腕時計上級者を目指す、ビギナーと中級者のブログ

タグ: ブランパン

ブランパン・フィフティファゾムス・バチスカーフ、1ヶ月体験記

ブランパン・バチスカーフ5100 1140 O52Aはフィフティファゾムスの製品の中でもケース径が38㎜というミニマルなサイズ感ですが、ダイバーズウォッチとしての醍醐味が損なわれない時計造りも特徴です。各ブランドのダウンサイジングもあって、ここ数年注目されています。ひと月程体験したこのモデルのレビューを紹介します。

モダン・ダイバーズウォッチの祖!

1735年創業のブランパンがフィフティファゾムスを発表したのは1953年。このモデルが生まれたきっかけは2人のフランス海軍士官がさまざまな時計ブランドへ足を運び、彼らのミッションに耐えうる防水時計を探したからとされます。

https://www.blancpain.com/en/brand/our-vision/history

当時彼らの要求を満たす防水時計は皆無、そこで既知の潜水用具会社を通じてブランパンCEOジャン-ジャック・フィスターと出会った事から、新製品(フィフティファゾムス)を開発するに事へ至ります。

有名なロレックス社のサブマリーナーが発表された1954年の前年にフィフティファゾムスはフランス海軍特殊部隊用の潜水時計として発表されたのです。これが世界初のモダン・ダイバーズウォッチと言われる由縁になります。

フィフティファゾムスが発表された3年後の1956年に一回り小さいモデルとしてバチスカーフはリリースされ、当初からベゼルが金属製(おそらくアルミ製)で針もバータイプでした。

高級機の雰囲気を持つスポーツウォッチ

バチスカーフを一言で言えば、高級機の雰囲気を持つダイバーウォッチです。ちょっと乱暴な言い方をすると、「筋肉バカでは無い」スポーツウォッチとも言えます。

300M防水のダイバーズウォッチでも、厚みが約1.1㎜(10.8㎜)と極薄、なおかつ100時間のロングパワーリザーブを備えていることが特徴です。38㎜のケース径で重量も約70g前後と軽く、従来のダイバーズウォッチとは全く異なります。

高級機らしい気品さを感じる点はやはり文字盤の仕上げの良さとムーブメントに起因します。文字盤はブルーのサンレイ仕上げ、海をイメージさせる深い青は光の加減で青または黒に変化し、さながら深い海の海面のようです。

そこへ太陽光が注ぐと放射状に筋線が伸びて、文字盤にこれまでとは違う雰囲気の輝きを見せてくれます。サファイア風防はドーム型で光の乱反射も少なく、太陽光の下でも時間がハッキリと読み取れます。

文字盤と同系色のストラップは、デザイン性に優れてシティーユースでも違和感なく使える装いです。従来のダイバーズウォッチはモノトーン色モデルが多いのが特徴でした。

近年は各社陸上で使う事が常識化し、ブランパンでも従来のカラーの他に、ホワイトやグリーン・ダイヤルのモデルまで出ています。これらはフォーマルなドレスシーンや仲間内のパーティーでも問題無く使えるでしょう。

シティーユースとスポーツどちらでも使える

バチスカーフはフィフティファゾムスの弟モデル的な印象を持っている人もいるかもしれません。

現行品はフィフティファゾムスペンシル針リーフ針アラビア数字、バチスカーフはローソク針バーインデックスで統一、フィフティファゾムスはサファイアクリスタル製ベゼルに対して、バチスカーフはセラミックベゼルというように明確な区分がされています。

専門誌は前者をヘリテージ、後者であるバチスカーフはより初代モデルをスポーティーに解釈したとされています。僕もそれには同感で、弟モデルより、シティーユースに特化したダイバーズウォッチという印象です。

現に真っ先に感じたことが「軽いダイバーズ!」という事でした。これまで使った事のあるダイバーズウォッチや試着した物と比較すると明らかに軽量で、異次元のダイバーズです。

軽量ゆえ長時間装着しても腕の疲労感は殆ど感じません。もしかすると、プロユースのダイバーウォッチは浮力のある水中使用を想定しているため、ある程度重量感ある製品に特化しているのかもしれません。

しかし現代のダイバーズウォッチの主戦場は陸上(おか)です。そう考えると軽量かつスタイリッシュでカジュアルな装いのダイバーズの方が使い勝手が良いと思います。その上でダイバーズウォッチが持つ特性を活かした時計造りをするべきでしょう。

ダイバーズウォッチはその特性からもスポーティーなシーンこそ最適です。例えば軽いダイバーズウォッチだとランニングにも使えます。元々水に強いので汗も問題無く、あまり知られていませんが振動にも強い構造です。

また逆回転ベゼルは簡易ストップウォッチとしても使えるので、幅広いスポーツ・シーンへ応用できます。スポーツ後はそのままシャワーを浴びる事もでき、ロッカーでの盗難の不安も全くありません。

ダイバーズウォッチとは思えない薄型ムーブメント

キャリバー1150ムーブメントは、フレデリック・ピゲ社のキャリバー1150をベースにした信頼性の高いムーブメントです。デザイン(設計)は開発時のままにゼンマイにシリコンを採用して耐磁性をアップしています。

このムーブメントの最大の特徴は3.25㎜の薄さでも100時間のパワーリザーブを持つ事です。実際同社のドレスウォッチ、ヴィレルにも登載できるほどの薄い仕上げになります。

使っていて感じる事はローターの巻き上げの良さと「カチカチ」という音が殆どないことです。ムーブメントは平面に置き少し傾けるだけで、ローターがクルリと回転しゼンマイを巻き上げます。この軽やかさは衝撃的でした。

「カチカチ」音が少ないのはおそらく部品同士のエネルギー効率が良いからなのでしょう。つまり部品を磨き上げて摩擦を軽減し、熟練の職人が神業的な組み立てを施していると推測できます。

210個の部品数もダイバーズウォッチ・ムーブメントとしては異色です。近年のスポーツウォッチは耐久性向上のため、殆どのメーカーで部品数は100個前後迄に抑えています。それにも関わらず倍近い部品数を使用することはひとえに精度の探求と考えられます。

実際このバチスカーフは手元に来て以来一度も「時刻合わせ」をしていません。クロノメーター認定の私物ティソ・バラードですら、1週間に一度は時刻合わせをしていました。数秒のズレが許せない人以外は一ヶ月に一度程度の時刻合わせで十分だと僕は思います。

ムーブメントの基本設計はしっかりしており、長い年月をかけて熟成したワインのような仕上がりです。ノウハウも蓄積され信頼性が、極めて高いことは間違いありません。

意外に知られていませんが、バチスカーフにはハック機能(秒針停止機能)がありません。秒単位でしっかりと時刻合わせしたい人には不向きな時計ですが、前述したように高精度なので、ハック機能は必要ないかもしれませんね。

バチスカーフのライバルとなるモデルとの違いは?

価格的には2022年2月時点で、ロレックス社サブマリーナーがノン・デイトモデルで99万(税込)デイト付で111万円なので、このバチスカーフ(全機種デイト付)の販売価格103万円と大きな差はありません。

両者の最も大きな違いはパワーリザーブの差です。バチスカーフはこの5100-1140が100時間となっておりサブマリーナーと、30時間以上の差があります。

もう一つ挙げるとするなら、ケース厚みの差です。

一般的に機械式時計は薄い時計ほど高級と言われます。設計の観点で見ても厚みとパワーリザーブの長さは比例するものです。サブマリーナより薄く(約2㎜以上の差)パワーリザーブは30時間長いと、相反する事実。

バチスカーフはそれだけ優れた設計(デザイン)のもと、造られた時計であることを(薄くてパワリザが長い事)時計のスペックが証明していると僕は考えています。

あくまでも個人的意見ですが、サブマリーナーより僕はバチスカーフの方が好みです。軽くてダイバーズウォッチの基本性能を兼ね備えたバチスカーフを腕時計ビギナーの人たちもぜひ体験してください。

初めて購入する腕時計はどのように選ぶ?選ぶ3つの基準を考察する

時計ライターという仕事柄、若い人たちから、「最初の腕時計選びはどのように選ぶのか?」という質問を受ける事があります。簡単なようで難しい質問、経験を積んだから正しく選べるか、といえばそうではありません。ただ、最低限抑えて欲しいポイントを3つばかり紹介します。ぜひ参考にしてください。

まず「機械式」か「クォーツ」かを決める

まず腕時計は大きく分けて「機械式時計」と「クォーツ時計」に分かれます。このはそれぞれに長所と短所があります。

機械式時計はゼンマイの駆動力(ほどける力)で歯車が針を動かします。一般的に高級時計といえば機械式時計の事です。長所としては定期的なメンテナンス・修理さえ施せば、半永久的に動き、将来資産価値が出るモデルもあります。

ただネジを長期間巻かないでいると止まるのが難点です。精度もクォーツ時計より劣り、日差で10秒近いズレが生じます。磁性体金属を使用しているため、磁気と衝撃にも弱く、パソコンの操作時やスポーツでは、それらの影響を受けないような配慮が必要です。

一方の「クォーツ時計」はステップモーターを電力で動かす時計になります。長所としては精度が高い(月差10秒)事と、価格の安さです。また磁気の影響を受ける事が少なく、機械式時計ほど電化製品の磁気に関して神経質になる必要はありません。

短所としては電子回路を使用しているため、動かなくなった場合回路は交換となり修理は不可能です。また電池切れに際し、一部モデルを除き予告無く止まる事があります。またほとんどのモデルで、機械式時計のような資産価値は期待できません。

腕時計の第一歩としてはこのような「機械式時計」、「クォーツ時計」どちらかを選ぶ事になります。どちらがベストかその人のライフスタイル・嗜好によって決めるのが一般的です。

ただ、腕時計選びに正解はありません。自身のライフスタイルを見つめて時計にお金をかけたく無ければ、数千円から1万円程度のクォーツ腕時計を選ぶのも良いでしょう。また本格的に費用をかけて、機械式時計を購入するのも腕時計をよく知るきっかけになります。

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/3184603/

いずれにしても現代社会では腕時計は無くても生活はでき、困る事はまず無いでしょう。しかし不要と考える人がただ「ビジネスマナー」だけの理由で購入するのには、賛同できません。それならば初志貫徹して腕時計不要の生活をして欲しいです。

やはり腕時計を購入するには「クォーツ時計」であれ、「機械式時計」であれ目的を持ち購入するべきだと僕は考えます。目的を持ち購入すると腕時計ライフもより充実したものになり、楽しむことができます。

腕時計を使うシーンを決めると目的が絞られる!

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/1223649/

繰り返しますがはじめて腕時計購入を検討している人は、その目的を決めるべきです。ただ、何となく購入するのは、できれば避けましょう。もし、その目的がイメージできない人は使うシーンを思い浮かべてください。

その腕時計をどんなシーンで使うか具体的に決めると、購入する時計の目的が見えてきます。例えば仕事用として、スーツに合う時計を使うならシンプルな三針時計が最適です。時間が即座にわかり、ビジネスのドレスコードにもマッチします。

休日メインでサーフィン用として使いたい人はダイバーズウォッチ、正確な時間測定をしたい人はクロノグラフなど、使うシーンを決めるだけで、腕時計は具体的に絞り込まれてきます。

あと意外に忘れがちなものが、手持ちの衣服との相性です。衣服の相性が全てマッチする万能時計はありません。腕時計購入時には、店舗での試着時に手持ちの衣服との相性を必ずチェックすると良いでしょう。

その時姿見を利用し「鏡に映し出した姿」を見ると、より理想の時計がイメージできてきます。さらに言えば優秀なスタッフさんが居るお店ほど、衣服との相性のアドバイスもしてくれて、鏡もサッと出てくる(ブティックは例外無く出てくる)ものです。

腕時計ビギナーの方が思い浮かべる腕時計の種類は、先ほどの三針時計か、クロノグラフ位だと僕は思います。しかし、最もベーシックな三針時計ひとつに注目しても、ドレスウォッチ、パイロットウォッチ、ダイバーズウォッチなど実に多彩です。

https://www.vacheron-constantin.com/jp/ウォッチ-パトリモニー/オーウ-ァーシース-.html#tab=0

仕事が終っても使えるフォーマルかつスポーティーな時計であれば、ラグジュアリースポーツモデルと言ったように欲しいモデルの焦点が合ってきます。

このように使うシーンを細かく想定、さらに自身が所有する衣服とのコーディネートを考えると相応しい時計は自ずと絞られます。さまざまなシーンを詳細に想定して、可能であれば時計に合わせたい衣服でショップへ行くのがおすすめです。

初めに予算ありきはビギナーにありがちな間違い!

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/4386421/

さて、最終的に候補となる腕時計をどれかに絞り決定する、最大の要因はお金でしょう。しかし腕時計ビギナーがよく犯す過ちがお金・予算だけを注視し過ぎる事です。

初めに予算ありきの買物は、堅実な手法ですが、事腕時計の購入では、そうは言えません。特に腕時計ビギナーはもともと既知のモデル・ブランドが少なく予算だけで切り捨てると実は欲しかった製品を見逃すからです。

こんな事言うと「際限なく高価な時計が欲しくなるのでは?」と心配する人もいるかもしれません。しかし身近で時計に詳しいアドバイザーでも居ない限り、ビギナーが最初から高価な名門ブランドモデルにたどり着く可能性はまず無いと思います。

また意外と思われるでしょうが、お金は何とかなります。もし逆立ちしても払えない金額だったらすんなり諦めるしかありませんが、無理すれば払えるような金額なら、僕は絶対買うべきだと考えます。

僕も過去にロレックスREF14270 エクスプローラーを予算数万円オーバーで、諦めた経験があります。この時も僕の予算との差額は8万円程度だと記憶しています。当時このエクスプローラーはドラマで使用された事で、大ブームとなりました。

何となく「ベタ過ぎる」、そして「予算オーバー」もあって、結果当時正規価格31万円のAir-Kingを36回無金利ローンで購入しました。しかし、今思えば、月払では僅か2千円程度のアップだったのでそれどほど大きな差ではありません。

つまり無理すれば買えた時計でした。当時は予算ばかりに目がいき、肝心な時計の本質に目が全くいきわたりませんでした。このような僕と同意見(お金は何とかなる)の人は案外時計愛好家の中では多いと思います。

候補の時計がお金以外の要因(スペックやデザイン)で迷っているとしたら、その時計は諦めるべきです。しかしお金だけが購入の障害であれば無理してでも買うべきと僕は考えます。

腕時計ビギナーの予算オーバーは大抵の場合、10万円位でしょう。現金一括は現代ではありえません。乱暴な言い方ですが、ローンにしろクレジットカード払いにしても引き落とし日までにオーバーした数千円のお金を何とかすれば良いだけです。

ブランドの壁を越えるとより良い時計に出会えるかも

さてここでもうひとつ、ビギナーが必ずぶつかるのはブランドの壁です。どうしてもビギナーはブランドありきとなりがちですが、固執しすぎるのはよくありません。ブランドの壁を取り払い、固定概念無く選ぶ方が良い時計を選べるはずです。

ビギナーに限りませんが、腕時計の種類・数は実に多く初めからブランドありきにすると、それ以外見向きもしなくなります。ブランドの壁を越えて多くの時計を直に触れたら意外な発見をする事があります。

まずはネットである程度候補となる腕時計をピックアップし、お店で時計を直に触れて試着し購入することがおすすめです。ぜひ最高の「初めて腕時計」を見つけてください。

腕時計は投資、転売では儲からない!3つの理由

「腕時計は儲かるよ」と「根拠の無い噂話」をして来る人、周囲に多いかも知れません。その話を聞いた後、ブックストアの時計雑誌を手にして「ロレックス価格急騰」、「入手困難レアモデルゲット!」という刺激的な記事を見て、「噂」を真に受ける。それだけは絶対に避けましょう。その理由を僕の経験に基づき紹介していきます。

腕時計を投資対象とする人たち!

現代では情報の多くはネットから。僕も前回の記事ではネットからの情報も重要と書いてきました。

そんな時代、僕もウェブライターとして腕時計に関する記事を4年間で200記事以上WEBへアップしてきました。(ライター名無記名も含む)

その中で腕時計投資に関わる記事を一度だけ書いたことがありました。「胡散臭いなあ」と思いつつ「まだまだ時計ライター駆け出し!」と思い直し、我慢して書いていたところ突然、サイトの打ち切りを告げられたのです。

次の記事を書き始めると担当者に告げ、了承を貰った次の日でした。

その担当者は時計の知識は全く無く、当初のテーマは「デイトナ」、それが突然「ヨットマスター」へ変更。それ以降僕はヨットマスターの記事をひたすら5つほど書き続けました。

https://www.tokemar.com/top/rolex/40-126621-10654009/

しかし3つほど書くと徐々にネタも付き、苦戦しながら何とか書き上げると、担当からは「ムーブメントどうこうより、資産価値が上昇すると書いてください」と一方的に言われました。確かに他のライターの記事も皆「資産価値が上昇する!」のオンパレード。

さて閉鎖を告げられた直後から、担当は「お約束の音信不通」。報酬が振り込まれないため、僕はやむ無く運営者(クラウドワークス)へ通報、なんとか書いた分の報酬だけは受け取れました。

儲からないとわかったら、精算もしないで無責任に退散する。僕の中で腕時計を投資対象とする人は「こんな奴」ばかりという想いが刷り込まれました。

もちろんこれは個人的な意見、全ての人がそうだとは思いたくありません。しかし2019年頃は、このようなクライアントが「時計」に限らず多くいました。

「実際に腕時計の価値が上がった話」という見出しの勘違い

2020年の今はどうなんだろう思い、腕時計投資でググると比較的に上の段に「32万円で買って50万円になった腕時計」という記事が、出てきました。興味ある人は読んでみてください。時計に詳しくない人が書く時計の記事はどうなのかと、想い読んでみるとちょっと首を傾けたくなる見出しを発見しました。

このライターが書いた記事内容は時計好きの旦那がIWCのインヂュニア(掲載している写真が本当であれば)とおぼしきアンティークの時計を32万円で購入したと書かれていました。その後、同じモデルの時計が雑誌上では約50万へ上がっていたと記事にしていたのです。

ここで問題なのが、見出し。価値が上がったと書かれていますが、何を根拠に上がったのか、全くわかりません。

儲からない理由①:中古販売価格を価値と誤解する

「雑誌で50万になっていた」と書いていますが、夫が見たという雑誌での価格50万円は何か、全く記述されていません。

雑誌社編集部が算出した、該当モデルの「買取価格」なのか?「中古販売価格」なのか。

前者は僕の経験上考えにくく、「中古販売価格」と思われます。しかし中古販売価格買取価格ではありません。つまりこの情報では32万円で買った時計が50万円になることはありません。

僕が書くとこの見出しは「32万円で購入した時計が雑誌では50万だった。18万得した!」と書きます。見出しの「価値が上がった」は嘘ではありませんが、事実でもありません

前述のライターが書いている記事のサイト運営者は金融業者です。この記事は依頼主のリクエストで、価値が上がると書かされたと僕は推測します。前述にある、僕の場合とほとんど同じだです。僕はヤフオクでの「落札価格の差」を引用するように指示されました。

そもそも販売価格の差は中古品やオークションでは日常的にあります。彼らはなぜか?販売価格の差をまるで価値が上がった、と書かせたがります。

儲からない理由②:仕入費用プラス諸費用があるから

https://www.tokemar.com/top/omega/seamaster/300-210.32.42.20.03.001-a-10711386-clone/

かつての経験から、腕時計を始めとする物販の商いでは最低でも買取金額の倍以上の価格で販売しなければ、商売として成立しないと僕は思っています。仕入金額の倍?そんなにボッタクて良いの?いいえ、そんなにボッてはいません。ちょっと考えれば、倍でなければいけない理由がわかります。

例えば50万円で仕入た時計を100万円で販売すると50万円が残ります。「50万円儲かった!」、これがメルカリやヤフオクだったそれもありでしょう。しかし商売では商品が売れて、陳列棚に空きが出れば、新しい商品を仕入ることが必要です。

そうです、同じ時計を棚に置くためには儲かった50万を全額仕入に使わなければいけません。また、仕入以外にも店舗を構えていれば家賃や人件費も掛かるため、その費用分も捻出するため、仕入は極力圧縮しなければいけないのです。

また高級腕時計は販売サイクルが長く、期内に売れないと仕入も経費計上できません。仕入額の倍で売れても、採算ラインギリギリでしょう。

そこで僕は買取金額=販売価格の半分である事を証明するため、ネット買取販売店一括依頼して買取金額相場を調べたことがあります。下のブランパン、「トリロジーGMT」というモデルを査定して貰いました。

ブランド名:BLANCPAIN(ブランパン)
商品名:トリロジーGMT
型番:GMT2250-1130-71
付属品:箱,保証書
商品の状態:美品
購入時期:10年以上前

ブランパンは、スウォッチ・グループ内でプレステージブランドにカテゴライズされています。ただ、一般的には決してポピュラーなブランドではありません。2000年の正規販売価格は100万円以上する超高級時計で付属品全てありの「完璧な状態」でも買取査定価格は20万円〜28万円という結果でした。

https://www.kame-kichi.com/webitem-11704.html

僕は3社に見積もりしてもらい、一番高い店舗で30万円、価格は上限額(Max)でした。やはり買取額は販売価格の半分以下です。2020年5月頃の中古販売価格は付属品全てありで60万円、その後2020年11月の中古販売価格は40万〜50万円位で推移しています。今査定に出せば20万円が買取相場でしょう。

皆さんも自身の中古時計が購入価格より上がった情報を見ても、一喜一憂しないで冷静に判断して欲しいです。買取相場なのか、中古販売価格なのかしっかり見極めましょう。

また記事に書いている内容もよく読み、見出しに惑わされないように、してください。その時執筆者も時計に精通しているライターなのか、プロフィール欄でチェックしてください。

儲からない理由③ロレックスの中古市場高騰、実感するまで時間が必要

https://www.tokemar.com/top/rolex/daytona/116519-d-b-10703265-clone/

ではなぜネット上で腕時計投資的な情報が蔓延するのでしょう。一番大きな要因はロレックスの中古市場の高騰が要因です。誰もが(時計に興味の無い人)欲しがるロレックスは中古市場が成熟されていることもあり、各モデルの相場もわかりやすく、価格も比較的緩やかに上昇していました。

ところが2018年頃より、新品の並行価格と正規価格の逆転現象に端を発し、中古価格も連動して高騰しました。2020年のCOVID19以降は投機マネーが時計市場から減少したこともあり、価格はいくぶん落ち着いています。しかし最近価格は再び上昇中です。

ロレックスは中古市場がグローバル化して、商品の回転も速く一般的な中古販売価格の8割や7割で買取するという話をよく聞きます。対照的に前述のプランパンのような専門的ブランドだと、結局は販売額の半分以下に落ち着きます。

商品の回転が速いロレックスの人気モデルにフォーカスし、売り買いを繰り返せば多少は儲かるかも知れません。

だた腕時計の売買は価格上昇する迄の期間が長く、金融商品のように短期間で実績をあげるのは難しいと思います。しかし稀に大幅にアップするモデルもあります。海の向こうで実際にあった実例を紹介しましょう。

Sotheby’s(サザビーズ)での実例

2019年にスイス ジュネーブで開催されたオークションハウス、Sotheby’sのImportant watchesで落札されたロレックス「コスモグラフ・デイトナ」REF 6329は1975年に最初の英国人オーナーが134£で購入した時計が、2019年に落札価格701,433£まで上昇しました。45年間で5234倍まで高騰したケースです。Sotheby’s 2019年Important watches

この時計を売ったオーナーは1975年に妻が結婚25周年記念として購入し、夫へプレゼントした製品でした。(リンク先の記事は落札後に更新されています。この内容はオークションが始まる前に書かれていました。)

この時計は当時、発売から8年が経過しても店舗に残っていたモデルだそうです。もし先に他の人が購入していれば、大金を他の人が45年後に手に入れていたでしょう。ワンオーナーのこの時計は、コンディションも良く、時計に奇跡的な変化が起こりました。通常このモデルの文字盤はホワイトと黒のいわゆるポールニューマンダイアルです。しかし黒色が経年劣化でブラウンへ、ホワイトの文字盤がクリームへ綺麗に緑青変色しました。また付属品が当時のまま、正規BOX、ギャランティー、ブックレット、レシートに至るまで全て残っていたためこれだけ高額(96,797,754円、1£=138円で計算)な額へ価値が上昇したのです。

時計で利益を上げるためにはこのように、根気と様々な偶然が必要なのです。

まとめ

腕時計の世界では数十年に一度の周期で、バブル期があります。しかし儲かることは稀です。もし時計の売買で利ザヤを稼げるなら、業界の人たちは皆クルーザーとフェラーリ、美女に囲まれた日々を過ごしているでしょう。

前回の記事で紹介した時計専門誌「クロノス日本版」編集長の広田雅将編集長が以下のリンクに書いた記事、ぜひ参考にしてください。業界に20年以上精通したこの人が言うことは間違いないでしょう。

時計バブルにご用心

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén