十分に考えられます。ロレックスはできる限り周囲の状況を考慮して、付けて行く腕時計です。

私も30代の頃、前述のエアキングを上司から咎められた事があります。典型的な日本企業に勤務している人で、役職者でも無い30代以下の人には職場では不向きな時計だと僕は思います。

まとめ:腕時計初心者はロレックスを持つべきか?

さて、腕時計初心者はロレックスを持つべきなのでしょうか?僕の経験から言えば、「持つべきでは無い」と考えます。

理由は世の中に多くの腕時計ブランドがあり、それらブランドを知ってから購入する方がロレックスをより深く味わえたのでは?と今になって想うのです。初めての高級腕時計がロレックスである必要は無く、さまざまな腕時計を経験してから購入するとロレックス の良さは更に高まる気が僕はします。

ただ、このような記事を読んでも「ロレックスを持ちたい!」そう思う貴方はこの限りではありません。そのような意思の強さがある人こそ、ロレックスを持つべきでしょう。

僕がこれまで見てきた時計好きは、ロレックス・ジャンキーかそれ以外に分かれます。僕は初めての時計がロレックス でしたが、今はそんなに欲しいとは思いません。それは他にも良い時計ブランドが、たくさんあると知ったからジャンキーにならなかったのでしょう。

腕時計初心者の人はこれから購入する腕時計をロレックスにするか、どうかこの記事に書いている点を理解してから購入してください。決して何となく購入する事だけは避けて欲しいですね。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén