腕時計上級者を目指す、ビギナーと中級者のブログ

カテゴリー: 時計の魅力

「現代の錬金術師」ショパールが産み出す「アルパインイーグルの魅力」

こんにちはGoroです。何度か書いている「アルパイン・イーグル」ですが、見れば見るほど魅せられるタイムピースになります。2019年に発表されたばかりのこのモデルの魅力は端的に言えば質感です。しかし筆者は何よりショパールというブランド自体が金属を知り尽くしているのが大きいと思っています。どんな事なのでしょう?

ステンレスの魅力を最大限に引き出す、ルーセント・スティールA223

アルパイン・イーグルのダイアル。鷲(ワシ)の瞳からインスピレーションを受けている

実機を見ていつも思う事は、ルーセント・スティールA223の質感です。質感は手に触れた感触もそうですが、何より見た目の良さも見逃せません。実はGoroは学生時代に「金属工学」を専攻してきました。

講義では教授達が「鉄は最強の金属」と繰り返していました。それは決してポジショントークでは無くそれが紛れもない事実だからです。鉄(Fe)は「硬さと強さ」を備えています。

通常世の中にある物質は硬さを持っているとその分だけ脆くなる性質を持っている事が特徴です。ガラスやセラミックがその代表で、一方向だけの力には耐えられても捻りが加わると割れてしまいます。

アルパインイーグルのエッジにも注目してください

ルーセント・スティールA223はオーストリアの鉄鋼会社フェストアルピーネ社がショパールと共同開発したオリジナルのステンレスです。(詳しくはこちらの過去記事を参照してください。)

硬さを強化して輝きを増す事で、ステンレスをワンランク上に引き上げる術は現代の「錬金術」だと筆者は考えます。実機を見れば一目瞭然です。

忘れてはいけない優れたムーブメント、スポーツウォッチの哲学を忘れない点も好感!

アルパインイーグル XLクロノグラフ

外見ばかりに目を囚われてはいけません。実はショパールは彼らの自社製ムーブメントも必見です。写真のXLクロノグラフ、実は「フライバック」になります。筆者はこのフライバックが欲しくてたまりません。

もし可能ならばもう少し「価格が安ければ・・・」と思うのですが実機を手にした瞬間にそんな想いはぶっ飛びました。この質感でこの価格は納得できる!

またこのクロノグラフの防水性にも驚きです。10気圧という事はプールで泳ぐ程度であれば十分に使用できます。これまでGoroが見てきたクロノグラフの大半は3気圧程度でした。

3気圧ではどうしてもプールに持っていくのは心配ですね。そしてレザーストラップと違い、ブレスレットは水の心配が無くスポーツウォッチの基本と言っても良いでしょう。

今回、新作でラバーストラップモデルをリリースしています。彼らは、このアルパインイーグルをスポーツウォッチとして認識しており、その哲学が揺るがない時計造りにも好感が持てます。

皆さんもぜひ、アルパインイーグルを検討してください。

ダイアルを彩るデイトカレンダー、ノンデイトが良い!とは言わせない!

こんにちは、Goroです。あるYouTubeで、「腕時計はデイトよりノンデイト!」という趣旨の動画を見ました。「デイトカレンダー腕時計」が好きな筆者としては内心穏やかでは無く、デイトカレンダーの利便性に目を背ける事はできません。デイトカレンダー信奉者、Goroの目線でデイトカレンダーの魅力をたっぷりと紹介します。

デイトカレンダー腕時計は実用的で、美しい

Blancpain Bathyscaphe

デイト付き腕時計の良さは日付確認がスマートにできる利便性です。それ以外に日付や曜日が変わる事で、ダイアル(文字盤)に生じる微妙な変化も美しいと感じています。しかし、前述したように愛好家の間では近年ノンデイト派が増加中です。

増加している理由として、「日々の時刻調整が面倒」という声を多く聞きます。デイトカレンダーの時刻調整の場合、どうしてもAM・PMまでの操作が不可欠です。ノンデイトだと半分の労力で済むという意見にも納得がいきます。

しかし筆者は時刻調整の手間こそ好きなひと時になります。愛用している写真の私物腕時計の週に何度かある操作で、日付が変わる瞬間の「カチッ」という音がした時こそ至福の瞬間です。

ダイアルの微妙な変化以外では、写真トップのバチスカーフのカレンダー窓、ブランドロゴとの絶妙なレイアウトにいつも感服させられます。このレイアウトも緻密に計算されたデザインの筈です。

このようにエレガントなプロダクトはカレンダーそのものが、腕時計をワンランク上に引き上げる重要なファクターとなっています。

指針表示から窓表示のデイトジャストへ

現行腕時計のカレンダーは「窓表示」と、「指針表示」が一般的です。かつては指針表示しか無く、1945年にロレックスが初めてデイトジャストで窓表示を採用して以降、それが主流となりました。

デイトジャスト以前はカレンダーを腕時計に登載する事への関心は少なく、一部の高級機種に採用される位でした。当時のデイトジャストはヒットしない、と考えて発表したのかも知れません。

しかし、当時の関係者の思惑を凌ぐ空前の大ヒットとなり、それ以降カレンダーへの関心も高まります。

この機構はダイアルの下にデイト・ディスクを取り付けてダイアルに窓穴を空けます。そうすることで不要な情報をダイアル下に隠せる事も、関係者からは好意的に映ったようです。

というのも、指針表示機能だとダイアル上に「全ての情報」を表示しなければいけません。デイト・カレンダーだと1〜31までの数字、目盛りを印字すると、全体のレイアウトが煩雑化します。

それに対して窓表示方式では不必要な情報が隠れて、結果ダイアル全体がスッキリし、見栄えも良くなる事も特徴です。

実際ロレックスはデイトジャストのヒット後にダイアルの空きを生かすべく、デイデイトを1956年に発表します。フルスペル表示で曜日が読みやすく、窓は12時の位置にバランス良くレイアウトされて、同社の更なる高評価へとつながります。

オリス・ポインターデイト

ただ、指針表示のカレンダー機能が完全に無くなった訳ではありません。写真のオリスのビッグクラウン・ポインターデイトは指針表示の代表としても有名です。同社は指針表示が高級機に限定された事で、他社との差別化に成功しています。

デイトカレンダーはアイコン

https://www.instagram.com/p/CigtHhKPakx/?utm_source=ig_web_copy_link

スポーツモデルやラグスポではデイトカレンダーが無く、ノンデイトの方がデザイン的にスッキリするという声が多いのも事実です。ただ仮に、カレンダーが無ければやはりデザイン的に寂しい気がします。

往年のラグスポでありアイコンである、ヴァシュロン・コンスタンタンの222は「ヒストリーク222」として2022年に復活、細部は現代風に再解釈しつつデイトカレンダーは当時のままに採用しています。この歴史的事実こそ、カレンダー小窓が、ダイアルのデザインを損ねない根拠です。

名機のデザインは常に計算されている

あらためて「名機」たちのデイトカレンダーが採用されたダイアルを見ると溜息が出ます。それぞれを眺めると、美しさの秘密は計算されたデザイン(設計)から成る造形美だと実感できます。

ここ数年ノンデイトの方が良いという意見を多く聞き、将来的にデイトカレンダーが無くなる日が来るかも知れません。しかし現行のデイトカレンダーのモデルはどれも素晴らしいデザインのものばかりです。

ぜひ皆さんもデイトカレンダーを再評価してください。デイト・ノンデイトを書いた過去記事もぜひ読んでください。

名門の中に宿る斬新さ!ショパール アルパイン・イーグル!

往年の名モデルを新モデルとして!

ショパール大丸心斎橋ブティックで撮影、サンプル品

ショパールの「アルパイン・イーグル」は1980年から約10年間発売された「サンモリッツ」というモデルを再解釈したモデルとして、2019年に新作として発表されたラグジュアリースポーツモデルです。

折しもアルパイン・イーグルが発表された2019年は世界的に腕時計のラグジュアリースポーツモデルの全盛期、時計愛好家たちのハートをまさに「鷲(わし)」掴みに大ヒットしました。だた、このモデルは決して流行りだけに乗った訳ではありません。

往年の人気モデルの開発者(現社長)の息子がアーカイブから見つけ出し、社長へ復活を直訴。家族間で4年近い歳月をかけて議論して、作り上げた魂のこもった力作です。名作をトリビュートしつつ斬新なモデルを作りたかったショパール創業家の意気込みが感じられます。

新ステンレスを鉄鋼会社と共同開発

https://pixabay.com/photos/acetylene-aluminium-aluminum-blow-1239322/

最大の特徴はアルパイン・イーグルに使用されている鋼材、「ルーセント・スティールA223」というオーストラリアの鉄鋼会社と共同開発した、独自のステンレス鋼です。この鋼材は従来のステンレス鋼より不純物を少なくして硬度を高め輝きを増しています。

ご存知無い方もいるかもしれませんが、ステンレスの主成分は鉄(Fe)です。その鉄にニッケルとクロムを添加して作られた合金になります。一般的にクロムを含有する事で鉄の表面に薄い酸化被膜を形成します。

このことで鉄が空気中の酸素と結合しないためにさびにくくなるのです。

またステンレスはJIS(日本工業規格)やISO(国際規格)といったような規格に基づき製造されます。これは添加するクロムやニッケルによって機械的性質(硬いや軟らかい、酸に強い弱い)が変化するため、一定の規格を設けて製造することで品質を担保します。

日本ステンレス協会HP参照

そのため成分割合も工場のラインで大量生産するのが通常です。それゆえルーセントスティールのようにこれまでに無い成分比率だとゼロから工場ラインを設定する必要があります。これはコスト面を考えると決して好ましいものではありません。

ファミリー企業だからできる英断!

https://www.chopard.com/ja-jp/watch-universe/alpine-eagle-universe/alpine-eagle-rebirth-of-an-icon.html

腕時計で最も多く採用されているステンレスは316Lステンレス鋼で、素材の良さはもちろんですが、これまで腕時計業界以外の業種で使用されてきた実績と安心感が多くのブランドで採用されてきた理由です。

腕時計の場合肌に直接触れるものだけにルーセント・スティールA223の導入にあたっては他業種の実績が無い事で、採用までのプロセスにはかなりの困難を極めた事が想定されます。実際ショパールも3年近い年月をこの材料の導入に費やしたそうです。

製造ノウハウから人体への影響のデーターを最初から収集することはメーカーとしてはできれば避けたい事でしょう。また「入手ルートが限られているリスク」もブランドとしては無視できません。

万が一入手先でトラブルがあった場合、その製品は即座に製造中止へ追い込まれます。

一般的な会社だと、「リスクが高い」として無難な材料の採用に落ち着くのが常です。家族経営であるショパールだからこそ「代えがたい素材」としてルーセント・スティールA223の採用を英断できたと筆者は考えています。

美しいだけでは無い、心地よい装着感

2019年アルパインイーグルが発表された年、WEBで初めてこのモデルを見た時はただ漠然と「デザインが優れている」といった印象だけが残りました。その後品薄状態が続き、2022年5月にやっと実機を見ることができたのです。

まず目が奪われるのは印象的なブルー・ダイアル(文字盤)です。筆者も同じく、写真から伺う事のできる青はあたかも「氷河の奥底にうっすらと見える独創的な深い青色」になります。

そして鷲(ワシ)の虹彩(瞳の模様)をイメージした、文字盤の放射状の筋はゆったりとした渦を描いています。この筋目は電解メッキした文字盤に手作業で筋彫りした模様です。そのため文字盤が個体毎に僅かに異なります。

これまでに見たことの無い輝く白銀色のケース本体が印象的でした。また装着すると通常のステンレス鋼よりも明らかに軽く、手首に馴染むフィット感は忘れられません。

そのフィット感の源はケースの薄さが要因と推測します。10㎜を切る脅威の9.7㎜はGoroが所有する機械式時計のどの製品より薄いものです。重量を調べたところ150gなので、そんなに軽いわけではありません。

これも個人的な意見ですが、薄さによりフィット感が増し、それによって重さが時計全体に分散されたために軽く感じたのではと思います。

長い目で経営を考えられる

ショパールの「こだわりのモノづくり」は直近10年だけで考えると、経済的には非効率に映ります。しかし、創業者一族だからこそできる、こだわりのモノづくりは決して非効率では片付けられません。

アルパイン・イーグルは間違いなくショパールの未来を担うアイコンモデルとしてこれからも後世へ伝えられていくと思います。100年単位のモノづくりは長い目で見れば後世から評価されるマスターピースとなるはずです。

スポーティーな要素も満載のアルパイン・イーグル、この時計を相棒にしてください。

こちらの記事も読んでください。http://176.34.18.90/wearing-watch/to-buy-over1myen-watches-not-fool/

ブランパン・フィフティファゾムス・バチスカーフ、1ヶ月体験記

ブランパン・バチスカーフ5100 1140 O52Aはフィフティファゾムスの製品の中でもケース径が38㎜というミニマルなサイズ感ですが、ダイバーズウォッチとしての醍醐味が損なわれない時計造りも特徴です。各ブランドのダウンサイジングもあって、ここ数年注目されています。ひと月程体験したこのモデルのレビューを紹介します。

モダン・ダイバーズウォッチの祖!

1735年創業のブランパンがフィフティファゾムスを発表したのは1953年。このモデルが生まれたきっかけは2人のフランス海軍士官がさまざまな時計ブランドへ足を運び、彼らのミッションに耐えうる防水時計を探したからとされます。

https://www.blancpain.com/en/brand/our-vision/history

当時彼らの要求を満たす防水時計は皆無、そこで既知の潜水用具会社を通じてブランパンCEOジャン-ジャック・フィスターと出会った事から、新製品(フィフティファゾムス)を開発するに事へ至ります。

有名なロレックス社のサブマリーナーが発表された1954年の前年にフィフティファゾムスはフランス海軍特殊部隊用の潜水時計として発表されたのです。これが世界初のモダン・ダイバーズウォッチと言われる由縁になります。

フィフティファゾムスが発表された3年後の1956年に一回り小さいモデルとしてバチスカーフはリリースされ、当初からベゼルが金属製(おそらくアルミ製)で針もバータイプでした。

高級機の雰囲気を持つスポーツウォッチ

バチスカーフを一言で言えば、高級機の雰囲気を持つダイバーウォッチです。ちょっと乱暴な言い方をすると、「筋肉バカでは無い」スポーツウォッチとも言えます。

300M防水のダイバーズウォッチでも、厚みが約1.1㎜(10.8㎜)と極薄、なおかつ100時間のロングパワーリザーブを備えていることが特徴です。38㎜のケース径で重量も約70g前後と軽く、従来のダイバーズウォッチとは全く異なります。

高級機らしい気品さを感じる点はやはり文字盤の仕上げの良さとムーブメントに起因します。文字盤はブルーのサンレイ仕上げ、海をイメージさせる深い青は光の加減で青または黒に変化し、さながら深い海の海面のようです。

そこへ太陽光が注ぐと放射状に筋線が伸びて、文字盤にこれまでとは違う雰囲気の輝きを見せてくれます。サファイア風防はドーム型で光の乱反射も少なく、太陽光の下でも時間がハッキリと読み取れます。

文字盤と同系色のストラップは、デザイン性に優れてシティーユースでも違和感なく使える装いです。従来のダイバーズウォッチはモノトーン色モデルが多いのが特徴でした。

近年は各社陸上で使う事が常識化し、ブランパンでも従来のカラーの他に、ホワイトやグリーン・ダイヤルのモデルまで出ています。これらはフォーマルなドレスシーンや仲間内のパーティーでも問題無く使えるでしょう。

シティーユースとスポーツどちらでも使える

バチスカーフはフィフティファゾムスの弟モデル的な印象を持っている人もいるかもしれません。

現行品はフィフティファゾムスペンシル針リーフ針アラビア数字、バチスカーフはローソク針バーインデックスで統一、フィフティファゾムスはサファイアクリスタル製ベゼルに対して、バチスカーフはセラミックベゼルというように明確な区分がされています。

専門誌は前者をヘリテージ、後者であるバチスカーフはより初代モデルをスポーティーに解釈したとされています。僕もそれには同感で、弟モデルより、シティーユースに特化したダイバーズウォッチという印象です。

現に真っ先に感じたことが「軽いダイバーズ!」という事でした。これまで使った事のあるダイバーズウォッチや試着した物と比較すると明らかに軽量で、異次元のダイバーズです。

軽量ゆえ長時間装着しても腕の疲労感は殆ど感じません。もしかすると、プロユースのダイバーウォッチは浮力のある水中使用を想定しているため、ある程度重量感ある製品に特化しているのかもしれません。

しかし現代のダイバーズウォッチの主戦場は陸上(おか)です。そう考えると軽量かつスタイリッシュでカジュアルな装いのダイバーズの方が使い勝手が良いと思います。その上でダイバーズウォッチが持つ特性を活かした時計造りをするべきでしょう。

ダイバーズウォッチはその特性からもスポーティーなシーンこそ最適です。例えば軽いダイバーズウォッチだとランニングにも使えます。元々水に強いので汗も問題無く、あまり知られていませんが振動にも強い構造です。

また逆回転ベゼルは簡易ストップウォッチとしても使えるので、幅広いスポーツ・シーンへ応用できます。スポーツ後はそのままシャワーを浴びる事もでき、ロッカーでの盗難の不安も全くありません。

ダイバーズウォッチとは思えない薄型ムーブメント

キャリバー1150ムーブメントは、フレデリック・ピゲ社のキャリバー1150をベースにした信頼性の高いムーブメントです。デザイン(設計)は開発時のままにゼンマイにシリコンを採用して耐磁性をアップしています。

このムーブメントの最大の特徴は3.25㎜の薄さでも100時間のパワーリザーブを持つ事です。実際同社のドレスウォッチ、ヴィレルにも登載できるほどの薄い仕上げになります。

使っていて感じる事はローターの巻き上げの良さと「カチカチ」という音が殆どないことです。ムーブメントは平面に置き少し傾けるだけで、ローターがクルリと回転しゼンマイを巻き上げます。この軽やかさは衝撃的でした。

「カチカチ」音が少ないのはおそらく部品同士のエネルギー効率が良いからなのでしょう。つまり部品を磨き上げて摩擦を軽減し、熟練の職人が神業的な組み立てを施していると推測できます。

210個の部品数もダイバーズウォッチ・ムーブメントとしては異色です。近年のスポーツウォッチは耐久性向上のため、殆どのメーカーで部品数は100個前後迄に抑えています。それにも関わらず倍近い部品数を使用することはひとえに精度の探求と考えられます。

実際このバチスカーフは手元に来て以来一度も「時刻合わせ」をしていません。クロノメーター認定の私物ティソ・バラードですら、1週間に一度は時刻合わせをしていました。数秒のズレが許せない人以外は一ヶ月に一度程度の時刻合わせで十分だと僕は思います。

ムーブメントの基本設計はしっかりしており、長い年月をかけて熟成したワインのような仕上がりです。ノウハウも蓄積され信頼性が、極めて高いことは間違いありません。

意外に知られていませんが、バチスカーフにはハック機能(秒針停止機能)がありません。秒単位でしっかりと時刻合わせしたい人には不向きな時計ですが、前述したように高精度なので、ハック機能は必要ないかもしれませんね。

バチスカーフのライバルとなるモデルとの違いは?

価格的には2022年2月時点で、ロレックス社サブマリーナーがノン・デイトモデルで99万(税込)デイト付で111万円なので、このバチスカーフ(全機種デイト付)の販売価格103万円と大きな差はありません。

両者の最も大きな違いはパワーリザーブの差です。バチスカーフはこの5100-1140が100時間となっておりサブマリーナーと、30時間以上の差があります。

もう一つ挙げるとするなら、ケース厚みの差です。

一般的に機械式時計は薄い時計ほど高級と言われます。設計の観点で見ても厚みとパワーリザーブの長さは比例するものです。サブマリーナより薄く(約2㎜以上の差)パワーリザーブは30時間長いと、相反する事実。

バチスカーフはそれだけ優れた設計(デザイン)のもと、造られた時計であることを(薄くてパワリザが長い事)時計のスペックが証明していると僕は考えています。

あくまでも個人的意見ですが、サブマリーナーより僕はバチスカーフの方が好みです。軽くてダイバーズウォッチの基本性能を兼ね備えたバチスカーフを腕時計ビギナーの人たちもぜひ体験してください。

初めて購入する腕時計はどのように選ぶ?選ぶ3つの基準を考察する

時計ライターという仕事柄、若い人たちから、「最初の腕時計選びはどのように選ぶのか?」という質問を受ける事があります。簡単なようで難しい質問、経験を積んだから正しく選べるか、といえばそうではありません。ただ、最低限抑えて欲しいポイントを3つばかり紹介します。ぜひ参考にしてください。

まず「機械式」か「クォーツ」かを決める

まず腕時計は大きく分けて「機械式時計」と「クォーツ時計」に分かれます。このはそれぞれに長所と短所があります。

機械式時計はゼンマイの駆動力(ほどける力)で歯車が針を動かします。一般的に高級時計といえば機械式時計の事です。長所としては定期的なメンテナンス・修理さえ施せば、半永久的に動き、将来資産価値が出るモデルもあります。

ただネジを長期間巻かないでいると止まるのが難点です。精度もクォーツ時計より劣り、日差で10秒近いズレが生じます。磁性体金属を使用しているため、磁気と衝撃にも弱く、パソコンの操作時やスポーツでは、それらの影響を受けないような配慮が必要です。

一方の「クォーツ時計」はステップモーターを電力で動かす時計になります。長所としては精度が高い(月差10秒)事と、価格の安さです。また磁気の影響を受ける事が少なく、機械式時計ほど電化製品の磁気に関して神経質になる必要はありません。

短所としては電子回路を使用しているため、動かなくなった場合回路は交換となり修理は不可能です。また電池切れに際し、一部モデルを除き予告無く止まる事があります。またほとんどのモデルで、機械式時計のような資産価値は期待できません。

腕時計の第一歩としてはこのような「機械式時計」、「クォーツ時計」どちらかを選ぶ事になります。どちらがベストかその人のライフスタイル・嗜好によって決めるのが一般的です。

ただ、腕時計選びに正解はありません。自身のライフスタイルを見つめて時計にお金をかけたく無ければ、数千円から1万円程度のクォーツ腕時計を選ぶのも良いでしょう。また本格的に費用をかけて、機械式時計を購入するのも腕時計をよく知るきっかけになります。

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/3184603/

いずれにしても現代社会では腕時計は無くても生活はでき、困る事はまず無いでしょう。しかし不要と考える人がただ「ビジネスマナー」だけの理由で購入するのには、賛同できません。それならば初志貫徹して腕時計不要の生活をして欲しいです。

やはり腕時計を購入するには「クォーツ時計」であれ、「機械式時計」であれ目的を持ち購入するべきだと僕は考えます。目的を持ち購入すると腕時計ライフもより充実したものになり、楽しむことができます。

腕時計を使うシーンを決めると目的が絞られる!

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/1223649/

繰り返しますがはじめて腕時計購入を検討している人は、その目的を決めるべきです。ただ、何となく購入するのは、できれば避けましょう。もし、その目的がイメージできない人は使うシーンを思い浮かべてください。

その腕時計をどんなシーンで使うか具体的に決めると、購入する時計の目的が見えてきます。例えば仕事用として、スーツに合う時計を使うならシンプルな三針時計が最適です。時間が即座にわかり、ビジネスのドレスコードにもマッチします。

休日メインでサーフィン用として使いたい人はダイバーズウォッチ、正確な時間測定をしたい人はクロノグラフなど、使うシーンを決めるだけで、腕時計は具体的に絞り込まれてきます。

あと意外に忘れがちなものが、手持ちの衣服との相性です。衣服の相性が全てマッチする万能時計はありません。腕時計購入時には、店舗での試着時に手持ちの衣服との相性を必ずチェックすると良いでしょう。

その時姿見を利用し「鏡に映し出した姿」を見ると、より理想の時計がイメージできてきます。さらに言えば優秀なスタッフさんが居るお店ほど、衣服との相性のアドバイスもしてくれて、鏡もサッと出てくる(ブティックは例外無く出てくる)ものです。

腕時計ビギナーの方が思い浮かべる腕時計の種類は、先ほどの三針時計か、クロノグラフ位だと僕は思います。しかし、最もベーシックな三針時計ひとつに注目しても、ドレスウォッチ、パイロットウォッチ、ダイバーズウォッチなど実に多彩です。

https://www.vacheron-constantin.com/jp/ウォッチ-パトリモニー/オーウ-ァーシース-.html#tab=0

仕事が終っても使えるフォーマルかつスポーティーな時計であれば、ラグジュアリースポーツモデルと言ったように欲しいモデルの焦点が合ってきます。

このように使うシーンを細かく想定、さらに自身が所有する衣服とのコーディネートを考えると相応しい時計は自ずと絞られます。さまざまなシーンを詳細に想定して、可能であれば時計に合わせたい衣服でショップへ行くのがおすすめです。

初めに予算ありきはビギナーにありがちな間違い!

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/4386421/

さて、最終的に候補となる腕時計をどれかに絞り決定する、最大の要因はお金でしょう。しかし腕時計ビギナーがよく犯す過ちがお金・予算だけを注視し過ぎる事です。

初めに予算ありきの買物は、堅実な手法ですが、事腕時計の購入では、そうは言えません。特に腕時計ビギナーはもともと既知のモデル・ブランドが少なく予算だけで切り捨てると実は欲しかった製品を見逃すからです。

こんな事言うと「際限なく高価な時計が欲しくなるのでは?」と心配する人もいるかもしれません。しかし身近で時計に詳しいアドバイザーでも居ない限り、ビギナーが最初から高価な名門ブランドモデルにたどり着く可能性はまず無いと思います。

また意外と思われるでしょうが、お金は何とかなります。もし逆立ちしても払えない金額だったらすんなり諦めるしかありませんが、無理すれば払えるような金額なら、僕は絶対買うべきだと考えます。

僕も過去にロレックスREF14270 エクスプローラーを予算数万円オーバーで、諦めた経験があります。この時も僕の予算との差額は8万円程度だと記憶しています。当時このエクスプローラーはドラマで使用された事で、大ブームとなりました。

何となく「ベタ過ぎる」、そして「予算オーバー」もあって、結果当時正規価格31万円のAir-Kingを36回無金利ローンで購入しました。しかし、今思えば、月払では僅か2千円程度のアップだったのでそれどほど大きな差ではありません。

つまり無理すれば買えた時計でした。当時は予算ばかりに目がいき、肝心な時計の本質に目が全くいきわたりませんでした。このような僕と同意見(お金は何とかなる)の人は案外時計愛好家の中では多いと思います。

候補の時計がお金以外の要因(スペックやデザイン)で迷っているとしたら、その時計は諦めるべきです。しかしお金だけが購入の障害であれば無理してでも買うべきと僕は考えます。

腕時計ビギナーの予算オーバーは大抵の場合、10万円位でしょう。現金一括は現代ではありえません。乱暴な言い方ですが、ローンにしろクレジットカード払いにしても引き落とし日までにオーバーした数千円のお金を何とかすれば良いだけです。

ブランドの壁を越えるとより良い時計に出会えるかも

さてここでもうひとつ、ビギナーが必ずぶつかるのはブランドの壁です。どうしてもビギナーはブランドありきとなりがちですが、固執しすぎるのはよくありません。ブランドの壁を取り払い、固定概念無く選ぶ方が良い時計を選べるはずです。

ビギナーに限りませんが、腕時計の種類・数は実に多く初めからブランドありきにすると、それ以外見向きもしなくなります。ブランドの壁を越えて多くの時計を直に触れたら意外な発見をする事があります。

まずはネットである程度候補となる腕時計をピックアップし、お店で時計を直に触れて試着し購入することがおすすめです。ぜひ最高の「初めて腕時計」を見つけてください。

ベーシック&スポーツ、腕時計2つで全対応できる理由とは?

腕時計ビギナーの皆さんは腕時計をいくつ所有するかで、悩んだことはありませんか?多くの時計を所有する方が良い事だけは理解できるはず。しかし具体的にいくつ所有できれば、あらゆる場面で対応できるか?。これまで300以上の記事をネット上へアップしてきたGoroの経験に基づく「ベストな腕時計の数」を今回特別に紹介します。

ベーシックウォッチとスポーツウォッチ、2つあれば全シーンで対応できる

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/2-2705910/

さて、以前書いた記事では複数必要と曖昧な表現になっていました。実際に腕時計をいきなり5個も6個も購入することは、腕時計ビギナーの皆さん、上級者でも勇気が必要です。そこで、僕は腕時計は最低2つ所有することを皆さんへおすすめします。

しかしただ数(2つ)だけ揃えれば良い訳ではありません。ベーシックウォッチスポーツウォッチの2つを用意することがポイントです。ではなぜ、ベーシックウォッチとスポーツウォッチがあると良いのか?それぞれ説明しましょう。

ベーシックウォッチの強み

写真1:僕の私物Tissot Ballad

ベーシックウォッチは別名シンプルウォッチ、クラシックウォッチとも呼ばれます。ケースの形状はラウンド(円形)、時針、分針、秒針の3つの針から成る時計です。

写真1のアップ写真

このベーシックウォッチの優れている点は飽きの来ないシンプルなデザインと、腕時計本来の良さをミニマルに凝縮していることにあります。いわゆる腕時計の定番です。

時計専門誌クロノスのWEB版では、2020年がベーシックウォッチの当たり年と結論づけています。これは各ブランドの普遍的なデザインが再評価された事と、時計自体の実用性がアップしたことも大きいと僕は感じました。

最新のベーシックウォッチにはロングリザーブと耐磁性能が備えられている

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/2092479/

「ベーシック」で伝統的なデザインだけを継承するのでは無く、ディテールをアップグレードする。2020年各社はベーシックウォッチにも一定以上の実用性を備え、成功へと導きました。特に外から見えないムーブメントの部品に最新テクノロジーを注ぎベーシックウォッチの完成度を高めたのです。

例えば機械式時計のパワーリザーブは(駆動時間)60~70時間以上にアップされています。これにより計算上では2日間時計を使わなくても、3日目の朝、時計が止まっていることはありません

さらにパワーリザーブと併せて耐磁機能アップも各ブランドは尽力しました。

PCやスマホを始めとするエレクトロニクス製品が溢れる現代社会では腕時計にも耐磁性能は必須です。スマホに時計を近づけるなというのも無理があります。

耐磁の 種類JIS保証水準          内容
非耐磁 時計1,600A/m1990年までの輸出検査で行われていた基準値。耐磁時計以外でも基本的に満たされるレベル。
第1種 耐磁時計4,800A/m磁気に5㎝まで近づけてもほとんどの場合性能を維持できるレベル。
第2種 耐磁時計16,000A/m磁気に1㎝まで近づけてもほとんどの場合性能を維持できるレベル。
https://www.jcwa.or.jp/time/knowledge/magnetic.html

一般社団法人日本時計協会では腕時計の耐磁性能は「非耐磁時計」、「第1種耐磁時計」「第2種耐磁時計」の3つに分類しています。内容は上の表を参照してください。

この基準はJISにも規定されており、JISはISO(国際標準化機構)とも必ず規格を対応させており、この耐磁機能も第1種、第2種ともに対応させています。ということは、耐磁性能ありとする時計は最低でも上の表の第1種耐磁時計以上の機能が備わっているはずです。

参考:1600A/mはISO規格では20ガウスに相当。(1A/m=0.0125ガウス)第2種耐磁時計で、200ガウス。

最新の機械式腕時計にはシリコン部品を採用しています。これにより耐磁機能の向上ロングパワーリザーブを両立させて、外見は優しく中身はパワフルに腕時計の性能アップをさせています。

写真1のバラードも耐磁機能があってパワーリザーブは80時間あるベーシックウォッチです。(耐磁数値は非公開)

スポーツウォッチの強み

写真2:僕の私物Tissot Seastar-1000 JAPAN LIMITED

次にスポーツウォッチ、これはクロノグラフやダイバーズウォッチが該当します。僕のイチ押しが、ダイバーズウォッチです。理由はまず逆回転防止ベゼル!。

逆回転ベゼルを備える事で、時計にアクセントをもたらしケースも大型となり存在感とファッション性がアップします。僕はこの逆回転防止ベゼルを「簡易ストップウォッチ」として重宝しています。その操作は簡単で、直観的にわかる、使い勝手が良さも特徴です。

ショッピングモールでの無料駐車時間枠の計測、冷蔵庫のフリーザーでビールを急速冷凍する時にベゼルを現在時刻にセットするだけで、計測ができ、日々の生活で役立ちます。

何より高い防水性を誇るダイバーズウォッチは日常生活で水を全く苦にしません。洗い物も時計をつけたまま、水を被っても平気です。

同じスポーツウォッチのクロノグラフはどうしてもプッシュボタン操作があるため防水性の面で心配。また耐久性も部品数が多く、ダイバーズウォッチと比較した場合その差は明らかです。

耐磁機能もダイバーズウォッチはJIS規格(ISOと同じ)で第2種耐磁時計義務付けられているため磁気帯びの心配もほぼ要りません。

ルーティンやターンオーバーで楽しむ

さて僕はベーシックウォッチは出勤用時計として、ダイバーズウォッチは休日に付けることをルーティン化しています。僕はルーティン化によってメリハリをつけ、自分自身のモチベーションアップにつなげています。

これは人により、さまざまでしょう。お決まりじゃつまらないという人はルーティンのターンオーバーもおすすめです。

僕も基本気まぐれな人間です。毎回お決まりでは飽きます。気分や服のコーディネートによってルーティーンを変えてつけていく時計をターンオーバーする時もあります。

特に40代以下の若い人は毎回同じ時計をしていると同僚や部下に気づかれることもあります。腕時計だってファッションアイテムのひとつです。服装同様に日々の腕時計にも配慮しましょう

ベーシックウォッチとスポーツウォッチの2つ持ちをすることで、最強のコーディネートが実現可能です。また2つ時計があれば、ひとつが故障しても慌てる事なく「腕時計ロス」の無い日常を過ごせます。

まとめ

靴にしろ、服にしろどんなに良い物を身に着けても、毎日同じ物を着けていると、痛みも早くなります。身につける物は複数で使い分ける方が長持ちします。これは腕時計も同じです。2つ時計を持てば、日常生活を快適に過ごせます。

ベーシックウォッチスポーツウォッチ2つ持ちで、腕時計ライフを楽しんでください。

腕時計ビギナーが役立つ、ロレックス6個の魅力

腕時計初心者が最も欲しがるブランドといえば、ロレックスでしょう。しかし、ロレックス を欲しがる人はビギナーだけではありません。腕時計上級者、筋金入りのコレクターもロレックスを愛して止まない人は多くいるもの。今回はロレックスの魅力をわかりやすく紹介します。ぜひ購入時の指針にしてください。

①潜水艦のハッチと同じ、堅牢なリューズ

https://www.rolex.com/ja/about-rolex-watches/waterproofness.html

ロレックスの優れた点としてまず挙げられることは高い防水性です。

その防水性の高さはオイスターケースとネジ込み式のリューズにあると言われます。今では他のブランドも採用するネジ込み式のリューズはロレックスの特許でした。

簡単に説明すると潜水艦のハッチのような構造になっています。時間調整するためにムーブメントと外部をつなぐリューズは水が侵入しやすい事が技術者にとって悩みのタネでした。しかしロレックスがこの問題を図3のようなアイディアで特許を1926年に所得、防水性を確保しています。

このようにして高い防水機能の腕時計を発売した事でロレックスの認知度は一気に高まります。それは防水性だけに限った訳ではありません。優れたデザインを持った時計である事も、世界的なブランドにまで上り詰めた大きな要因です。

②アイコニックなデザイン

高い防水性を持ち、アイコニックな「美しいデザイン」の理由は時計を極限まで「ミニマライズ」したからでしょう。特殊時計によく見られた分厚い大型ケースでも無く、程良く手首にフィットします。夜光塗料をタップリと塗り、12時、3時、6時、9時の位置のアワーマーカーはバー、それ以外はドットという文字盤のデザインはパッと見ただけで時間の確認が容易になります。このように文字盤の視認性を良くする事に特化したことで、結果として美しいダイアルデザインに仕上がったと僕は考えます。

https://www.tokemar.com/top/rolex/submariner/114060/114060-a-10631463-clone-ja/

「洗練を突き詰めると簡潔になる」レオナルド・ダ・ヴィンチが遺した言葉で、スティーブ・ジョブズがApple製品にその考えを反映させた事でも有名です。この言葉は今やデザイナーにとってはバイブル的な物になっています。サブマリーナ は正にその言葉を体現したモデルです。

発売から約70年経ちますが、スーツにダイバーズウォッチ を合わせてもサブマリーナ は全く違和感無く似合う時計です。

③ロレックスへの手紙「耐久性の実例」

https://www.rolex.com/ja/world-of-rolex/every-rolex-tells-a-story/letters-to-rolex.html

では具体的にロレックスの耐久性はどれほどの物なのでしょう?ロレックス の公式HP「ロレックスへの手紙」を読むと同社に来た顧客からの「お礼状と具体例」が掲載されています。例を挙げるとヨーロッパアルプスの雪氷の中に2ヶ月閉ざされていても動き出すGMTマスターやオーブンで焼かれても風防を交換しただけで、動き出したといった逸話が紹介されています。

ここには掲載されていませんが、僕は1982年に東京で起きた、「ホテルニュージャパン火災」が同社の腕時計の耐久性能を端的に表した事件だと思っています。33名の死者、負傷者34名もにも上った悲惨な火災で、当時犠牲者が付けていたロレックスが遺族のもとに返り、止まっていた時計のねじを巻いたところ腕時計が動き出したという新聞記事を読み、びっくりした記憶があります。当時は記事に「ローレックス」と書かれていた記憶がはっきりと僕の脳裏に蘇ります。

中学生だった僕はあのひどい火災でも時計内部が影響を受けなかった事に大きな衝撃を受けました。

④常に誤操作防止を考慮した時計造り

頑丈な腕時計ロレックスは、「自動巻き」をポピュラーにしたブランドでもあります。手巻きの腕時計はリューズを引っ張り、ゼンマイを巻き上げていました。しかしロレックスのねじ込み式リューズの防水機能を遺憾無く発揮させるにはリューズ操作を極力減らす事が最善の方法です。

泳いでいる時に自動的にゼンマイが巻き上がれば、リューズ操作は不要になります。1931年にロレックスが発表した360度両方向巻きの自動巻ムーブメントが、きっかけで腕時計の自動巻が普及して行くのです。

⑤ロレックス=セーフティーな腕時計

https://www.tokemar.com/top/rolex/14000-ja-2/

さてロレックスを一言でまとめるとどんな時計か?個人的な感想を言えば、見出しのセーフティーさです。「safety」を辞書で引くと、安全、無事、無難と言う意味が出てきます。これらは全てロレックスに当てはまる意味ですね。

写真のref14000は僕が初めて購入したロレックス、エアキング。1999年時点で定価は310,000円、ロレックス のコレクションの中では下から数えた方が早いモデルです。

しかしこんなリーズナブルな価格帯の時計でもロレックスのセフティーさは変わりません。モデル最高峰の「デイトナ」もエアキングも耐久性は全く同じなのです。

高級腕時計は、「腫物へ触るよう」に大切に取り扱う!と言う常識がロレックスにはあてはまりません。このことが世界中で多くの人に愛されてきた、大きな理由だと思います。乱暴な言い方かも知れませんが、プロダクツを荒っぽく扱うアメリカ人(全てのアメリカ人では無い)から特に歓迎されるのは、多少ぶつけた位で簡単に壊れないからと僕は確信しています。

かつて私物のロレックスのバックル(ブレスレットの留め具)が外れ、硬いコンクリートに落下させたことがありました。しかしロレックスは何事も無かったかのように動き続け、5年後オーバーホールに出しても故障や破損は無く、当然部品交換もありませんでした。

他の時計だったら、絶対壊れていた!僕はそう確信しています。そのことを裏付けるように、「SEIKO5」をコンクリート床へ落下させたことがありました。見た目こそ大丈夫でしたが精度は狂い、オーバーホールへ。2020年にやっと「完全復活」しました。

⑥有名すぎることが弱点?

https://www.tokemar.com/top/rolex/milgauss/116400-m-a-10463370-clone-ja/

完全無欠に思えるロレックス唯一の弱点は「有名過ぎる」事です。手首に付けているだけで存在感があり、誰もがそれをロレックスだと認識できます。

有名過ぎる腕時計を付けているだけで、妬まれるなんて事も日本では十分に考えられます。ロレックスはできる限り周囲の状況を考慮して、付けて行く腕時計です。

私も30代の頃、前述のエアキングを上司から咎められた事があります。典型的な日本企業に勤務している人で、役職者でも無い30代以下の人には職場では不向きな時計だと僕は思います。

まとめ:腕時計初心者はロレックスを持つべきか?

さて、腕時計初心者はロレックスを持つべきなのでしょうか?僕の経験から言えば、「持つべきでは無い」と考えます。

理由は世の中に多くの腕時計ブランドがあり、それらブランドを知ってから購入する方がロレックスをより深く味わえたのでは?と今になって想うのです。初めての高級腕時計がロレックスである必要は無く、さまざまな腕時計を経験してから購入するとロレックス の良さは更に高まる気が僕はします。

ただ、このような記事を読んでも「ロレックスを持ちたい!」そう思う貴方はこの限りではありません。そのような意思の強さがある人こそ、ロレックスを持つべきでしょう。

僕がこれまで見てきた時計好きは、ロレックス・ジャンキーかそれ以外に分かれます。僕は初めての時計がロレックス でしたが、今はそんなに欲しいとは思いません。それは他にも良い時計ブランドが、たくさんあると知ったからジャンキーにならなかったのでしょう。

腕時計初心者の人はこれから購入する腕時計をロレックスにするか、どうかこの記事に書いている点を理解してから購入してください。決して何となく購入する事だけは避けて欲しいですね。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén