腕時計上級者を目指す、ビギナーと中級者のブログ

タグ: 使いわける腕時計

Wearing the same watch is not cool.

こんにちはGoroです。毎日同じ時計を付けている人、周りに多くありませんか?腕時計ビギナーから抜け出す第一歩、僕は時計を毎日着替える事だと考えます。2つ以上の時計を使い分けて、腕時計ライフを楽しむ方法を伝授します。

毎日同じ時計はクールでは無い!

実は今回の記事は僕のInstagramアカウントと連携した記事です。僕の私物時計5つで、どのように腕時計ライフを楽しんでいるかを紹介しています。「毎日同じ腕時計はクールでは無い」、#(ハッシュタグ)wearingwatchcomをつけて毎日postしています。

僕はまず、「シーン(ビジネスor休日)」、「天候(晴、雨)」によって使い分けます。特にビジネスでは細かく使い分けるのが、ポイントです。旧来から日本社会は「高級時計を良しとしない」風潮があります。

当初この風潮は日本固有の物と僕は思っていました。しかし世界を見渡してみると、高級時計へのやっかみは少なくからずあるようです。そうなると、ビジネスシーンにおいてもタイプの違う時計を使い分ける事は「リスクマネージメント」上、必要な事と言えるでしょう。

得意先に行く時やうるさい上司が会社に居る日は、控え目な時計へ着替えるようにするだけでストレスは格段に減ります。また休日にスポーツする時は、相応しい時計に着替えるとスポーツだって俄然面白くなるはずです。

「万能腕時計」は無い!

僕が時計を着替える理由は単純に「時計の着替え」を楽しめるからです。しかし人によってはスポーツウォッチで全て対応できる世の中になっているから、フォーマルやカジュアル毎に時計を着替える必要は無いという意見もあります。

確かにこの10年で世の中のドレスコードは「イン・フォーマル」化しています。かつては完全に「アウト」だったスポーツウォッチとスーツの組合せは大企業でもタブーではありません。

2021年に就任したバイデン大統領もダイバーズウォッチを執務で愛用している姿が目撃される時代、ダイバーズウォッチを装着してオフィスへ行くスタイルはグローバルスタンダード化しています。

現に御堂筋線で見かける大阪・会社員たちの袖口から覗く腕時計は「スーパーオーシャン」(ブライトリング)やポルトギーゼ(IWC)を皆、違和感なくつけています。

ラグスポ」が出てきた背景は、世の中のインフォーマル化も大きな要因です。しかし、「万能服」が無いのと同じく、「万能腕時計」も存在しません。ラグスポも、どこかラグジュアリーな演出が必要なシーンでこそより映えます。

それ以外のシーンではどうしても時計ばかり目立ち過ぎ、それに違和感を抱く人だってゼロではありません。フォーマル用の腕時計、休日用の時計という風に使い分け着替えた方が無難です。

同じ時計を毎日つけるのはパワーリザーブが短い時の名残

ではなぜ、多くの人々は毎日同じ時計を使う様になったのでしょう?

僕が考えるいちばんの理由は1970年代以前、腕時計が全て機械式だった時代の「名残」です。当時のムーブメントは機械式で「自動巻き」が主流となってきて「手から外さない限り止まらない!」と世間では言われ続けていました。

僕も父からよく「時計は手から外さないようにすると止まらない」と言われていました。

昔の腕時計は手から外すと約30時間前後で止まります。前日に外した腕時計は翌日の午前中位までしか動かないものでした。写真のSEIKO5みたいですね。

「皆と同じ」であることに安心感を抱く日本人の国民気質もあり、社会に気が付かない内に浸透し、年月を経て「時計を着替えない事」を誰もが疑問に思わなくなっている可能性は否定できません。

コスパのみを考えない!

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/4386373/

未だに「これ1本で十分です!」なんて言っている時計ショップの店員さんも稀に居ますね。営業する立場でこの言葉を使う気持ちは痛いほどよく、わかります。しかしユーザー目線で考えた時、その言葉は理に叶ってはいません。

僕も「この1本で十分!」そう思って、20年前にロレックスのAir-kingを購入しました。もちろんAir-kingは万能時計じゃありません。また、「長く使えるから、これひとつにすれば、コスパも良い!」という意見も耳にします。

耐久性の高い高級時計を、毎日使い続けることは一見すると合理的。しかし、今の時代は時計が無くても生活に支障をきたすことはありません。

むしろ腕時計を持つことでの心理面での好影響にもっと注目すべきです。ただ、そこで得られるものを全て正確に計算することは一筋縄でいきません。

きっと何年か経過してその効果を実感できると僕は考えます。目先のコスパばかり注目している位なら逆に時計は持たない方が賢明です。

値段がリーズナブルなブランドを知る

しかし、「コスパのみを考えない」と言って、あまりにコストを無視しての腕時計購入は、さすがにおすすめできません。やはりある程度、ブランドの価格帯を計算して購入することは重要です。

その昔、良い腕時計ほど価格は高いものでした。良質な時計はどうしても職人の手作業による割合が高くなり、その分生産量も少なくなって価格が高くなります。

しかし21世紀に入り、工作機械の性能が進歩しミクロン単位での切削加工が容易になったのです。工作機械の導入で生産量も増え、質の高い時計の大量生産が可能になります。

その結果、ここ数年20万円を切る価格の腕時計でも、質感は高級メゾンの製品とほとんど変わらないほど品質が高くなっています。ではどんなブランドが工作機械の性能アップによる恩恵を受けているのでしょう?

僕が知る範囲では「オリス」、「ティソ」、「ボールウォッチ」、「モーリスラクロア」、「ノルケイン」、「フォーメックス」などがその代表的な、ブランドです。これらのブランドの腕時計であれば質も高く、リーズナブルな価格で、2つ以上の時計が買えます。

まとめ

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/380782/

毎日違う時計を付ける習慣で重要なことはどの腕時計が似合うか考える事です。見られることを意識するだけで、見た目はクールになるはずです。もちろん時計だけで女性にモテル訳ではありません。

ただ毎日決まりきったひとつの時計を使いづけるのでは無く、時計と服装の組合せを日々考える事で、間違いなく自身に似合うスタイルを追及するはずです。当然時計に対してもそれは同じ。

時計とスタイルとの相性を考えていると、時計に対する目利き力も自然にアップします。目利きができるようになると、俄然時計への興味が増すはずです。

正解はありませんが、まずはできる限り購入し、手首に付ける事から始めましょう。

ティソ(Tissot)の腕時計を公式サイトで、購入しよう!

こんにちはGoroです。東京、大阪では緊急事態宣言によって外出がほぼ不可になりました。しかしそんな時こそ、オンラインで時計を購入しませんか?僕が日頃から購入しているティソは元々ネット販売に実績があります。ティソのようなブランドこそオンラインがおすすめです。その理由を紹介します。

ティソの腕時計とは

Tissot Ballade

ティソの腕時計を知っている人はそう多くは無いと思います。1853年スイスのルロックルで創業した、現在はスウォッチグループに属し、売上で世界7〜10位のブランドです。

機械式ムーブメントを搭載した腕時計が日本円換算で、ほとんどが10万円代か、それ以下で購入できます。

多くの人はそれを聞いて、「大丈夫?」と思うでしょうが、心配には及びません。一度でも手にしてみれば質感の良さに驚き、ティソの腕時計を一度でも手にすれば他のブランドに対する評価が厳しくなると思います。

価格を下げられる一番の要因はグループ内にETAがあるからです。世界最大のムーブメント会社から良質で精度の高いムーブメントを安定的に提供してもらい時計を生産でき、無駄なコストを極力省けます。

これはスウォッチグループ傘下のブランド全てに該当する事で、ETAのムーブメントをベースにしていることで同グループは発展してきました。

ティソを購入するならオンラインがおすすめ

さて緊急事態宣言下でもあり、ティソの時計購入を考えているならオンラインで購入がおすすめです。もともとティソはブティックが東京(銀座・代官山)と大阪(戎橋)しか無く、デパートでも取扱店舗が多くありません。

そのため宣言下でなくても、購入するのはオンラインの方がはるかに利便性は高いです。ティソの公式HP内が直営のECサイトになっています。また楽天内にもティソの公式サイトがあるので、クレジットカードによっては楽天を選ぶのも良いでしょう。

そして、ティソは早い時期からオンラインでの販売に積極的なブランドでした。そのため、オンラインサイトの内容も充実しており、豊富な販売実績もあるため、安心して購入することができます。

ティソ公式オンラインサイト

楽天内ティソ公式オンラインサイト

これは僕の経験ですが、仮に品切れでも、もう一方のサイトには在庫がある可能性が高いです。両方のサイトを梯子してください。

クラシックウォッチやベーシックウォッチに強みがある

ではティソの時計をご存知無い方のために彼らの腕時計の強味はどこにあるのでしょう?僕は「デザイン」だと思っています。特に秀でているのが、クラシックウォッチベーシックウォッチです。

from my account @goroando

私物を2つ紹介します。まずT-ONEはブレスレットタイプの物です。シンプルな三針タイプで、カレンダー表示がデイ(曜日)とデイト(日付)があり、ブレスレットもポリッシュ仕上げでシンプルな中にも少しだけラグジュアリーな装いが特徴です。

もうひとつがバラード、これはデザインにヴィンテージ感がある時計になります。昔僕が持っていたシチズン時計に似た雰囲気がある時計です。しかしムーブメントは最新のパワーマティック80を登載、最長80時間のパワーリザーブとクロノメーター認定モデルになります。

参考まで僕は上の2つのモデルを合計で10万円以下にて購入しています。

人気モデルは?ジェントルマン!限定モデルはお買い得

https://www.tissotwatches.com/ja-jp/catalog/product/view/id/2496/s/t1274071106100/

ティソはパワーマティック80というムーブメントをリリース以降、人気がアップしたような気がします。しかし、何と言ってもラグスポ・テイストの「ジェントルマン」から一気にブレイクしたと僕は思います。

人気ゆえジェントルマンのブルーダイアルは入手が難しい「噂」を聞きます。公式ECサイトも「SOLD OUT」(2021年4月時点)になっています。但し楽天では購入できそうです。ティソは入手が容易ですが、比較的短期間でモデルチェンジを繰り返すのがティソの特徴です。


そのため、もしお気に入りモデルがリリースされましたら、マメな在庫チェックをおすすめします。人気にモデルは今だとやはりブルーカラーモデルスポーツモデルです。また年に数度発売される限定モデルは「お買い得感」があります。

通常は専用ケースと交換ストラップが付属して限定カラー、価格は若干のアップに留めています。最近ではジェントルマンの銀座ブティック限定モデルや同じくジェントルマンの交換レザーストラップ付きのモデルが発売さました。


普段ティソを見ない人はわからないと思いますが、限定モデルは絶対にお買い得です。オプションとして交換レザーストラップや専用ケースが付き、色も他では味わえないオリジナルカラーで、人は違う時計を考えている人にはおすすめできます。

僕もひとつだけ限定モデルをもっていて、スポーツウォッチ「シースター1000」の日本限定モデルです。センス良いシルバーグレーのサンレイ仕上げ(太陽光の様に放射状になった仕上げ)で、見る角度によって色々な表情を見せてくれます。

シルバーと聞くと地味に思う人も多いかもしれません。しかし、デニムからスーツにも合いますし、針にワンポイントで赤色を入れてます。これが良いアクセントになって普段つかいで休日の良きパートナーとして重宝しています。

リーズナブルな価格なので2本以上持てる

僕の過去記事でも複数時計を持つことを推奨しています。例としては服と同じく「着替えて楽しむ」、「嫌味な上司対策」を挙げてきました。それ以外では心理面での効果もあると僕は思います。たとえばルーティンを変えたい、気分を上げたい時、時計を変えるだけで気分が晴れるものです。

ただ、高級時計だとそう多く買う事はできません。しかしティソは財布に優しく確実に2本以上購入できます。

公式サイトはブティックと同じ、実績を積み重ねると特典がある!

ブティックの方が実績が残り将来的に有利なのでは?

ご安心ください。公式ECサイトも購入時にはティソのアカウントが必要です。つまりブティックで買うのと何ら変わりありません。一度でも購入すれば「お得意様」扱いになります。

スイスの時計ブランドで、実績作りは人気モデルゲットの近道です。これはパテック・フィリップオーデマ・ピゲも同じで、一度でもブティックや直営サイトで購入すれば実績としてカウントされます。

具体的な特典,ティソでは「新製品情報」の他に「優先予約」、「誕生日月の割引クーポン(全商品)」を貰いました。どこのブランドでもそうですが、人気商品を手に入れられかどうかは結局購入実績があるかが重要です。

ティソは日本ではまだまだ人気は高くありませんが、もし大ブレイクする製品が出た場合、優先的な権利があるのは、購入実績がある人だけでしょう。

まとめ

人気シリーズ「ジェントルマン」の次にリリースとなったPRXも時計好きの間では仕上がりの良さで、人気となっています。2021年の夏以降にはこのPRXのメカニカル・ムーブメント版が出る予定です。このメカニカル版PRXも人気が予想されます。これから購入を検討している人は早めに公式ECサイトで実績づくりをしてください。

腕時計はいくつ所有するのがベストか?

腕時計ビギナーにとって、時計をいくつ所有するのがベストなのか?悩んでいる人も居るかもしれません。かつては高価な時計を一生モノのとして使うことがトレンドだった時期もありました。しかし僕は複数以上の腕時計を所有して、楽しむことが良いのでは?と、常日頃考えています。腕時計を複数持つことのメリットや持たないことでデメリットになることも含めて紹介します。

腕時計は服と同じ

僕のブログタイトルにあるよう、腕時計を洋服のように着替えて楽しむ。これが僕の持論です。ひとつの腕時計を末永く大切に使うことに関して異論はありません。しかし、ひとつの腕時計で全シーンに対応できるかと言えば、かなり無理があると感じます。

僕らの日常を考えてもフォーマルな装いが必要な日もあれば、気の置けない仲間と過ごすひと時やスポーツでアグレッシブに過ごす日もあるはず。これら全シーンで完璧に対応できる「万能時計」を僕はこれまでに見た事がありません。

幅広いシーンに相性が良い、腕時計は確かに存在します。今流行りのラグスポと言われる、腕時計はスポーツからフォーマルまで、卒なくこなせる腕時計です。しかしこれひとつだけで、完璧か?というと首を縦に振る訳にはいきません。

着替える楽しみ

https://pixabay.com/ja/photos/ハンガー-服-衣料品-569364/

僕は2021年1月時点で5つの腕時計を所有し、さまざまなシーンで使い分けています。使い分ける基準は「気分」や「洋服」、「天候」などです。これらによって細かく使い分けて、時計生活(ウォッチライフ)を楽しんでいます。

複数の腕時計を所有する理由はまず、さまざまな腕時計をつけることで洋服のように着替え感覚で腕時計を楽しめるからです。腕時計それぞれの個性を楽しむことで気分も上がります。

次に腕時計が持つ機能でも使い分けます。これは例を挙げると、雨の日は防水性の高い腕時計、メタルブレスの腕時計というような使い分けです。機能面というより、水濡れを気にしなで使えるというメンタル面の影響が大きいかも知れません。

高級時計嫌いなイヤミな奴対策として

https://pixabay.com/ja/photos/ハンガー-服-衣料品-569364/

世の中には高級時計をする人に対して、「目の敵」にする心狭い人(奴ら)が、少なからず存在します。日頃から人気ブランドのクロノグラフを愛用している人は要注意です。街中で奴らに遭遇しても問題はありません。しかしビジネスシーン(社内、社外)で出会う奴らは厄介です。

どんな人に多いのか?僕の経験からすると、大企業の中間管理職に多い気がします。こういう奴らを見分けるコツは色々ありますが、まずは自分の直感を信じることです。そして君子危うきに近寄らずを実行すべきでしょう。

できれば情報が乏しい取引先、新規訪問先では無難な三針時計をひとつ用意することをおすすめします。しかし僕が彼らに遭遇するとした場合、ジャガー・ルクルトのマスターコントロール(100万円相当)をつけて奴らの前へ登場します。

https://www.jaeger-lecoultre.com/jp/jp/watches/master/master-calendar/4148420.html

そういうつまらん人物に限って、本物を見分ける鑑識眼を持ち合わせていないでしょう。多分名もなき地味な腕時計?と勘違いするのが関の山です。

より長く使うために複数所有する


「高級靴」愛好家もひとつの靴だけで日常生活全てを過ごしているツワモノは居ないでしょう。これは前述にあるように全シーンで対応できる靴(腕時計)は無いと同じです。また靴を長持ちさせるために複数所有する人も多くいると聞きます。


これはほぼ毎日使う腕時計でも同じ。できるだけ長持ちさせるためにはオーバホールも必要ですが、複数所有することで一方の時計の負担を減らし長持ちさせれます。またオーバホール中は修理中の腕時計は当然使用不可です。そういう意味でも時計は複数以上あった方が日常で困りません。

まとめ

腕時計を複数所有する人は時計好きと言われる人以外、そう多くは居ません。しかしもし腕時計に興味を持ち、現在腕時計購入を検討している人は、ぜひ近いうちにもう一本、腕時計を考えるべきでしょう。

僕も現在の腕時計所有数は5本から、6本や10本になった時は今以上に腕時計ライフを楽しみ、腕時計をwearingできると信じてます。ぜひ皆さんも複数以上の腕時計を購入して腕時計ライフを楽しんでください。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén