腕時計上級者を目指す、ビギナーと中級者のブログ

タグ: 腕時計 Page 1 of 2

ダイアルを彩るデイトカレンダー、ノンデイトが良い!とは言わせない!

こんにちは、Goroです。あるYouTubeで、「腕時計はデイトよりノンデイト!」という趣旨の動画を見ました。「デイトカレンダー腕時計」が好きな筆者としては内心穏やかでは無く、デイトカレンダーの利便性に目を背ける事はできません。デイトカレンダー信奉者、Goroの目線でデイトカレンダーの魅力をたっぷりと紹介します。

デイトカレンダー腕時計は実用的で、美しい

Blancpain Bathyscaphe

デイト付き腕時計の良さは日付確認がスマートにできる利便性です。それ以外に日付や曜日が変わる事で、ダイアル(文字盤)に生じる微妙な変化も美しいと感じています。しかし、前述したように愛好家の間では近年ノンデイト派が増加中です。

増加している理由として、「日々の時刻調整が面倒」という声を多く聞きます。デイトカレンダーの時刻調整の場合、どうしてもAM・PMまでの操作が不可欠です。ノンデイトだと半分の労力で済むという意見にも納得がいきます。

しかし筆者は時刻調整の手間こそ好きなひと時になります。愛用している写真の私物腕時計の週に何度かある操作で、日付が変わる瞬間の「カチッ」という音がした時こそ至福の瞬間です。

ダイアルの微妙な変化以外では、写真トップのバチスカーフのカレンダー窓、ブランドロゴとの絶妙なレイアウトにいつも感服させられます。このレイアウトも緻密に計算されたデザインの筈です。

このようにエレガントなプロダクトはカレンダーそのものが、腕時計をワンランク上に引き上げる重要なファクターとなっています。

指針表示から窓表示のデイトジャストへ

現行腕時計のカレンダーは「窓表示」と、「指針表示」が一般的です。かつては指針表示しか無く、1945年にロレックスが初めてデイトジャストで窓表示を採用して以降、それが主流となりました。

デイトジャスト以前はカレンダーを腕時計に登載する事への関心は少なく、一部の高級機種に採用される位でした。当時のデイトジャストはヒットしない、と考えて発表したのかも知れません。

しかし、当時の関係者の思惑を凌ぐ空前の大ヒットとなり、それ以降カレンダーへの関心も高まります。

この機構はダイアルの下にデイト・ディスクを取り付けてダイアルに窓穴を空けます。そうすることで不要な情報をダイアル下に隠せる事も、関係者からは好意的に映ったようです。

というのも、指針表示機能だとダイアル上に「全ての情報」を表示しなければいけません。デイト・カレンダーだと1〜31までの数字、目盛りを印字すると、全体のレイアウトが煩雑化します。

それに対して窓表示方式では不必要な情報が隠れて、結果ダイアル全体がスッキリし、見栄えも良くなる事も特徴です。

実際ロレックスはデイトジャストのヒット後にダイアルの空きを生かすべく、デイデイトを1956年に発表します。フルスペル表示で曜日が読みやすく、窓は12時の位置にバランス良くレイアウトされて、同社の更なる高評価へとつながります。

オリス・ポインターデイト

ただ、指針表示のカレンダー機能が完全に無くなった訳ではありません。写真のオリスのビッグクラウン・ポインターデイトは指針表示の代表としても有名です。同社は指針表示が高級機に限定された事で、他社との差別化に成功しています。

デイトカレンダーはアイコン

https://www.instagram.com/p/CigtHhKPakx/?utm_source=ig_web_copy_link

スポーツモデルやラグスポではデイトカレンダーが無く、ノンデイトの方がデザイン的にスッキリするという声が多いのも事実です。ただ仮に、カレンダーが無ければやはりデザイン的に寂しい気がします。

往年のラグスポでありアイコンである、ヴァシュロン・コンスタンタンの222は「ヒストリーク222」として2022年に復活、細部は現代風に再解釈しつつデイトカレンダーは当時のままに採用しています。この歴史的事実こそ、カレンダー小窓が、ダイアルのデザインを損ねない根拠です。

名機のデザインは常に計算されている

あらためて「名機」たちのデイトカレンダーが採用されたダイアルを見ると溜息が出ます。それぞれを眺めると、美しさの秘密は計算されたデザイン(設計)から成る造形美だと実感できます。

ここ数年ノンデイトの方が良いという意見を多く聞き、将来的にデイトカレンダーが無くなる日が来るかも知れません。しかし現行のデイトカレンダーのモデルはどれも素晴らしいデザインのものばかりです。

ぜひ皆さんもデイトカレンダーを再評価してください。デイト・ノンデイトを書いた過去記事もぜひ読んでください。

ブランパン・フィフティファゾムス・バチスカーフ、1ヶ月体験記

ブランパン・バチスカーフ5100 1140 O52Aはフィフティファゾムスの製品の中でもケース径が38㎜というミニマルなサイズ感ですが、ダイバーズウォッチとしての醍醐味が損なわれない時計造りも特徴です。各ブランドのダウンサイジングもあって、ここ数年注目されています。ひと月程体験したこのモデルのレビューを紹介します。

モダン・ダイバーズウォッチの祖!

1735年創業のブランパンがフィフティファゾムスを発表したのは1953年。このモデルが生まれたきっかけは2人のフランス海軍士官がさまざまな時計ブランドへ足を運び、彼らのミッションに耐えうる防水時計を探したからとされます。

https://www.blancpain.com/en/brand/our-vision/history

当時彼らの要求を満たす防水時計は皆無、そこで既知の潜水用具会社を通じてブランパンCEOジャン-ジャック・フィスターと出会った事から、新製品(フィフティファゾムス)を開発するに事へ至ります。

有名なロレックス社のサブマリーナーが発表された1954年の前年にフィフティファゾムスはフランス海軍特殊部隊用の潜水時計として発表されたのです。これが世界初のモダン・ダイバーズウォッチと言われる由縁になります。

フィフティファゾムスが発表された3年後の1956年に一回り小さいモデルとしてバチスカーフはリリースされ、当初からベゼルが金属製(おそらくアルミ製)で針もバータイプでした。

高級機の雰囲気を持つスポーツウォッチ

バチスカーフを一言で言えば、高級機の雰囲気を持つダイバーウォッチです。ちょっと乱暴な言い方をすると、「筋肉バカでは無い」スポーツウォッチとも言えます。

300M防水のダイバーズウォッチでも、厚みが約1.1㎜(10.8㎜)と極薄、なおかつ100時間のロングパワーリザーブを備えていることが特徴です。38㎜のケース径で重量も約70g前後と軽く、従来のダイバーズウォッチとは全く異なります。

高級機らしい気品さを感じる点はやはり文字盤の仕上げの良さとムーブメントに起因します。文字盤はブルーのサンレイ仕上げ、海をイメージさせる深い青は光の加減で青または黒に変化し、さながら深い海の海面のようです。

そこへ太陽光が注ぐと放射状に筋線が伸びて、文字盤にこれまでとは違う雰囲気の輝きを見せてくれます。サファイア風防はドーム型で光の乱反射も少なく、太陽光の下でも時間がハッキリと読み取れます。

文字盤と同系色のストラップは、デザイン性に優れてシティーユースでも違和感なく使える装いです。従来のダイバーズウォッチはモノトーン色モデルが多いのが特徴でした。

近年は各社陸上で使う事が常識化し、ブランパンでも従来のカラーの他に、ホワイトやグリーン・ダイヤルのモデルまで出ています。これらはフォーマルなドレスシーンや仲間内のパーティーでも問題無く使えるでしょう。

シティーユースとスポーツどちらでも使える

バチスカーフはフィフティファゾムスの弟モデル的な印象を持っている人もいるかもしれません。

現行品はフィフティファゾムスペンシル針リーフ針アラビア数字、バチスカーフはローソク針バーインデックスで統一、フィフティファゾムスはサファイアクリスタル製ベゼルに対して、バチスカーフはセラミックベゼルというように明確な区分がされています。

専門誌は前者をヘリテージ、後者であるバチスカーフはより初代モデルをスポーティーに解釈したとされています。僕もそれには同感で、弟モデルより、シティーユースに特化したダイバーズウォッチという印象です。

現に真っ先に感じたことが「軽いダイバーズ!」という事でした。これまで使った事のあるダイバーズウォッチや試着した物と比較すると明らかに軽量で、異次元のダイバーズです。

軽量ゆえ長時間装着しても腕の疲労感は殆ど感じません。もしかすると、プロユースのダイバーウォッチは浮力のある水中使用を想定しているため、ある程度重量感ある製品に特化しているのかもしれません。

しかし現代のダイバーズウォッチの主戦場は陸上(おか)です。そう考えると軽量かつスタイリッシュでカジュアルな装いのダイバーズの方が使い勝手が良いと思います。その上でダイバーズウォッチが持つ特性を活かした時計造りをするべきでしょう。

ダイバーズウォッチはその特性からもスポーティーなシーンこそ最適です。例えば軽いダイバーズウォッチだとランニングにも使えます。元々水に強いので汗も問題無く、あまり知られていませんが振動にも強い構造です。

また逆回転ベゼルは簡易ストップウォッチとしても使えるので、幅広いスポーツ・シーンへ応用できます。スポーツ後はそのままシャワーを浴びる事もでき、ロッカーでの盗難の不安も全くありません。

ダイバーズウォッチとは思えない薄型ムーブメント

キャリバー1150ムーブメントは、フレデリック・ピゲ社のキャリバー1150をベースにした信頼性の高いムーブメントです。デザイン(設計)は開発時のままにゼンマイにシリコンを採用して耐磁性をアップしています。

このムーブメントの最大の特徴は3.25㎜の薄さでも100時間のパワーリザーブを持つ事です。実際同社のドレスウォッチ、ヴィレルにも登載できるほどの薄い仕上げになります。

使っていて感じる事はローターの巻き上げの良さと「カチカチ」という音が殆どないことです。ムーブメントは平面に置き少し傾けるだけで、ローターがクルリと回転しゼンマイを巻き上げます。この軽やかさは衝撃的でした。

「カチカチ」音が少ないのはおそらく部品同士のエネルギー効率が良いからなのでしょう。つまり部品を磨き上げて摩擦を軽減し、熟練の職人が神業的な組み立てを施していると推測できます。

210個の部品数もダイバーズウォッチ・ムーブメントとしては異色です。近年のスポーツウォッチは耐久性向上のため、殆どのメーカーで部品数は100個前後迄に抑えています。それにも関わらず倍近い部品数を使用することはひとえに精度の探求と考えられます。

実際このバチスカーフは手元に来て以来一度も「時刻合わせ」をしていません。クロノメーター認定の私物ティソ・バラードですら、1週間に一度は時刻合わせをしていました。数秒のズレが許せない人以外は一ヶ月に一度程度の時刻合わせで十分だと僕は思います。

ムーブメントの基本設計はしっかりしており、長い年月をかけて熟成したワインのような仕上がりです。ノウハウも蓄積され信頼性が、極めて高いことは間違いありません。

意外に知られていませんが、バチスカーフにはハック機能(秒針停止機能)がありません。秒単位でしっかりと時刻合わせしたい人には不向きな時計ですが、前述したように高精度なので、ハック機能は必要ないかもしれませんね。

バチスカーフのライバルとなるモデルとの違いは?

価格的には2022年2月時点で、ロレックス社サブマリーナーがノン・デイトモデルで99万(税込)デイト付で111万円なので、このバチスカーフ(全機種デイト付)の販売価格103万円と大きな差はありません。

両者の最も大きな違いはパワーリザーブの差です。バチスカーフはこの5100-1140が100時間となっておりサブマリーナーと、30時間以上の差があります。

もう一つ挙げるとするなら、ケース厚みの差です。

一般的に機械式時計は薄い時計ほど高級と言われます。設計の観点で見ても厚みとパワーリザーブの長さは比例するものです。サブマリーナより薄く(約2㎜以上の差)パワーリザーブは30時間長いと、相反する事実。

バチスカーフはそれだけ優れた設計(デザイン)のもと、造られた時計であることを(薄くてパワリザが長い事)時計のスペックが証明していると僕は考えています。

あくまでも個人的意見ですが、サブマリーナーより僕はバチスカーフの方が好みです。軽くてダイバーズウォッチの基本性能を兼ね備えたバチスカーフを腕時計ビギナーの人たちもぜひ体験してください。

ティソ・アウトレットから感じる、ティソの好調さ

こんにちはGoroです。僕の年始はここ数年、アウトレットモールでのショッピングが定番になっています。2022年年始(1/2)も例年通り「りんくうアウトレット」へ出かけショッピングしてきました。そして例年通りティソ・ショップを訪問しています。そこで感じたティソの好調さとその理由を僕目線で解説します。

昨年販売していた福袋が、今年は無し!

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/5869619/

ご存じかもしれませんが、Goroはティソの大ファンです。ティソを好きになったきっかけは、りんくうアウトレットモールでティソ・ショップを訪問してからになります。同社製品の質感の良さと優れたデザインは、今でも脳裏に残り僕の時計購入の基準となっています。

さて、2022年りんくうアウトレットショップで驚いた事は福袋が無かった事です。前年は機械式時計2つを99,000円で販売する福袋があり、その時はバラードを購入しました。2021年は発売前に先行予約受付のメールがショップから届いていました。

しかし、今年2022年は「先行予約メール」も無く、実際店舗へ行くと「ハッピーバッグ販売はありません」との貼紙が貼っていました。

店内を見渡すと個人的な感想ですが、明らかに昨年より在庫が少ない状態。ただ、念のために記しますが、あくまでもアウトレットは、「正規店での売れ残りや旧モデル」が販売商品の中心です。

現行品の売行きが好調なら、アウトレットに流れる商品は減ります。この品揃えを見る限りティソの正規店では順調に現行モデルが売れたと推測できます。

ティソのアウトレットをこれまで愛用してきた僕にすれば少々残念ですが、現行品の評価が高まってきた事は素直に嬉しいです。

ティソが好調なのは数字にも表れています。彼らの2019年の売上高11億CHF、スイスのエントリーブランドは軒並み崩壊状態の中、順調に売上を伸ばしているブランドのひとつです。(クロノス日本版91号より)

出すモデルが次々ヒット、過小評価された日本で知名度アップ

日本市場でのティソの立ち位置は価格帯的にSEIKOと重なり、彼らの牙城を崩せない状態が長く続いていました。それでもティソは常日頃店頭で、デザインの優位性を訴えています。そして、ここ数年の時計造りにも反映されている気がします。

ティソはSeastar1000以降の新製品が好調で、ジェントルマンもそれに続きヒットさせます。ちょっと前まで、知る人ぞ知るブランドだったティソの知名度はこの2製品によって明らかに上昇しました。

これら2つのセールスが好調だった理由はデザインが良く、純粋に見た目がカッコ良かった事が最大の要因です。価格云々も当然然り、パワーリザーブも80時間とスペックも優秀ですが、外観のスタイリッシュさが受けたと感じています。

2つだけに留まらず2021年はPRX、Seastar2000、PRXメカニカル、さらに12月にはTタッチも好評で今は正に「飛ぶ鳥を落とす勢い」なのです。

2021年1月には日本での直営店舗環境もアップします。東京の人はご存知でしょうが、銀座のハイエックセンターにティソの銀座店がオープン、しかもこのりんくうアウトレットの前店長さんが銀座店店長として、就任しました。

優秀なティソのスタッフさん

店舗設備環境と併せスウォッチグループジャパンは優れた人材の宝庫の印象も受けます。ティソの直営店全てにスウォッチグループ社員さんたちが、販売の前線に立ち、最高のもてなしを提供してくれます。

https://www.tissotwatches.com/ja-jp/magazine-news-54.html/

そんな日本をティソCEOシルヴァン・ドラ氏はWatch Time誌のインタビュー中、「成長の見込めるマーケット」と評しています。さらに彼は日本におけるティソが、過小評価されていると位置づけています。

CEOの目線の先は日本を含むアジア市場、就任して僅か半年少々で積極的な投資を展開しています。前述した銀座店のオープンも資金投入の一環なのでしょう。インタビューで、CEOは触れていませんが、人材育成へも強化している印象があります。

実際僕が知っている範囲でもブレを経てからティソの店舗へ行く人事ローテーションが行われています。価格帯こそ違えど時計を売る事は同じ。ただ複数のブランドを経験する事は商品知識も向上しますし、何より多くの時計に接する機会が増えます。

ティソのスタッフさんは時計をつけることで「豊かさを感じて欲しい」という想いを皆さんで感じさせてくれるのです。また外国人スタッフの多さも好感が持てます。

異国の地で未知の言語である日本語をマスターする向学心の高さに僕はいつも敬服します。

ティソの人気と好調さは目が離せない

さて、品揃えが少ない中でも掘り出し物がありました。珍しく妻が選んだモデルが写真の腕時計になります。(T101.207.16.111.00

僕の妻も腕時計ビギナーで、機械式時計は初めてです。彼女曰く「時計は自分の所有物にならないと愛着が湧かない」と言っていました。腕時計は所有する事で興味を増す事が妻で証明されました。

今回のティソ・アウトレットの品薄は、ブランドの勢いと現行品の好調さを感じた気がします。ティソは侮れません。価格が安いから、良くないと思うのは大いなる勘違いです。

僕の記事で何度書いていますが、近年の50万円以下ブランドの時計製造能力は目を見張るものがあります。つまり価格だけで時計の良し悪しを測ると、本当に良いモノがみえなくなります。

個人的な感想ですが、ティソを知ると100万円以下のミドルレンジ・ブランドを買う気がしなくなります。今回アウトレットで購入した時計は、3万円という破格の値段。ますますその想いが強くなりました。

皆さんもティソ・ブティックへ足を運んでみてください。

老舗百貨店の60回無金利ローンから考える、高級腕時計の国内事情

先日僕は阪急百貨店の6階で衝撃を受けました。「60回無金利」というポップがほぼ全てのブランドの売場で掲示されていたのです。これは驚きと同時に日本がいかに不景気の波に飲まれているか再実感した瞬間でした。しかし腕時計って売上が伸びているのでは?どういう事か、詳しく紹介します。

高級腕時計売上、対前年増のカラクリ

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/3989901/

日頃からTV新聞を見ている人にすれば、高級腕時計ってコロナ禍でも「伸びている分野」と誤解している人も多いでしょう。確かに今年春ごろに発表されたTVニュース、対前年比では伸びています。

しかし冷静に考えれば比較する前年の春(2020年3~5月)はまさにコロナ禍、百貨店はやっと緊急事態宣言から営業を細々と再開した付近でした。つまりどん底状態の頃の数字が基準になっています。

そんな状態の百貨店の売上を基準に「アップした」と言う事自体おかしな話です。これはあたかも会議の席上で中間職の面々が経営幹部へゴマカシ数値を報告する姿と重なります。

ちょうど時期的に大手マスコミ(テレビ・新聞)が「ロレックス高騰」などと煽っていた時期と重なるので、ワイドショー受けの良い高級時計=けしからん的報道のひとつだと僕は考えます。

要は「作り上げられた対前年増」だと僕は考えています。最前線にいる(時計売場)店員さんからしてみれば、「増えた減った」の話をすること自体ナンセンスと言われそうです。

趣味こそ、こんな時代を勝ち抜く術?

もう一つ同調できない意見をあげるとすれば、コレクターに対する世間の見方です。日本ではコレクターや愛好家を奇異の目で見る人たちが数多く存在します。

例えばアニメや漫画コレクターはオタク、絵画や骨董品収集家は成金、というような具合です。

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/3771091/

確かに趣味に情熱を注ぐ事は興味が無い人たちにとっては理解できない事でしょう。だからといって否定するものでは無いと僕は考えます。むしろ趣味やくだらない事から新たな産業イノベーションが発生するのです。

それゆえ僕は趣味こそ、この時代最も大事にしなければならない事柄だと思います。多様性こそが重要なのです。昭和の時代は趣味など持たず仕事に専念する人ほど素晴らしいと、周囲からは賞賛されていました。

そんなのは過去の遺物。平均寿命が短い時代ならいざ知らず、定年退職後の人生が全く無趣味であることほど、つまらない物はありません。高齢化社会こそ個人の趣味を充実させる必要があると考えています。

意外に売れていなかった2021年

https://www.hankyu-dept.co.jp/honten/information/watch/01/00931036/?catCode=101002&subCode=102022

さて時計以外の話が長くなりましたが、タイトルの老舗百貨店の60回無金利ローンは阪急百貨店 うめだ本店の話です。そもそも阪急百貨店の時計売場で分割無金利ローンはこれまで僕が知る限り、24回が最長でした。

それが60回無金利!これはそれだけコロナ禍で時計が売れていなかった証です。時計好きの人は知っていますが、マスコミが報道するほど腕時計は売れていません。だって売るモノが無い状態が続いていましたから。

最悪だった前年同月比から上がるのは当たり前。スイスではパンデミックでは国境を超える移動が禁止になりフランス・ドイツからの職人や社員が入国不可で、生産ができくなっていました。

そんな状態から2021年4月にウォッチ&ワンダージュネーブで、各ブランドは新作発表をできるまでに生産量が回復しました。

ただこれも国内に本格的に入荷したのはその2ヶ月後位からだったと記憶しています。が、その新作発表直後、国内では緊急事態宣言になってしまいました。

新作発表で日本国内でもいよいよ本格稼働かと思いきや(2021年4月25日)の緊急事態宣言は愛好家メーカー共に痛手だったはず。同年6月20日に宣言解除になるものの、再び7月に宣言が再発令されます。

路面店のブティックはそれなりに営業していたもの、百貨店へ入居しているブティックは当然休業でした。結局コロナ禍の緊急事態宣言で最も打撃を受けたのは何だかんだ言って百貨店でした。

そして2021年の秋から冬を迎える直前になって、やっと国内のラグジュアリーショップは通常運転状態へ戻ることができるようになったのです。

値上げしたけれど、世界的にみればまだまだ安い国内時計正規価格

件の阪急百貨店も11月になり、隣接する阪急メンズ館でブランパンやIWCのポップアップストアを期間限定で開催しました。これも開催の意図は実機に触れて、購入意欲の喚起と新規ファンの掘り起しでしょう。

内外に目を向ければ諸外国は自国の観光客受け入れに前向きです。観光立国と言ってきた日本もそろそろ「外圧に負けて」海外からの観光客を受け入れる日も近いでしょう。

そうなると以前のように国内のブティックに再びチャイナ・ツーリストが押し寄せる日も迫っています。

それもで国内の正規価格は諸外国と比べかなり低く推移していました。そのため2021年になりヴァシュロン、ジャガールクルト(リシュモン)、AP、ロレックスなどが国内定価を値上げをします。過去記事参照

ただこれは世界的な値上げの一環であることは間違いありません。

しかし値上げしたとはいえ、また諸外国と比べ低い状態は変わりません。あくまで日本の値上げ率をいくぶん大きくして、他国との差を幾分縮めただけなのです。

上のInstagramシンガポールの正規価格サブ・ノンデイトは11,890SID(¥998,760 1SGD=¥84で計算)に対して日本は¥897,600で差額で¥101,160の差。両国値上げ後でもこれほどの差があるのです。

2021年年末にかけては近年稀に見る腕時計購入のチャンス!

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/5926463/

何が言いたいかと言えば、この11月から1月初め頃にかけてが、腕時計購入の最大のチャンスであるという事です。まず百貨店はこれまでの損失を取り返すべく、阪急のような大々的なキャンペーンを展開してくるでしょう。

そして国内では海外ツーリストが減少しているため、在庫もそこそこある。この後2022年1月末から2月にかけての「春節」に合わせて海外からの渡航解禁になると、僕は予想しています。

もし今行われている(他府県はわかりませんが)キャンペーンに乗らないで2022年を迎えると、再び外国人たちにお買い得な日本の腕時計を買い漁られる可能性が非常に高いと僕は考えています。

スウォッチグループの値上げ前ゆえのチャンス?

そして僕が考えるもう一つの「チャンスの理由」が、スウォッチグループが未だに値上げをしていないからです。

2021年夏にブランパンブティックでスウォッチグループJの社員さんから「今年値上げしていないからお得ですよ」と言われた事を僕は忘れられません。

東京オリンピックの公式時計だったオメガはオリンピックの延期により実は値上げできなかった状況なのではなどと、僕は推測しています。

2021年11月時点では値上がりの情報は正式に出てないので、「そろそろなのでは」と気が気ではありません。ただ、2022年2月には北京冬季オリンピックが始まるので、彼らの値上げはもう少し先かも知れませんね。

まとめ

未曾有のコロナ禍が終息に向かい、百貨店と日本国内の売上は良くなくスウォッチグループも値上げ前である。この事が2021年年末にかけて腕時計購入を推奨する大きな理由です。

それ以前の経済危機2008年9月のリーマンショックでも円高により時計価格が下がり購入しやすかった時期がありました。

あの時僕はもっと時計を購入しておけばと、常々後悔していました。その経験があるからこそ、このチャンスを逃したくないと考えています。今回を逃せばまた20年間時計を購入できないかも知れません。

買える買えないは人それぞれ。しかしもし買える状況にある人は2021年の秋冬はチャンスだと思います。ぜひ時計売場へ足を運んでください。

Wearing the same watch is not cool.

こんにちはGoroです。毎日同じ時計を付けている人、周りに多くありませんか?腕時計ビギナーから抜け出す第一歩、僕は時計を毎日着替える事だと考えます。2つ以上の時計を使い分けて、腕時計ライフを楽しむ方法を伝授します。

毎日同じ時計はクールでは無い!

実は今回の記事は僕のInstagramアカウントと連携した記事です。僕の私物時計5つで、どのように腕時計ライフを楽しんでいるかを紹介しています。「毎日同じ腕時計はクールでは無い」、#(ハッシュタグ)wearingwatchcomをつけて毎日postしています。

僕はまず、「シーン(ビジネスor休日)」、「天候(晴、雨)」によって使い分けます。特にビジネスでは細かく使い分けるのが、ポイントです。旧来から日本社会は「高級時計を良しとしない」風潮があります。

当初この風潮は日本固有の物と僕は思っていました。しかし世界を見渡してみると、高級時計へのやっかみは少なくからずあるようです。そうなると、ビジネスシーンにおいてもタイプの違う時計を使い分ける事は「リスクマネージメント」上、必要な事と言えるでしょう。

得意先に行く時やうるさい上司が会社に居る日は、控え目な時計へ着替えるようにするだけでストレスは格段に減ります。また休日にスポーツする時は、相応しい時計に着替えるとスポーツだって俄然面白くなるはずです。

「万能腕時計」は無い!

僕が時計を着替える理由は単純に「時計の着替え」を楽しめるからです。しかし人によってはスポーツウォッチで全て対応できる世の中になっているから、フォーマルやカジュアル毎に時計を着替える必要は無いという意見もあります。

確かにこの10年で世の中のドレスコードは「イン・フォーマル」化しています。かつては完全に「アウト」だったスポーツウォッチとスーツの組合せは大企業でもタブーではありません。

2021年に就任したバイデン大統領もダイバーズウォッチを執務で愛用している姿が目撃される時代、ダイバーズウォッチを装着してオフィスへ行くスタイルはグローバルスタンダード化しています。

現に御堂筋線で見かける大阪・会社員たちの袖口から覗く腕時計は「スーパーオーシャン」(ブライトリング)やポルトギーゼ(IWC)を皆、違和感なくつけています。

ラグスポ」が出てきた背景は、世の中のインフォーマル化も大きな要因です。しかし、「万能服」が無いのと同じく、「万能腕時計」も存在しません。ラグスポも、どこかラグジュアリーな演出が必要なシーンでこそより映えます。

それ以外のシーンではどうしても時計ばかり目立ち過ぎ、それに違和感を抱く人だってゼロではありません。フォーマル用の腕時計、休日用の時計という風に使い分け着替えた方が無難です。

同じ時計を毎日つけるのはパワーリザーブが短い時の名残

ではなぜ、多くの人々は毎日同じ時計を使う様になったのでしょう?

僕が考えるいちばんの理由は1970年代以前、腕時計が全て機械式だった時代の「名残」です。当時のムーブメントは機械式で「自動巻き」が主流となってきて「手から外さない限り止まらない!」と世間では言われ続けていました。

僕も父からよく「時計は手から外さないようにすると止まらない」と言われていました。

昔の腕時計は手から外すと約30時間前後で止まります。前日に外した腕時計は翌日の午前中位までしか動かないものでした。写真のSEIKO5みたいですね。

「皆と同じ」であることに安心感を抱く日本人の国民気質もあり、社会に気が付かない内に浸透し、年月を経て「時計を着替えない事」を誰もが疑問に思わなくなっている可能性は否定できません。

コスパのみを考えない!

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/4386373/

未だに「これ1本で十分です!」なんて言っている時計ショップの店員さんも稀に居ますね。営業する立場でこの言葉を使う気持ちは痛いほどよく、わかります。しかしユーザー目線で考えた時、その言葉は理に叶ってはいません。

僕も「この1本で十分!」そう思って、20年前にロレックスのAir-kingを購入しました。もちろんAir-kingは万能時計じゃありません。また、「長く使えるから、これひとつにすれば、コスパも良い!」という意見も耳にします。

耐久性の高い高級時計を、毎日使い続けることは一見すると合理的。しかし、今の時代は時計が無くても生活に支障をきたすことはありません。

むしろ腕時計を持つことでの心理面での好影響にもっと注目すべきです。ただ、そこで得られるものを全て正確に計算することは一筋縄でいきません。

きっと何年か経過してその効果を実感できると僕は考えます。目先のコスパばかり注目している位なら逆に時計は持たない方が賢明です。

値段がリーズナブルなブランドを知る

しかし、「コスパのみを考えない」と言って、あまりにコストを無視しての腕時計購入は、さすがにおすすめできません。やはりある程度、ブランドの価格帯を計算して購入することは重要です。

その昔、良い腕時計ほど価格は高いものでした。良質な時計はどうしても職人の手作業による割合が高くなり、その分生産量も少なくなって価格が高くなります。

しかし21世紀に入り、工作機械の性能が進歩しミクロン単位での切削加工が容易になったのです。工作機械の導入で生産量も増え、質の高い時計の大量生産が可能になります。

その結果、ここ数年20万円を切る価格の腕時計でも、質感は高級メゾンの製品とほとんど変わらないほど品質が高くなっています。ではどんなブランドが工作機械の性能アップによる恩恵を受けているのでしょう?

僕が知る範囲では「オリス」、「ティソ」、「ボールウォッチ」、「モーリスラクロア」、「ノルケイン」、「フォーメックス」などがその代表的な、ブランドです。これらのブランドの腕時計であれば質も高く、リーズナブルな価格で、2つ以上の時計が買えます。

まとめ

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/380782/

毎日違う時計を付ける習慣で重要なことはどの腕時計が似合うか考える事です。見られることを意識するだけで、見た目はクールになるはずです。もちろん時計だけで女性にモテル訳ではありません。

ただ毎日決まりきったひとつの時計を使いづけるのでは無く、時計と服装の組合せを日々考える事で、間違いなく自身に似合うスタイルを追及するはずです。当然時計に対してもそれは同じ。

時計とスタイルとの相性を考えていると、時計に対する目利き力も自然にアップします。目利きができるようになると、俄然時計への興味が増すはずです。

正解はありませんが、まずはできる限り購入し、手首に付ける事から始めましょう。

腕時計ブランドのブティックとは?そこで得られる3つのメリットは?

これまでの僕の記事で、お目当てのモデルが固まってきましたか?もし時計購入の方向性が決まってきた人は実際にリテイラー(販売店)、その中の「ブティック」と呼ばれる販売店へ出かけてください。ブティックでは、そこだけで得られる、3つのメリットがあります。今日はブティックへ行くメリットを詳しく紹介します。

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/e-2249530/

腕時計ブランドのブティックとは?

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/135620/

ブティックフランス語で小規模な専門店を意味します。腕時計ブランドではブティックはあるブランドに特化した販売店を呼びます。各時計ブランドはブティックを筆頭とした店舗網へ腕時計を卸し、販売しています。そのため、ブティックは「専門性の高いスタッフが在籍」、「品揃えが豊富な」ブランドの旗艦店(フラッグシップ・ストア)の位置付けとして、運営されています。

腕時計の販売店は大きく「ブランド名を全面に出している」販売店と、「出していない販売店」の2つに分かれています。その中でブティックと名付けられた販売店は前者に属するのが、一般的です。

ただ、「ブランド名を出していない」販売店の中にも品揃えもブティックとほぼ同じ位良く、専門性が高いスタッフも在籍する、名門販売店もあります。

よく使われる名称としてAuthorized retailer(オーソライズド リテイラー)としてブランドが認定、こちらもブティック「同格の販売店」として営業展開しています。代表的な老舗名門店として、アジアにおける「ザ・アワーグラス」、スイスの「ブヘラ」が有名ですね。

ランク付けの詳細はブランドによって少し異なるため、各社公式HPを参照してください。

このように腕時計ブランドはブティックと「それと同格の販売店」を頂点とした販売網を通じ、時計を流通し消費者へ届けています。

ブティックで得られる3つのメリットは?

まず、ブティックで得られるメリットは時計の「①実機を見られる」確率が極めて高いことです。これによって公式画像と実機の違いを知ることができます。

https://www.vacheron-constantin.com/jp/ウォッチ-パトリモニー/オーウ-ァーシース-/オーウ-ァーシース-4500v-110a-b128.html

パンフレットやメディア向けの画像は公式画像は通常、各社新製品リリース時にアップされます。これらをメーカーは公式HP、メディアはイメージ画像として使用するのが一般的です。

しかしこれら画像はやはり実機とは違うことが多いと言われます。実際僕もブティックで同様の体験をしています。(上の写真はヴァシュロンコンスタンタン社がHPに使用している公式画像)

これはぜひ、ブティックで「違い」を確かめてほしいですね。

次に得られるメリットは「➁質感」です。これはさすがにテクノロジーが発達した現代でもネットから得ることは困難を極めます。そして僕は質感が時計の良し悪しを我々素人が唯一チェックできる手段だと、考えています。著名な時計編集者も皆口を揃えて質感の重要性を説きます。

なぜならムーブメントの良し悪しは時計職人で無い限り簡単に判断はつきません。僕らがわかることはせいぜい公式発表の数値や裏スケ(トランスパレント・バック)からテンプ、ローターを見るくらいでしょう。

質感は誰も持つ五感で、個人間で大きな差はありません。自身の感性を信じればいいのです。難しくはありません。

そして最後は「③情報」です。これは時計業界(メーカーからの生)の情報や人気モデルの最新トレンドを知ることができます。ネット社会の現代でもネットに無い「現場での情報」は販売の最前線に身を置くブティックの店員さんから聞くのがいちばんです。

実録ブティック体験記、メリットの具体例

さて2021年2月に僕はたまたま「あるブランドのブティック」に行く機会がありました。その体験記と3つのメリットを具体的に当てはめてみますので参考にしてください。

2月某日、僕は大阪梅田の阪急デパート6階にある、ヴァシュロンコンスタンタンブティックへ行きました。これは突発的に思いついたもので、来店予約ナシの訪問でした。

実は数か月前から同社の人気モデル「オーヴァーシーズ」が気になっていたのです。これまで実機は見たことが無く、スマホで店舗検索してみたところ、阪急の6Fにあると知りそのまま直行しました。

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/285172/

11時過ぎに入店、6階に到着して「V」の文字が見えるところへ行きます。店内は幸運にも誰も居なくショーケースを見にいきました。そこへ店員さんが声をかけてくれました。

ブティック店員さんとの会話は?

店員さん「何かお探しのモデルはありますか?」

僕「はい、オーヴァーシーズの実機を一度見てみたいと思って来ました。今無いですよね?」

僕はブティック(販売店でも)で必ず心がけていることは来店目的を相手に伝えること。お目当てのモデルも伝えるようにしています。オーヴァーシーズはネット上でも品薄が囁かれている人気モデルです。

店員さん「はい、実機であるのがこちらの37㎜ベゼルにダイヤを置いたモデルと18金のになります。ブルー(4500v)は現在予約も一時停止しております。」

https://www.vacheron-constantin.com/jp/ウォッチ-パトリモニー/オーウ-ァーシース-/オーウ-ァーシース-オートマティック-2305v-100a-b170.html

僕「(指さしながら)これですか?噂どおり深みのあるブルーですね。」

店員さん「はい。41㎜(4500v)のブルーはもう少し明るい青になります。」

この後僕は店員さんの勧めで少し奥のカウンター席へ案内され、商談モードに入ります。このパターンになれば100%試着モードです。予想外の展開で少しワクワクしていました

貴重な情報をいただき、豪華なパンフレットもいただく

来店のいちばんの目的は「①実機を見る事」でした。しかし予期せぬ(嬉しい)展開で試着になったため「②質感」まで確かめられました。

カウンターに座り、トレイ上に実機、「写真も良かったらどうぞ」と言われ、僕は完全に有頂天、37㎜モデルのブレスレット質感にやられました。程よく締まったホールド感と手触りは名門ブランドに相応しい質感でした。

試着しながら、会話もはずみ、オーヴァーシーズの最新「③情報」、具体的にはオーヴァーシーズの生産本数、ヴァシュロンコンスタンタン全体の生産本数も聞けました。その情報をここへアップしたいところですが、店員さんから「ネット上にアップするのはご遠慮いただきたいです」言われたため、ここには掲載しません。

ただ僕が想像していた数字よりかなり低く、オーヴァーシーズが入手しにくい理由も理解できました。帰宅後WEB検索しましたが、やはり精度の高い情報(生産本数)は載っていません。ブティックではこのような貴重な情報をいただく事が多々あります。

さらにもう一つのサプライズは「豪華なパンフレット」を頂いた事です。パンフレットの進呈は各ブランドで日常的に行われているものですが、豪華で、驚きました。

まとめ

今回ヴァシュロン・コンスタンタンのブティック訪問で、これまで経験の無かった「オーヴァーシーズ」実機の外観①と質感②、更に最新の情報③と3つの貴重なメリットを得られて、ご満悦で僕は帰宅しました。

ただ、地方在住の人で、なかなか希望するブランドのブティックが無い場合は通常の正規店や地域に根ざした販売店でも同じ体験ができると思います。諦めないで、販売店を検索してください。

しかし大都市にうんよく住んでいる人はぜひ、ブティックへ足を延ばしてください。ブティックは①〜③のメリットやブティック限定モデルを置いているブランドも数多くあります。

実機の外観は最近SNS上で多く、特にInstagramの中で素晴らしい写真を投稿しているアカウントがたくさんあります。そこでも情報を集めることはできるので、こまめにハッシュタグを検索してみると良いでしょう。

今回の記事内のInstagram画像もアカウント者へコメントして、許可を頂きました。イングランド北部の@northumbrianwatchesさま、シンガポールの@watches.in.singapoleさま、素晴らしい画像をこの記事に使わせていただき、ありがとうございます。

Overseas の深い青はなかなか公式画像だけでは、無理があります。太陽光の向きや光の微妙な反射具合でないとヴァシュロン・ブルーはわかりません。

Thank you for letting me use your stunning 4500v pics.

最後にもしブティックに行くなら、できるだけ時間に余裕のある日に行くのがおすすめです。普段着でリラックスし、ブティックを訪れてください。

時計のベルトはレザーかメタル、どちらを選ぶべきか?

腕時計ビギナーが腕時計ベルトの素材を何にするか?これは意外と悩みの種!と僕は思います。僕もこれまで、レザーを試してみたり、メタルにしてみたりの試行錯誤を繰り返した時期がありました。今日はそれぞれの素材の特性を説明して、皆さんの悩みを解決していきましょう。

ベルトはストラップ、メタルはブレスレットが正しい表現

まず「ベルト」ですが、時計業界では「ストラップ」が正しい呼び名です。「ベルト」でも意味は通じますが、時計専門誌は例外なく「ストラップ」と表現します。またメタル(金属)製のベルト「ブレスレット」が正しい呼び名です。

これらの用語も覚えておくと実際に時計店で、店員さんとスムーズな商談ができます。

2019年頃より「ブレスレット」がメインストリーム

ここ数年ほど、腕時計ベルトの主流は「ブレスレット」です。これは2010年から2020年にかけて、「ラグジュアリースポーツ」というカテゴリーの腕時計が、人気急上昇したことによります。この「ラグジュアリースポーツ」、通称ラグスポには全て「ブレスレット」が装着されています。

このラグスポブレスレットはステンレス製が大半で、耐久性と耐水性に優れており、中国を初めとするアジア圏での人気が上昇中です。

日本市場でもそれは同じ。高温多湿な気候で、夏場はレザーストラップだと汗でレザーが痛む要因となり、夏場を考慮してブレスレットタイプの時計を選ぶ人も多いことでしょう。

その他の要因としては人気ブランドの影響も大きいはずです。世界中で最も人気あるブランドと言えば、ロレックス。このブランドはスポーツモデルが多く、ブレスレットに拘った時計造りをしてきています。

https://www.tokemar.com/top/rolex/explorer/114270-ex1/i-114270-d-ab-10705694/

僕の考えとして、ロレックスは時計の防水性を1930年代から探求してきた、ブランドゆえにブレスレット・モデルを多くリリースしてきたのでしょう。僕の過去記事

その他の要因では各ブランドのブレスレット製作加工技術(工作機械)の向上です。これにより質の高いブレスレットを大量に低価格で製造することが実現、市場のブレスレット需要を満たせた事も見逃せません。

このような背景から、2017年頃より腕時計市場はステンレス製のブレスレットが主流となっています。特に2019年発表の各社の新作ではブレスレットを採用した、ラグスポの秀作が多くリリースされました。

ファッション性を重視するなら、レザーストラップという選択もあり

しかし、時計によりファッション性を求める人にはむしろ、レザーストラップがおすすめです。レザーストラップの良いところは時計をエレガントに演出できるところにあります。ステンレス製のブレスレットだと、どうしてもスポーティな印象が拭えません。

レザーストラップはレザーの柄も多彩、そしてカラフルです。レザー素材は牛革もあれば、クロコダイル革、ゴート(山羊)さらに低価格を求めるなら合成皮革だってあります。

ブレスレットはさまざまな服装との相性は良いと言われますが、ディテールに拘ったファッションを追及したい人はレザーストラップを選び、シーンに合わせてブレスレットと併用するのもおすすめです。

最先端を求めるなら、NATOストラップもアリ!

https://www.omegawatches.jp/ja/accessories/nato-straps/product

最先端のファッションを追いかけたい人にはNATOストラップもおすすめです。ここ数年キャンバス地にカラフルな色を配した、ストラップがスイス時計ブランド各社から多く発表されています。

主にパイロットウォッチやダイバーズウォッチにNATOストラップを採用するブランドが多く、名前がNATO(北大西洋条約機構)を連想する人も多いことでしょう。

このNATOストラップを初めて採用したのはオメガ社で、その歴史は古く1948年に同社が英国軍へ時計(シーマスター)を納入した時が始まりです。当初はオメガ社だけが採用していましたが、最近になってチューダー社がも主力製品である「ブラックベイ」に採用してスイスブランドでも人気アイテムとなっています。

ただし、チューダー社はNATOストラップを「ファブリック・ストラップ」と呼んでいます。これはOMEGAからのクレーム対策でしょうか?もしかしたら、同社のリーガル・チームからアドバイスがあったかも知れません。

https://www.omegawatches.jp/ja/planet-omega/cinema/james-bond

オメガは2015年公開の映画007シリーズ「007スペクター」で主演のダニエル・グレイグがこのNATOストラップをつけてスクリーンへ登場しています。

もともとはミリタリー用品として採用されたこのNATOストラップは装着のスムーズさ、耐久性の高さ、戦闘時に壊れない(外れない)工夫が随所に施されていました。しかし近年は見た目の良さ(ファッション性)が重宝されて各社採用しているようですね。

https://www.omegawatches.jp/ja/accessories/nato-straps/product

まとめ

https://www.iwc.com/ja/watch-collections/portugieser/iw371617-portugieser-chronograph.html

腕時計ビギナーが最初に購入する時計は、耐久性の高さとさまざまなファッションとの相性の良さで、僕はまず、ブレスレットをおすすめします。

そして、2本目以降からはレザーストラップも選択肢に含めるのがグッドチョイスと考えます。ベルトに悩んだ時はブレスレットを第一候補として、時計選びを進めてください。

腕時計はいくつ所有するのがベストか?

腕時計ビギナーにとって、時計をいくつ所有するのがベストなのか?悩んでいる人も居るかもしれません。かつては高価な時計を一生モノのとして使うことがトレンドだった時期もありました。しかし僕は複数以上の腕時計を所有して、楽しむことが良いのでは?と、常日頃考えています。腕時計を複数持つことのメリットや持たないことでデメリットになることも含めて紹介します。

腕時計は服と同じ

僕のブログタイトルにあるよう、腕時計を洋服のように着替えて楽しむ。これが僕の持論です。ひとつの腕時計を末永く大切に使うことに関して異論はありません。しかし、ひとつの腕時計で全シーンに対応できるかと言えば、かなり無理があると感じます。

僕らの日常を考えてもフォーマルな装いが必要な日もあれば、気の置けない仲間と過ごすひと時やスポーツでアグレッシブに過ごす日もあるはず。これら全シーンで完璧に対応できる「万能時計」を僕はこれまでに見た事がありません。

幅広いシーンに相性が良い、腕時計は確かに存在します。今流行りのラグスポと言われる、腕時計はスポーツからフォーマルまで、卒なくこなせる腕時計です。しかしこれひとつだけで、完璧か?というと首を縦に振る訳にはいきません。

着替える楽しみ

https://pixabay.com/ja/photos/ハンガー-服-衣料品-569364/

僕は2021年1月時点で5つの腕時計を所有し、さまざまなシーンで使い分けています。使い分ける基準は「気分」や「洋服」、「天候」などです。これらによって細かく使い分けて、時計生活(ウォッチライフ)を楽しんでいます。

複数の腕時計を所有する理由はまず、さまざまな腕時計をつけることで洋服のように着替え感覚で腕時計を楽しめるからです。腕時計それぞれの個性を楽しむことで気分も上がります。

次に腕時計が持つ機能でも使い分けます。これは例を挙げると、雨の日は防水性の高い腕時計、メタルブレスの腕時計というような使い分けです。機能面というより、水濡れを気にしなで使えるというメンタル面の影響が大きいかも知れません。

高級時計嫌いなイヤミな奴対策として

https://pixabay.com/ja/photos/ハンガー-服-衣料品-569364/

世の中には高級時計をする人に対して、「目の敵」にする心狭い人(奴ら)が、少なからず存在します。日頃から人気ブランドのクロノグラフを愛用している人は要注意です。街中で奴らに遭遇しても問題はありません。しかしビジネスシーン(社内、社外)で出会う奴らは厄介です。

どんな人に多いのか?僕の経験からすると、大企業の中間管理職に多い気がします。こういう奴らを見分けるコツは色々ありますが、まずは自分の直感を信じることです。そして君子危うきに近寄らずを実行すべきでしょう。

できれば情報が乏しい取引先、新規訪問先では無難な三針時計をひとつ用意することをおすすめします。しかし僕が彼らに遭遇するとした場合、ジャガー・ルクルトのマスターコントロール(100万円相当)をつけて奴らの前へ登場します。

https://www.jaeger-lecoultre.com/jp/jp/watches/master/master-calendar/4148420.html

そういうつまらん人物に限って、本物を見分ける鑑識眼を持ち合わせていないでしょう。多分名もなき地味な腕時計?と勘違いするのが関の山です。

より長く使うために複数所有する


「高級靴」愛好家もひとつの靴だけで日常生活全てを過ごしているツワモノは居ないでしょう。これは前述にあるように全シーンで対応できる靴(腕時計)は無いと同じです。また靴を長持ちさせるために複数所有する人も多くいると聞きます。


これはほぼ毎日使う腕時計でも同じ。できるだけ長持ちさせるためにはオーバホールも必要ですが、複数所有することで一方の時計の負担を減らし長持ちさせれます。またオーバホール中は修理中の腕時計は当然使用不可です。そういう意味でも時計は複数以上あった方が日常で困りません。

まとめ

腕時計を複数所有する人は時計好きと言われる人以外、そう多くは居ません。しかしもし腕時計に興味を持ち、現在腕時計購入を検討している人は、ぜひ近いうちにもう一本、腕時計を考えるべきでしょう。

僕も現在の腕時計所有数は5本から、6本や10本になった時は今以上に腕時計ライフを楽しみ、腕時計をwearingできると信じてます。ぜひ皆さんも複数以上の腕時計を購入して腕時計ライフを楽しんでください。

腕時計ビギナーへ実践して欲しい、腕時計の選び方

腕時計ビギナーへ実績して欲しい「腕時計の選び方」、どのように購入するべきでしょう?最初に購入する腕時計がいちばん難しいはず。実際、僕も初めて購入した腕時計がいちばん悩みました。ビギナーは時計に対する知識、特に経験値が無いことが、悩みを大きくする要因です。今日は僕の経験に基づく腕時計選びの「コツ」を紹介します。

腕時計は質感で決める

前回記事で紹介した、転売や投資を対象にした時計選びで無い選び方はどんな方法があるのでしょう?

一般的な腕時計の選び方は「ブランドで決める」、人がほとんどでしょう。しかし初めから「ブランドありき」は賛同できません。腕時計選びはまず、「質感」と「見た目=外観」で、選ぶと納得できる一本と出会えます。

質感は文字通り触った感触、腕時計を実際に手に取り、手首の上に載せるだけ。これで良いと思った腕時計をチョイスします。「腕時計ビギナー」が時計を触っただけで時計を決めるのは無理があるのでは?

いえいえ、質感にビギナーも上級者もありません。触った感触に「腕時計のキャリア」はほとんど関係ありません。ここは自分の直感を信じてください。良い時計は誰が触っても「良い」と感じるはずです。

質感を確かめるのにふさわしい場所、デパートの時計売場

https://pixabay.com/ja/photos/東京-銀座-銀座四丁目-交差点-5037964/

僕は質感を確かめるのに最も適している場所はデパートと考えます。理由は多くのブランドを扱っていて、特定のモデルだけにフォーカスしないで客観的な目線で時計選びができるからです。

はじめは値札を見ないで、むしろ好きな外観の時計だけを見つけ出し、スタッフの人に声をかけてください。「すみません、購入を検討しているのでつけてみてよろしいでしょうか?」これでOK、自信を持ってお願いしましょう。ただ、稀に付けることを禁止しているモデルもあるそうです。

質感がよかったら質問や説明を聞く

さて、質感が気に入ったら、気になることは全て店員さんへ聞いてください。モデルの由来やストーリー、たわいも無い話も良いでしょう。理由は時計店のスタッフは「業界の人」、知識豊富で僕らが知らない事も知っているからです。来店時以外、話を聞く機会はそう多くはありません。

https://pixabay.com/ja/photos/デパート-衣料品-ファッション-652943/

そこで新たに聞いたストーリで希望する時計をより一層好きになることだってあるのです。僕も来店時はできるだけ話を心がけています。業界の話、トレンド、売れ行きも聞くと自分の時計に直接関係なくても、時計に対する興味が高まり、時計自体への愛着も高まります。

時計の情報はネットが発達した現代、その気になればほとんどの情報をウェブで集めることが可能です。しかし、「生の情報」はネットに無い貴重な情報が多く含まれています。以前僕の記事にも書きましたが、20年以上前一般人は「紙媒体」が唯一の情報源でした。しかし紙媒体の情報には限界があります。

業界人、特に販売最前線の人たちの情報は貴重です。最近は情報集めだけで、販売店に行き(笑)店員さんの話を聞いています。

プライスタグも必ずチェック!

https://pixabay.com/ja/photos/タグ-衣料品-紙-ファッション-3425877/

質感が気に入った時計が見つかったら、次はスペック値段へフォーカスです。僕の場合はこの時点で、値札を見ます。ほとんど人はあらかじめ、予算を決めてからお店へ行くと思います。やはり店に行ってから値段で悩まないことがスマートでしょう。

予算を決めない大胆な人もいるかも知れません。しかし無理な予算で時計を買うのは後の生活はもちろん、今後の「時計購入計画」に影響を与えます。僕が考える時計購入計画は末長く買う事。「時計は一生モノ!」ゆえに大胆に買う!という気持ちもわかりますが、時計は多い方が楽しいもの。

攻めの姿勢もたまには必要ですが、ビギナーの人は「少し余力を持った買い物」が理想です。いくらか余力を残し、次回へ財源を残すのも良いかもしれません。

さて値段が予算の範囲内であってもここで、即決は禁物、スペックも見極めることが重要になります。

スペックってどこを見るのか?僕は今の時代パワーリザーブは最低限チェックしておくことをおすすめします。パワーリザーブが長い時計は便利です。最近のトレンドはパワーリザーブが60〜70時間以上の時計です。70時間以上のパワーリザーブの利点は「2連休明け」でも動いている点にあります。

ライフスタイルで時計を決める

そして最も重要なことは今購入しようとしている時計をどんなシーンでつけるかです。先程のパワーリザーブもこの時計をオフで付けるのか?ビジネスシーンで付けるかによって変わります。

ビジネスで使うにしても、週5日勤務の人も居ればシフト勤務の人によってはパワーリザーブの価値観は変わります。週5日勤務の人だと前述の70時間以上のパワーリザーブがピッタリだと思います。

しかしシフト勤務の人が購入する場合、不規則な勤務に対応するためにはパワーリザーブよりカレンダー表示を優先する方が良いと思います。また水を使うシーンが多い、軽い時計が良いなどライフスタイルによって時計選びは変わります。

まとめ

腕時計ビギナーにとっての「初めての時計購入」は険しい難関です。しかしこれを越えるとその後の購入は意外にスムーズにいくもの。まずは直接時計に触れてみてください。そして初めての購入は実物を見てからの購入を心がけて欲しいものです。ネット通販も最近は悪くありませんが、実物を見ないで購入するとその違和感に驚くことがあります。僕も最近あるモデルを良いと思い、実物をデパートで見て一気に萎えたことがあります。

最近のWEB上の写真は本物と全く違うとは言えませんが、実物を見ると「違うなあ」と感じることが多いでしょう。もし初めての時計をネット通販で購入する場合は印象の違いがあることを覚悟しておくようにしてください。

腕時計は投資、転売では儲からない!3つの理由

「腕時計は儲かるよ」と「根拠の無い噂話」をして来る人、周囲に多いかも知れません。その話を聞いた後、ブックストアの時計雑誌を手にして「ロレックス価格急騰」、「入手困難レアモデルゲット!」という刺激的な記事を見て、「噂」を真に受ける。それだけは絶対に避けましょう。その理由を僕の経験に基づき紹介していきます。

腕時計を投資対象とする人たち!

現代では情報の多くはネットから。僕も前回の記事ではネットからの情報も重要と書いてきました。

そんな時代、僕もウェブライターとして腕時計に関する記事を4年間で200記事以上WEBへアップしてきました。(ライター名無記名も含む)

その中で腕時計投資に関わる記事を一度だけ書いたことがありました。「胡散臭いなあ」と思いつつ「まだまだ時計ライター駆け出し!」と思い直し、我慢して書いていたところ突然、サイトの打ち切りを告げられたのです。

次の記事を書き始めると担当者に告げ、了承を貰った次の日でした。

その担当者は時計の知識は全く無く、当初のテーマは「デイトナ」、それが突然「ヨットマスター」へ変更。それ以降僕はヨットマスターの記事をひたすら5つほど書き続けました。

https://www.tokemar.com/top/rolex/40-126621-10654009/

しかし3つほど書くと徐々にネタも付き、苦戦しながら何とか書き上げると、担当からは「ムーブメントどうこうより、資産価値が上昇すると書いてください」と一方的に言われました。確かに他のライターの記事も皆「資産価値が上昇する!」のオンパレード。

さて閉鎖を告げられた直後から、担当は「お約束の音信不通」。報酬が振り込まれないため、僕はやむ無く運営者(クラウドワークス)へ通報、なんとか書いた分の報酬だけは受け取れました。

儲からないとわかったら、精算もしないで無責任に退散する。僕の中で腕時計を投資対象とする人は「こんな奴」ばかりという想いが刷り込まれました。

もちろんこれは個人的な意見、全ての人がそうだとは思いたくありません。しかし2019年頃は、このようなクライアントが「時計」に限らず多くいました。

「実際に腕時計の価値が上がった話」という見出しの勘違い

2020年の今はどうなんだろう思い、腕時計投資でググると比較的に上の段に「32万円で買って50万円になった腕時計」という記事が、出てきました。興味ある人は読んでみてください。時計に詳しくない人が書く時計の記事はどうなのかと、想い読んでみるとちょっと首を傾けたくなる見出しを発見しました。

このライターが書いた記事内容は時計好きの旦那がIWCのインヂュニア(掲載している写真が本当であれば)とおぼしきアンティークの時計を32万円で購入したと書かれていました。その後、同じモデルの時計が雑誌上では約50万へ上がっていたと記事にしていたのです。

ここで問題なのが、見出し。価値が上がったと書かれていますが、何を根拠に上がったのか、全くわかりません。

儲からない理由①:中古販売価格を価値と誤解する

「雑誌で50万になっていた」と書いていますが、夫が見たという雑誌での価格50万円は何か、全く記述されていません。

雑誌社編集部が算出した、該当モデルの「買取価格」なのか?「中古販売価格」なのか。

前者は僕の経験上考えにくく、「中古販売価格」と思われます。しかし中古販売価格買取価格ではありません。つまりこの情報では32万円で買った時計が50万円になることはありません。

僕が書くとこの見出しは「32万円で購入した時計が雑誌では50万だった。18万得した!」と書きます。見出しの「価値が上がった」は嘘ではありませんが、事実でもありません

前述のライターが書いている記事のサイト運営者は金融業者です。この記事は依頼主のリクエストで、価値が上がると書かされたと僕は推測します。前述にある、僕の場合とほとんど同じだです。僕はヤフオクでの「落札価格の差」を引用するように指示されました。

そもそも販売価格の差は中古品やオークションでは日常的にあります。彼らはなぜか?販売価格の差をまるで価値が上がった、と書かせたがります。

儲からない理由②:仕入費用プラス諸費用があるから

https://www.tokemar.com/top/omega/seamaster/300-210.32.42.20.03.001-a-10711386-clone/

かつての経験から、腕時計を始めとする物販の商いでは最低でも買取金額の倍以上の価格で販売しなければ、商売として成立しないと僕は思っています。仕入金額の倍?そんなにボッタクて良いの?いいえ、そんなにボッてはいません。ちょっと考えれば、倍でなければいけない理由がわかります。

例えば50万円で仕入た時計を100万円で販売すると50万円が残ります。「50万円儲かった!」、これがメルカリやヤフオクだったそれもありでしょう。しかし商売では商品が売れて、陳列棚に空きが出れば、新しい商品を仕入ることが必要です。

そうです、同じ時計を棚に置くためには儲かった50万を全額仕入に使わなければいけません。また、仕入以外にも店舗を構えていれば家賃や人件費も掛かるため、その費用分も捻出するため、仕入は極力圧縮しなければいけないのです。

また高級腕時計は販売サイクルが長く、期内に売れないと仕入も経費計上できません。仕入額の倍で売れても、採算ラインギリギリでしょう。

そこで僕は買取金額=販売価格の半分である事を証明するため、ネット買取販売店一括依頼して買取金額相場を調べたことがあります。下のブランパン、「トリロジーGMT」というモデルを査定して貰いました。

ブランド名:BLANCPAIN(ブランパン)
商品名:トリロジーGMT
型番:GMT2250-1130-71
付属品:箱,保証書
商品の状態:美品
購入時期:10年以上前

ブランパンは、スウォッチ・グループ内でプレステージブランドにカテゴライズされています。ただ、一般的には決してポピュラーなブランドではありません。2000年の正規販売価格は100万円以上する超高級時計で付属品全てありの「完璧な状態」でも買取査定価格は20万円〜28万円という結果でした。

https://www.kame-kichi.com/webitem-11704.html

僕は3社に見積もりしてもらい、一番高い店舗で30万円、価格は上限額(Max)でした。やはり買取額は販売価格の半分以下です。2020年5月頃の中古販売価格は付属品全てありで60万円、その後2020年11月の中古販売価格は40万〜50万円位で推移しています。今査定に出せば20万円が買取相場でしょう。

皆さんも自身の中古時計が購入価格より上がった情報を見ても、一喜一憂しないで冷静に判断して欲しいです。買取相場なのか、中古販売価格なのかしっかり見極めましょう。

また記事に書いている内容もよく読み、見出しに惑わされないように、してください。その時執筆者も時計に精通しているライターなのか、プロフィール欄でチェックしてください。

儲からない理由③ロレックスの中古市場高騰、実感するまで時間が必要

https://www.tokemar.com/top/rolex/daytona/116519-d-b-10703265-clone/

ではなぜネット上で腕時計投資的な情報が蔓延するのでしょう。一番大きな要因はロレックスの中古市場の高騰が要因です。誰もが(時計に興味の無い人)欲しがるロレックスは中古市場が成熟されていることもあり、各モデルの相場もわかりやすく、価格も比較的緩やかに上昇していました。

ところが2018年頃より、新品の並行価格と正規価格の逆転現象に端を発し、中古価格も連動して高騰しました。2020年のCOVID19以降は投機マネーが時計市場から減少したこともあり、価格はいくぶん落ち着いています。しかし最近価格は再び上昇中です。

ロレックスは中古市場がグローバル化して、商品の回転も速く一般的な中古販売価格の8割や7割で買取するという話をよく聞きます。対照的に前述のプランパンのような専門的ブランドだと、結局は販売額の半分以下に落ち着きます。

商品の回転が速いロレックスの人気モデルにフォーカスし、売り買いを繰り返せば多少は儲かるかも知れません。

だた腕時計の売買は価格上昇する迄の期間が長く、金融商品のように短期間で実績をあげるのは難しいと思います。しかし稀に大幅にアップするモデルもあります。海の向こうで実際にあった実例を紹介しましょう。

Sotheby’s(サザビーズ)での実例

2019年にスイス ジュネーブで開催されたオークションハウス、Sotheby’sのImportant watchesで落札されたロレックス「コスモグラフ・デイトナ」REF 6329は1975年に最初の英国人オーナーが134£で購入した時計が、2019年に落札価格701,433£まで上昇しました。45年間で5234倍まで高騰したケースです。Sotheby’s 2019年Important watches

この時計を売ったオーナーは1975年に妻が結婚25周年記念として購入し、夫へプレゼントした製品でした。(リンク先の記事は落札後に更新されています。この内容はオークションが始まる前に書かれていました。)

この時計は当時、発売から8年が経過しても店舗に残っていたモデルだそうです。もし先に他の人が購入していれば、大金を他の人が45年後に手に入れていたでしょう。ワンオーナーのこの時計は、コンディションも良く、時計に奇跡的な変化が起こりました。通常このモデルの文字盤はホワイトと黒のいわゆるポールニューマンダイアルです。しかし黒色が経年劣化でブラウンへ、ホワイトの文字盤がクリームへ綺麗に緑青変色しました。また付属品が当時のまま、正規BOX、ギャランティー、ブックレット、レシートに至るまで全て残っていたためこれだけ高額(96,797,754円、1£=138円で計算)な額へ価値が上昇したのです。

時計で利益を上げるためにはこのように、根気と様々な偶然が必要なのです。

まとめ

腕時計の世界では数十年に一度の周期で、バブル期があります。しかし儲かることは稀です。もし時計の売買で利ザヤを稼げるなら、業界の人たちは皆クルーザーとフェラーリ、美女に囲まれた日々を過ごしているでしょう。

前回の記事で紹介した時計専門誌「クロノス日本版」編集長の広田雅将編集長が以下のリンクに書いた記事、ぜひ参考にしてください。業界に20年以上精通したこの人が言うことは間違いないでしょう。

時計バブルにご用心

Page 1 of 2

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén