腕時計上級者を目指す、ビギナーと中級者のブログ

タグ: rolex

ダイアルを彩るデイトカレンダー、ノンデイトが良い!とは言わせない!

こんにちは、Goroです。あるYouTubeで、「腕時計はデイトよりノンデイト!」という趣旨の動画を見ました。「デイトカレンダー腕時計」が好きな筆者としては内心穏やかでは無く、デイトカレンダーの利便性に目を背ける事はできません。デイトカレンダー信奉者、Goroの目線でデイトカレンダーの魅力をたっぷりと紹介します。

デイトカレンダー腕時計は実用的で、美しい

Blancpain Bathyscaphe

デイト付き腕時計の良さは日付確認がスマートにできる利便性です。それ以外に日付や曜日が変わる事で、ダイアル(文字盤)に生じる微妙な変化も美しいと感じています。しかし、前述したように愛好家の間では近年ノンデイト派が増加中です。

増加している理由として、「日々の時刻調整が面倒」という声を多く聞きます。デイトカレンダーの時刻調整の場合、どうしてもAM・PMまでの操作が不可欠です。ノンデイトだと半分の労力で済むという意見にも納得がいきます。

しかし筆者は時刻調整の手間こそ好きなひと時になります。愛用している写真の私物腕時計の週に何度かある操作で、日付が変わる瞬間の「カチッ」という音がした時こそ至福の瞬間です。

ダイアルの微妙な変化以外では、写真トップのバチスカーフのカレンダー窓、ブランドロゴとの絶妙なレイアウトにいつも感服させられます。このレイアウトも緻密に計算されたデザインの筈です。

このようにエレガントなプロダクトはカレンダーそのものが、腕時計をワンランク上に引き上げる重要なファクターとなっています。

指針表示から窓表示のデイトジャストへ

現行腕時計のカレンダーは「窓表示」と、「指針表示」が一般的です。かつては指針表示しか無く、1945年にロレックスが初めてデイトジャストで窓表示を採用して以降、それが主流となりました。

デイトジャスト以前はカレンダーを腕時計に登載する事への関心は少なく、一部の高級機種に採用される位でした。当時のデイトジャストはヒットしない、と考えて発表したのかも知れません。

しかし、当時の関係者の思惑を凌ぐ空前の大ヒットとなり、それ以降カレンダーへの関心も高まります。

この機構はダイアルの下にデイト・ディスクを取り付けてダイアルに窓穴を空けます。そうすることで不要な情報をダイアル下に隠せる事も、関係者からは好意的に映ったようです。

というのも、指針表示機能だとダイアル上に「全ての情報」を表示しなければいけません。デイト・カレンダーだと1〜31までの数字、目盛りを印字すると、全体のレイアウトが煩雑化します。

それに対して窓表示方式では不必要な情報が隠れて、結果ダイアル全体がスッキリし、見栄えも良くなる事も特徴です。

実際ロレックスはデイトジャストのヒット後にダイアルの空きを生かすべく、デイデイトを1956年に発表します。フルスペル表示で曜日が読みやすく、窓は12時の位置にバランス良くレイアウトされて、同社の更なる高評価へとつながります。

オリス・ポインターデイト

ただ、指針表示のカレンダー機能が完全に無くなった訳ではありません。写真のオリスのビッグクラウン・ポインターデイトは指針表示の代表としても有名です。同社は指針表示が高級機に限定された事で、他社との差別化に成功しています。

デイトカレンダーはアイコン

https://www.instagram.com/p/CigtHhKPakx/?utm_source=ig_web_copy_link

スポーツモデルやラグスポではデイトカレンダーが無く、ノンデイトの方がデザイン的にスッキリするという声が多いのも事実です。ただ仮に、カレンダーが無ければやはりデザイン的に寂しい気がします。

往年のラグスポでありアイコンである、ヴァシュロン・コンスタンタンの222は「ヒストリーク222」として2022年に復活、細部は現代風に再解釈しつつデイトカレンダーは当時のままに採用しています。この歴史的事実こそ、カレンダー小窓が、ダイアルのデザインを損ねない根拠です。

名機のデザインは常に計算されている

あらためて「名機」たちのデイトカレンダーが採用されたダイアルを見ると溜息が出ます。それぞれを眺めると、美しさの秘密は計算されたデザイン(設計)から成る造形美だと実感できます。

ここ数年ノンデイトの方が良いという意見を多く聞き、将来的にデイトカレンダーが無くなる日が来るかも知れません。しかし現行のデイトカレンダーのモデルはどれも素晴らしいデザインのものばかりです。

ぜひ皆さんもデイトカレンダーを再評価してください。デイト・ノンデイトを書いた過去記事もぜひ読んでください。

Rolex(ロレックス)がサッカーをサポートしない理由とは

こんにちはGoroです。今回から僕が過去に他のサイトで書いてきた記事をこのサイトで再び書いていきます。原文は2017年に書いた記事で、今思えば少し恥ずかしい内容も含まれています。今回紹介するのは「ロレックスがサッカーをサポートしない理由」を2021年目線で書き直し紹介します。

Rolex(ロレックス)がサポートするスポーツアスリートは?

このブログ内のロレックスに関する記事はこちらもあります。

2021年4月にRolexゴルフファミリーの一員である松山英樹選手がマスターズで優勝しました。他にはテニス、F1を始めとするモータースポーツ、ヨット、馬術競技をロレックスはサポートしています。

そこで、ひとつ疑問が、そう世界最大の競技人口を抱え、全世界で人気あるサッカーへのサポートが無い事です。

企業イメージを考えた場合、多くのサポーターを抱えているサッカーは商品(時計)への波及効果も期待でき、現にウブロタグホイヤーは積極的にサッカーをサポートしています。

なぜロレックスはこれまでサッカーをサポートしてこなかったのでしょう?

サッカーは労働者のスポーツ、労働者階級こそ彼らの顧客

この記事を書いた当時、僕が真っ先に思いついた理由はサッカー(フットボール)が労働者のスポーツと言う事でした。そして、ロレックスの考える顧客層と一致しないという考えは今考えると間違いですね。ロレックスの製品価格帯の多くは「手の届く高級時計」です。

高級時計のイメージがありますが、実は多くの製品は100万円以下の製品が大半になります。労働者階級の消費者であっても少し頑張れば、彼らだって購入できる製品構成で、そう考えた時、むしろサッカーを愛する労働者階級の人たちも彼ら(ロレックス)の重要な顧客なのです。

フットボールプレイヤーは評価基準が簡単では無い

2021年4月時点で最も妥当なのではと考える理由が、「サッカーは選手評価が難しい」点です。もちろん選手のポジションによってある程度評価の線引きをすることはできます。

例えばストライカーであれば、「ゴール」という目に見える数字で評価基準が現れてきます。しかし、それ以外のポジションではゴールすることが難しく、数値も付くことなく評価できません。MFやDFがどんなに素晴らしいパスを通しても、せいぜいアシストが付くくらいでしょう。

守備の要ゴールキーパーも評価基準が難解です。失点するしないも結局は周囲との連携で左右されます。周囲との連携は攻撃陣の得点にも反映されます。

チーム競技ゆえ、攻撃・守備選手双方共に評価基準の難しさは否めません。このことがロレックスがサポートできない理由なのではと、僕は考えます。

レコード=記録のストーリーが見えにくい

「ストーリーが見えにくい」このことが最も大きな理由で無いかと僕は考えます。同社HP「ロレックスの世界」に掲載されているアスリートは皆、レコード=記録がストーリーとして記されています。

サッカーは特にレコードの反映される要素が国籍や所属クラブに左右されることも、公平さに欠くとロレックスに判断されているかも知れません。

国籍による大会「FIFAワールドカップ」とクラブによる大会「UEFA チャンピオンズリーグ」の地位の変化も背景にはあるでしょう。1990年代以降、明らかにクラブレベルによる大会である「UEFAチャンピオンズリーグ」が名実共に世界一の大会へと成長していることも選手の評価を複雑にしています。

そしてレコード(記録)を破るストーリーが他の競技より見えにくい。サッカー選手の場合結局成功の証の多くが「人の評価」なのです。勝利数やメジャータイトルと言った数字が見えてこないことがその理由なのでしょう。

実はアメリカ市場で人気が無いから?

サッカーの世界は市場が巨大な割にアメリカでは人気が無いことが特徴です。この事もロレックス好きが多いアメリカ人に響かないと考えている可能性も考えられます。ただ巨大マーケットゆえいつロレックスが進出してもおかしくありませんね。

2021年4月20日頃より、ヨーロッパではビッグクラブが主導した新リーグ創設案、ESL(ヨーロッパ・スーパー・リーグ)が、サポーターからの猛抗議に逢い、参加を表明していた12クラブ中9クラブが離脱、計画が頓挫しています。それだけ社会への影響力が多い市場で、拡大要素もあり時計業界も参入を試みるブランドもまだまだあるでしょう。

ただ、もうひとつのロレックス人気国のイタリアは、サッカー好きです。やはりこれも無理があります。

まとめ

当時の記事を見る度にかなり拙い時計知識で書いていたと、痛感します。また当時の僕はロレックスの(20年以上前より)購入しづらくなった価格設定に相当憤慨して記事を書いていました。

アクセス数は少ない記事でしたが、当時のサイト編集責任者からこの記事を褒められた事で、今回取り上げました。2021年目線で書き直したこの記事、また数年後に機会あれば書き直してみたいです。

なぜ、ロレックスがサッカーをサポートしない本当の理由はロレックスのCEOであるジャン=フレデリック・デュフォーにインタビューでもしない限り、わかりません。しかし、こう言った想像、興味を消費者に与えるだけでもロレックスは凄いブランドだと、言えるでしょう。

腕時計で心を整える、長谷部誠選手に学ぶ、時計で人生を豊かにする術

こんにちはGoroです。プロ・フットボールプレイヤーに腕時計好きが多い事はよく聞きます。その中でも長谷部選手の腕時計好きはこれから「時計収集」を検討中の人にも参考にして欲しい「術」です。腕時計でどのように「人生を豊かに過ごすのか?」、彼の著書やその他の情報を交え紹介します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

HODINKEE Japan Edition Vol.1 [ ハースト婦人画報社 ]
価格:3300円(税込、送料無料) (2021/4/12時点)


腕時計で心を整える

「99.9%この夏で現役を終えるつもりだった」これはあるインタビューでの長谷部選手のコメントです。2021年時点で37歳、彼はなぜ、レベルの高いヨーロッパ3大リーグのひとつ、ブンデスリーガの中で最年長選手として在籍して出場を続けられているのでしょう。

僕は彼が好きな事である「腕時計」にも真剣に向き合い、時計から醸し出させる雰囲気があたかも「ガソリンの添加剤」の役割を果たしていた。僕はそう感じています。

長谷部誠選手は10年ほど前、自身のベストセラー著書「心を整える」の記事にも腕時計の趣味について、語っています。

一般的なトップアスリートはブランドとアンバサダー契約を交わし、その腕時計を付けている映像がこれまで多く見られます。

2019年契約更新時のInstagram

しかし、長谷部選手はあくまで自身のポケットマネーから好きな時計を購入して、彼自身の拘りでセレクトしているのが特徴です。彼は著書の中で「好きな物(腕時計)に心を委ねる」としています。

そう、腕時計で心を整えているのでしょう。上のInstagramでもデイトナですかね?こう言う重要な席で彼は必ずロレックスと同席します。

長谷部誠選手とは?

さて、長谷部選手のプロフィールと歩んできたキャリアを紹介します。2021年4月時点で、ブンデスリーガのアイントラハト・フランクフルト所属で1984年1月18日生まれ、現行のクラブとの契約期間は2022年6月までです(公式サイトより)。

サッカーも好きなGoro目線だと、ストロングポイントがわかりにくいプレイヤーです。もちろん浦和レッズ時代から知っていましたが、これほどまでヨーロッパで長くプレーし、日本代表の中心選手になるとは全く予想しませんでした。

理にかなった時計ロレックスは長谷部選手を体現している

ではなぜ名門浦和レッズは彼をスカウトしたのか?僕の所蔵していた雑誌にヒントがありました。(記事最上段の写真)

スポーツ雑誌Numberの記事(732号)によれば、レッズのスカウト宮崎正義氏は母校である藤枝東へ定期的に視察訪問、そこで長谷部選手のプレーに興味を持ったとしています。当時の藤枝東の監督へ興味を伝えたところ「彼は大学進学だよ。」と即答、獲得は難しい旨を伝えています。

彼が高校時代注目されていなかった理由は身体能力の弱さ、サッカー王国静岡県内の同年代選手で、トップ評価を受けていた選手では無いことからです。本人も大学推薦が決まった事で満足し、プロ行きは「もっと先の世界」と感じていたことは間違いありません。

ではフットボールプレイヤー目線で、長谷部選手のサッカースキルはどうなのか。同じNumberの記事で田中達也選手の長谷部選手評も「アイツは上手い選手では無いから」と答えています。

しかし前述した浦和のスカウト宮崎氏は、「スーパーなプレーは無いけど技術力の高さとミスの少なさ」が目を惹き、宮崎氏は長谷部選手へ正式にオファーを出します。

宮崎氏は彼のプレーが「理にかなったプレイヤー」と見ていたのでしょう。それは長谷部選手がロレックスを気に入った理由、理にかなった時計と重なります。

写真は彼がACLで優勝した時手にしたのがGMTマスター。ただし彼のモデルはTiffany(ティファニー)とのダブルネーム、23万円で知人から譲ってもらったそうです。

意外に楽観的で、ロマンチスト

「マコト、人生は一度しかないんだよ。男なら思いきって挑戦するべきじゃないのか?」(著書:心を整えるより)

長谷部選手の祖父はこう言ってただひとり、マコト選手のレッズ行きの背中を押してくれたそうです。

マコト選手は著書で、スカウトからの評価を聞いているうちに、浦和でプレーして成功している姿を思い描いた、と書いています。優等生タイプの彼からは想像がつかない、ロマンチストな一面です。

もちろん、祖父からの一言も大きかったと、書いています。

腕時計に興味を持ったのは浦和入団4年後、ロレックスを見てカッコイイと思って好きになったとしています。初めて購入したのは浦和レッズが優勝した時に先輩選手から勧められて、サブマリーナを持ったそうです。

腕時計好きは鈍感力がある?独自の世界観を持つ!

さて、長谷部誠選手は「浦和レッズ入団」、入団2年目以降はレギュラーの座を不動にします。クラブは黄金期の真っ只中で、その若手中心選手として、活躍していました。

https://www.rolex.com/ja/watches/submariner.html

しかし、彼が典型的な優等生タイプだとしたら、2008年にブンデスリーガへの移籍を決断していなかったと僕は思います。浦和はビッグクラブで年俸も高額、残る方が堅実です。

何となく一般的な「長谷部誠像」に違和感を感じていた僕にある人物のYouTubeが答えをくれました。

それは鈴木啓太氏のYouTube、彼は長谷部選手を「鈍感力がある」と評しています。決して繊細な選手では無かったそうです。氏曰く、鈍感力で周りから余計な声をシャットアウトできた、これが成功の要因と分析しています。

言い換えれば、独自の世界観を持っていたのでしょう。腕時計好きは僕を含めて独自の世界観を持っている人が多いです。長谷部選手も好きな時計の世界に入り込み、リラックスしてサッカーへ集中しているのでしょう。

そして長谷部選手の公式インスタグラムには若い頃と変わらないサブマリーナやデイトナが手首に輝いています。

僕はそんな彼の一途さにも好感を感じます。だって、彼ほどの年俸を貰っていれば、ロレックスより更に格上のパテックオーデマピゲに手を出したっておかしくありません。しかし彼はロレックスを「理にかなった時計」として10年以上に渡り愛用しています。

この辺は皆さんの評価同様に真面目ですね。そしてロレックス独自の世界観を確立しているのでしょう。

まとめ

長谷部誠選手が息の長いプレイヤーとして、第一線で活躍している理由は、彼の弛まない努力強いメンタルが大きな要因です。しかし、彼の活躍をサポートしている腕時計の存在も見逃せません。皆さんも腕時計をこのように活用し、人生を豊かに過ごしてください。

腕時計の「質感」は重要、押さえておきたい3つのポイントは?

前回の記事で腕時計は質感が大事と書きました。しかし質感とは何を基準に良し悪しを判断すべきか、腕時計ビギナーの人は特に見当が付かないかもしれません。質感の判断は経験による物が多く、主観的な色が強いです。そこで今回、最低限のポイントに着目し、質感を正しく見極めるポイントを3つほど紹介します。

基準となる時計を決める、ロレックスがおすすめ

初めての時計で質感の良し悪しを測る時、一番難しいところは基準をどこに置くかです。しかし基準が決まるとそれ以降の判断は驚くほど簡単になります。

「基準にする時計」選びのポイントは何でも良いと思いますが、価格が一定以上の腕時計、名の知れたブランドを選択することです。そうなるとやはりロレックスが最適な気がします。

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/47856/

ロレックスは質の高い良質な時計ブランドです。ブレスレット(金属ストラップ)の時計が多いところも「質感の基準」を測るのに最適です。また生産本数も多く、周りに所有している人が多く居ることで必然的に触れる機会も多くなります。

もちろんロレックス以外でも問題ありません。触れる機会があるブランドの時計を積極的に触るようにして自分の中の質感基準を養ってください。では以下で3つのポイントを具体的に示します。

①見た目の質感も重要

質感は何も「触感」だけとは限りません。見た目の質感も僕は重要だと思います。そのためブティックや販売店では時計を手首につけて、鏡に写し客観的に見るのもおすすめです。

さらに目線を変えて時計をさまざまな角度から見ると、時計は思いもしない表情を見せてくれることがあります。僕は文字盤の6時の方向から覗き込むようにして、インデックスの立体感や時針と分針、秒針の隙間を眺めます。良い時計ほど、ここからの眺めが美しく僕は好きです。

➁ブレスレット、ケース周り、重量感は必須

手首につけてそれだけで終わりではもったいない。できれば、そのまま店員さんの許可を得取り、可能な限り触れるようにしてください。触る箇所はブレスレット時計ケース周り、そして手のひらにも時計を載せてみてください。

ここでもし、手首の上で重く感じなかった時計がずっしりと感じた時、その時計は良質な時計だと、僕は思います。

③先入観を持たない!情報は最小限に

質感を確かめる時、重要な事は対象となる腕時計に先入観を持たない事を心がけることです。対象となる時計の情報はスペック程度に留めておいてください。そこへ値段の情報が入ると、判断基準が揺らぎます。

どうしても高い時計=良い時計、低価格の時計=質が低いと思い込むからです。時計の良し悪しを価格だけで判断するのでは無く、質感で時計の良さを見極めて欲しいです。

もちろんある程度、場数を踏めば価格情報が入っても判断はつきますが、最初の頃はできるだけ質感を確かめたあとにプライスタグを見るように心がけて下さい。

なぜ質感が腕時計では重要か?

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/3832033/

では質感がなぜ腕時計では重要なのでしょう。僕は腕時計が肌に直接触れる物だからと、認識しています。腕時計は手首で輝いてこそ、価値を実感できます。

付け心地が良く、見た目も良いことが腕時計を長く愛せる秘訣だと僕は考えています。

そして、質感がもたらすサプライスも僕はいつも楽しみにしています。前述で質感を確かめる前にプライスタグを見ないと書きましたが、質感を確かめた後に値段を知りびっくりしたことも多いです。

例えば僕のブログ内に画像として載せている「ティソ」の腕時計が該当します。初めてティソの店舗で手にした時の質感と価格のギャップは今でも忘れません。あれから僕の中の時計ブランドのヒエラルキーが崩れ、それ以降より多くの時計を見たり、聞いたり、触ったりすることが重要だと痛感しました。

時計の質感を楽しもう

質感を見る時のマナーとして、ブティックでは許可を頂き、できるだけトレー上で時計を手首に載せてください。また試着は決して時計の質感の良し悪しだけを見極めるためにするのでは無く、純粋に時計を楽しむ気持ちを忘れずに付けると、楽しみが増します。

質感の良い時計は値段だけでは測れません。自分の五感だけが頼りです。

ぜひ時計の質感を楽しみ良い時計を見つけてください。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén